かぼちゃについて

ご機嫌麗しゅうございます。
室井です。

10月になりまして、いよいよハロウィンの時期が近づいて参りました。ハロウィンと言いますとやはりジャック・オ・ランタンが思い起こされますね。そんなジャック・オ・ランタンに使われるかぼちゃでございますが、かぼちゃには大きく分けて3つの種類があるようでございます。

ひとつめは「西洋かぼちゃ」です。ほくほくして甘みの強いかぼちゃで、栄養価の高さは、野菜の中でもトップクラス。特にカロテンが豊富です。スーパーなどで良くお見かけするかぼちゃはこちらですね。

「日本かぼちゃ」は1541年に大分県に漂流したポルトガル船から伝来したとされています。もともとは日本かぼちゃの方が主流でしたが、戦後の食生活の洋風化に伴って西洋かぼちゃの需要が急増し、今では流通している9割が西洋かぼちゃとのことです。ねっとりとした味わいで煮物や揚げ物によく合うそうです。

そして最後にジャック・オ・ランタンなどの観賞用として用いられるものは「ペポかぼちゃ」というものが使われているそうです。観賞用だけでなく、ズッキーニや、プッチィーニと呼ばれる見た目が非常にかわいらしい、小さくまるごと食べられるかぼちゃもペポかぼちゃに分類されます。

かぼちゃが収穫されるのは夏場ですが、冬至に食べる習慣があるのは、貯蔵がきく野菜だからで、収穫してすぐよりも追熟させたほうが水分が抜けて味わいがよくなり、栄養価も高くなるそうです。

見た目の彩りも良く、美味しいかぼちゃ。それだけでなく沢山の栄養が含まれているなんて!これは沢山食べないといけませんね!
Filed under: 室井 — 22:00

食欲の秋

ご機嫌麗しゅうございます。室井でございます。


あれほど盛大に合唱していたセミ達もすっかり鳴りを潜め、それだけでも幾分か涼しく感じて参りましたね。秋の到来を感じます。


秋と言えばやはり食欲の秋!


栗やさつまいも、なす、かぼちゃ、さんま、きのこ、りんごなどなど……栄養も豊富で美味しい食材が目白押しでございます。


秋になると食欲が増すのには、科学的根拠もあるようで、日照時間が短くなる事によって満腹感を与えて食欲を抑える働きがある「セロトニン」という脳内物質の分泌量が減少する為だそうです。


他にも、暑い夏を乗り越えて、バテた体を元に戻そうとする働きの高まりや、気温が下がってくると体を温めたり、冬に向けて体力を温存しようとしたりして、自然に食欲が増す事も一因との事です。


秋の食材は大変美味しいものばかりでございます。お屋敷でもその旬の食材を使ったお食事やデザートをたくさんご用意しておりますので、お早いご帰宅を心からお待ちしております。
Filed under: 室井 — 22:00

紫外線

お嬢様、ご機嫌いかがでございますか?

この時期は日差しが大変強く、少し出歩いただけで疲労が溜まってしまいますね。

日差しと言えばこの時期気になるのが紫外線。
「曇りの日の方が晴れの日より紫外線が強い」という話を聞いたことがあるかも知れません。

私気になって調べましたところ、どうやらこのお話は誤りの様でございます。

気象庁によりますと紫外線の量は快晴の時に比べると、うす曇りの場合は約80〜90%、くもりの場合は約60%、雨の場合は約30%になるとの事です。


しかし、雲の間からお天道様が顔を覗かせている場合にはそうとも限らないらしく、太陽光に加えて雲の散乱光によって快晴の時よりも紫外線が強くなる事がある様です。


雲の合間からお天道様の光が差す光景はなかなかに神秘的で、私は好きだったのですが、こう言った弊害もあるのですね……ひとつ勉強になりました。

お嬢様もお散歩なさる際は日焼け止めや日傘などでしっかりと対策をしてお疲れになりましたらすぐにお屋敷に戻ってお休み下さいませ。


室井
Filed under: 室井 — 22:00

冷たいもの

お嬢様、お坊ちゃま、最近は大変お暑い日が続いておりますが、ご機嫌麗いかがでございますか?

こんな暑い日には何か冷たいものを頂きたくなるものですね。

冷たい食べ物と言いますと、私は幼い頃に縁日の屋台で頂いたかき氷を思い出します。

メロンやレモン、イチゴなどの色とりどりのシロップがかかったかき氷……

当時は溶ける前に食べようと急いで口に運び、頭がキーンとなって苦しんだものでございます。

最近ではかき氷を頂く機会もめっきり減ってしまいまして、あのキーンとした痛みは久しく感じておりませんがあの感覚が懐かしゅうございます。


そういえばカトリーヌのデザートに「ラムネ仕立てのかき氷」がございますね、アルセードと合わせて頂いて童心に帰るのも良いかも知れませんね。


室井
Filed under: 室井 — 22:00

室井でございます。

お嬢様、お坊っちゃま。ご機嫌麗しゅうございます。

この度、お屋敷にてフットマンとしてお仕えさせて頂ける事となりました室井でございます。

流行病による休館となる前にはギフトショップにてバンドゥールとしてお仕えしておりましたので、ご存知のお方もいらっしゃるかとは思いますが、今一度自己紹介をさせて頂きたく存じます。

私は元々、高貴な方々がお使いになる馬車の荷台の部分の点検、整備を行なっておりまして、大旦那様の所有する馬車の整備を承った際に腕を買って頂き、お屋敷に使用人としてお仕えさせて頂く運びとなりました。

そんな折、初めてお屋敷に足を踏み入れた際にこのティーサロンに目を惹かれ、馬車の清掃の合間を縫ってフットマンになる為の修行を行い、ついにお嬢様、お坊ちゃまにお仕えさせて頂ける様になりました。

まだまだ未熟者ではございますが、精一杯お仕えいたします。


室井
Filed under: 室井 — 22:00