偉いよペンギン

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

マンハッタンアイス。
ペンギンクッキー。
色々とご用意が叶いまして、
更にはお召し上がりも頂き、
ご感想を頂く度に、ニマニマとしてしまうものでした。

ついぞと申しますか。
私が考案致しました紅茶を、
お出しできることになりました。
紅茶を名づけるならば、これを。
そう思い暖めていた名前。
それが「ニルス・オーラヴ」でございます。
私なりのペンギンティー。
色々ございますが、
端的に申しますと、ある有名な。
いや、高名なペンギンの名前にございます。

―――

時は、1961年。
スコットランド首都、エシンバラ。
式典の折、ノルウェー陸軍近衛部隊は、
動物園を訪れました。
そこで彼らは、
1匹のオウサマペンギン(キングペンギン)に出会いました……!

まさしくまさしく。
きっと彼らの想いと、私の想い。
通じるものがあると存じます。
それは、
「「かわいい」」
でございます。

結果的に、1972年。
めでたく彼は、マスコットになり。
当時のニルス中将と国王オーラヴ5世にちなみ、
ニルス・オーラヴの名が与えられました。

現在では、階級は准将。
騎士の位を授与されております。
英語で表記しますと