新年のはちみつ

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

皆様、カウントダウンの配信は
お楽しみ頂けたでしょうか。
ご感想などあれば、是非お聞かせくださいませ。

さて、改めてではございますが、
あけましておめでとうございます。
今年はどんな一年になさりたいですか。
私としては、
皆様により多くのものを届けられる、
そんな一年になればと存じます。

皆様がより笑顔になって頂き、
より楽しんで、より安らぎを得ることが出来ますように。
使用人としてお力添え出来ればと存じます。

配信や様々なイベントなども
精力的に出来ればよろしゅうございますね。
色々なことを考えてまいりますので、
よろしければお付き合いくださいませ。

皆様の一年が
より幸せに満ちたものになることを
心よりお祈り申し上げます。

今年もティーサロンにて、
お戻りをお待ちしております。

……

一月二十五日に佐々木と
エクストラティーを担当致します。
久々にやらせて頂きますので、
折角ならばと【PSG】をベースに、
キャンブリックティーをお届け致します。

Miel de Saint-German
「サンジェルマンのはちみつ」
と名付けました。

Miel de Sasaki
にしようとしたら佐々木に却下されました。

相変わらずの雰囲気で、
皆様に紅茶をお届け出来ればと思います。
是非お楽しみくださいませ。

才木
Filed under: 才木 — 22:00

静かな夜

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。

メリークリスマスメリークリスマスと
世間はクリスマスムードになっているでしょうか。
いまいち世相の分からない才木でございます。

お屋敷ではwinter fairが始まりましたり、
クリスマスツリーを飾りだしましたので、
何となく時節の空気感を感じております。
ハロウィンの盛り上がりもある昨今、
何だか影の薄くなってしまった気のするクリスマス。

定番の赤緑のクリスマスカラーもよろしいですが、
今年の青白を基調に致しました
クラシカルな雰囲気も素敵ですね。
寒色は寂しげな印象もありますが、
空気を引き締めるような静謐さを
感じさせてくれるカラーリングでもあります。
騒がしいパーティーも楽しいですが、
静かにのんびり過ごされるのも、
この季節の楽しみ方の一つなのかも知れません。

どちらかと言えばそちらの方が、
日本的で肌感には合うような気が致します。
すっかり足は遠のいてしまいましたが、
昔時々訪れていたbarに赴き、
美味しいお酒をゆっくり楽しむなども致したいところです。

当家別館Blue Moonも
門扉を閉じて久しいところですが、
近頃は「tiny Blue Moon」として、
ティーサロンにてカクテルを
ご用意するタイミングもございますね。

時任に続き、大河内と
当家の誇るスペシャリスト達が
腕を振るっているところを見ると、
まだまだ若輩者の私も色々と夢想致します。

やはりウィスキーをベースに……など。
バーボンにするのかスコッチにするのか。
ショートカクテルなら、
やはりマンハッタンは入れたいところ。
スコッチで揃えるならロブロイでも良いでしょうか。
スコッチコリンズやハイランドクーラーといったロングカクテルと、
後はゴッドファーザーでも加えられれば、
素敵ですねぇ……。

どれも私がお作りするには、
まだまだ修行が必要そうな品々ですので、
未来のお話にはなってしまいそうですが、
いつかは実現したいところですね。

今年も終わりです。
終わることや
過ぎてしまったことに目を向けるよりも、
先々に何が出来るのか。何をしたいか。
そんなことを語ることのが
素敵なことに繋がるのかと思います。

今年も大変お世話になりました。
来年も沢山楽しんで頂けるよう、
精一杯準備してまいります。

まずは、行ってらっしゃいませ。
そして、お早いお戻りを。

才木
Filed under: 才木 — 22:00

冬の支度を

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

大分冷え込んで参りましたから、
冬物のお召し物もお出ししないといけませんね!
それとも今季のトレンドに合わせて、
新しいものをご用意した方がよろしゅうございますか?
ご用命とあれば使用人総出で考えます。
とは言っても荷物持ちぐらいにしか
ならないかも知れませんが……。

セレクトは大河内辺りの意見を主に、
参考になさるのがよろしいかもですね。

寒い寒いと独りごちるのもよいですが、
折角なので楽しみを見出してみるのも一興です。
暖かいお飲み物も美味しくなる季節。
紅茶やお酒、是非様々お楽しみくださいませ。

紅茶ですと、私はこの時期もっぱらミルクティー派です。
鍋で煮込んで、
ロイヤルミルクティーになさるのもよろしゅうございます。
沢山の砂糖とミルクで、甘々なものがいいですね。
先日伊織が蜂蜜を使ったミルクティーというのも、
よろしゅうございました。

それにピッタリなのは……
なんと美味しそうなザッハトルテが!
私の! 私の! 生菓子です!
ギフトショップにてご用命くださいませ。

ビターチョコレートに
アプリコットジャムを合わせまして 、
チョコレートでコーティングをした
シンプルなケーキにございます。

お酒ですとこの時期は、
日本酒の熱燗が美味しくなる季節ですね。
何か合うお酒を、
当家きき酒師香川に選んでもらいましょう。

いよいよ年の瀬ではありますが、
油断せず精一杯楽しんで参りましょう。

才木
Filed under: 才木 — 22:00

TRIANGLE

奥様、旦那様。
お嬢様、お坊ちゃま。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

皆様ハロウィンはお楽しみいただけておりますか?
今年のテーマは「お屋敷」です。
和洋中の三カ国の使用人達が集まり、
三つ巴(Triangle)のパーティーが行われます。

例年通り写真をお配りし、
フォトブックも作成いたしましたが、
今年はそれに加えて配信イベントもございます。
ですので、特にフォトブックは、
配信の副読本的にも
楽しんでいただけるように仕上げております。

合わせてお楽しみいただけますと、幸いです。

……

さてハロウィンといえば、
やはりホラーでございますね。

ゾンビならまずは
ジョージ・A・ロメロ監督の
「オブ・ザ・デット」シリーズなど。
入門編としては「ランド・オブ・ザ・デット」が
私としてはオススメです。
ディストピア的な世界観は、
どこか現代の作品群を連想させる所がございます。
シニカルで深みはありながら、
さくっと楽しいエンタメ的作品です。

もう少しコミカルなものがよろしければ、
「ロンドンゾンビ紀行」ですとか、
「インド・オブ・ザ・デット」などが
オススメでございます。

Theホラーと考えますと
湖畔の殺人鬼・ジェイソンの
「13日の金曜日」シリーズ。
悪夢に潜むフレディの
「エルム街の悪夢」シリーズも
よろしゅうございますね。

小説で申しますと、
スティーブン・キング作品は外せないかと。
私は「セル」という作品が好きです。

ご興味のまま、感じるままに。
どうぞお楽しみください。

本当の恐怖は、きっと貴方の後ろに。

才木
Filed under: 才木 — 22:00

ギフトショップ

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

9月3日より今年もギフトショップにて、
ペンギンクッキーをご用意出来ることになりました。
変わらずトマトとチーズを使用した
お酒にも合わせられるクッキーでございます。
沢山並べても可愛いと存じますし、
まさに一石二鳥。自信を持ってお勧め出来るお品です。

またそんなペンギンクッキーと共に(?)、
私もギフトショップのヴァンドゥールとして
皆様にお仕えすることになりました。
ティーサロンでのお務めがなくなる訳ではありませんが、
頂きました新しい役目に対しても
誠心誠意あたって参ります。

ギフトショップでも、ティーサロンでも。
皆様にお会い出来ること楽しみにしております。

才木
Filed under: 才木 — 22:00

なつふぇあー

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

いよいよ夏真っ盛りにございますね!
お屋敷としても
Summer Fairが開催されております。
ギフトショップにて使用人達の浴衣姿の
お写真を皆様にお届けしております。
もうお手に取って頂けましたでしょうか。

私と致しましては、
フォトブックにお付けしております、
DVDの監修を担当させて頂きました。

使用人達の休日をテーマに、
よりリラックスした使用人達の姿を
お届け出来ればと考え、製作致しました。

一人一人の使用人達をより深堀する為、
今回はDVDが二つございます。
参加する使用人達もそれぞれ違うのですが、
インタビュアーを私と的場で
それぞれのDVDにて担当しております。
インタビューの音声も
そのままDVDに収録されておりますので、
使用人同士の会話をご覧頂くような雰囲気で
楽しんで頂けると存じます。

インタビュアーが違うだけで
雰囲気の差異などもありまして、
そちらもお楽しみ頂けるポイントかと!
どちらかでも十分楽しんで頂けますが、
ご興味あれば是非!
どちらもお楽しみ頂けますと幸いです。

皆で楽しくお作りしましたので、
皆の姿を是非ご覧くださいませ。

早くBBQ大会がしたい!
才木でございました。

才木
Filed under: 才木 — 22:00

夏の足音

奥様、旦那様。
お嬢様、お坊ちゃま。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

梅雨真っ盛り、という天気が続いております。
例年よりは蒸し暑さは
感じないような気が致しますが、
この小康状態はいつまで保つのでしょうか。
どうせ暑くなるのだからという
諦めに似た感覚を持ちながら、
忍び寄る足音に怯える日々にございます。

とはいえ一通り夏の準備も済みまして、
早くこの夏服達を
ワードローブに加えたい、
そんな気持ちもございます。
今か今かと待ち望むのは、
先の心情とは裏腹なものにございますが、
矛盾するのが概ね人の常。
人の心は夏模様などという歌詞もありますが、
移り変わりを気にするより
目の前のことを楽しむことこそ善ですね。
皆様がより楽しく過ごされることこそが、
私達使用人にとっての何よりの喜びです。

さてそんな季節の一助になるようにと、
7月2日からギフトショップにて、
私のアイスをご用意することになりました。
1月にティーサロンにてご用意致しました、
ロブロイアイスにございます。

ベースになりますロブロイというカクテルは、
ウイスキーの本場英国スコットランドの
スコッチ・ウイスキーを用い、
作られたカクテルです。
17c後半から18c初頭のスコットランドの義賊である、
ロバート・ロイ・マクレガー。
彼は通称ロブ・ロイと呼ばれまして、
その名を冠したカクテルにございます。

彼はその英雄的な行いから、
スコットランドでは尊敬を集める偉人。
その名前を関するこのカクテルは現地にて、
「セント・アンドリューズ・デー」を
祝うパーティー用に生み出されたとか。

気品を感じる大人な味わいと、
エネルギッシュで情熱的な口当たりは、
そんな歴史ロマンをも感じさせます。

今回のアイスではロブロイを、
バニラアイスに合わせまして、
より召し上がって頂きやすく仕上げてございます。
ただアルコール分はしっかり感じますので、

お気をつけくださいませ。

ティーサロンにおいては
7月からアイスティーのご用意が始まります。
夏服も引き続きございますし、
今月は七夕もございますね。

私もコーヒーフロートなどご用意して、
皆様のお帰りを心よりお待ちしております。

今年も楽しい夏に致しましょう。

才木
Filed under: 才木 — 22:00

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

今月は佐々木と二人でカクテルを
ご用意いたします。
相変わらずの二人で、
定番のチョコミントカクテルを。

当家秘蔵のレシピを用いまして、
チョコミント党の皆様にも
ご満足頂けるような一品に仕上げます。
是非お楽しみくださいませ。

また来月には大旦那様から
コーヒー担当も仰せつかりました。
折角なので私が大好きな
コーヒーフロートをご用意することに。
デザート感覚でミルクもシロップも
たっぷり入れて頂いて
お召し上がり頂ければと存じます。

夏の本番も近づいて参りました。
ご体調には十分お気をつけて。

お戻りを心よりお待ちしております。

才木

Filed under: 才木 — 22:00

さつき

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

五月は皐月に始まりまして、
五月雨ですとか何となく響きがいい
言葉が多いイメージがございます。
旧暦の上ではどうやら六月のことを指すようですが、
現代を生きる我々にはあまり関係ないのかも知れません。

五月雨自体も梅雨の雨を指す季語にございまして、
そう思うと気温の変化に一喜一憂しておりましたが、
そんな時期なのだなぁ感じますし、
実のところ夏はもうすぐそこに
近づいているのだなと感じるのです。


(more...)
Filed under: 才木 — 22:00

うたかた

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

まずはこの春を
開館した状態で迎えられたこと。
これに感謝しなければいけませんね。

昨年の春及び初夏にかけては、
邯鄲の夢、
吹けば吹き飛ぶ砂上の楼閣、
たゆたう陽炎のような。
要は一時の幻にすら感じられる
現実感のない日々にございました。

ティーサロンにおいて、
四月というのは特別な日があります。
四月一日の日ですとか、
執事の日がそれにあたります。

四月一日の日は
使用人皆が四月一日と
名乗らせて頂く一日でございます。
エイプリルフールにちなんだ行事でして、
もしご体験されたことないお嬢様は、
また是非来年ご体験くださいませ。

執事の日と申しますのは、
日頃執事として
お仕えさせて頂いている者達が
日頃の感謝を込めまして、
T2シャーベットをお作りする日にございます。

また執事の務めをする者が
いなくなってしまうので、
代わりに別のフットマンが
執事をやるというのも
面白さの1つです。

様々な楽しみがございます。
折角なのでお楽しみくださいませ。

今年は、私と山岡のカクテルもございます。
楽しみにしてくださっているでしょうか?
精一杯お作り致します!
こちらもお楽しみくださいませ。

勿論(?)オールバックでお迎え致します。

暖かい春の季節。
行楽シーズンでございます。
こんなご時世ではございますが、
楽しく笑顔に元気よく
お過ごしくださいませ!

才木
Filed under: 才木 — 22:00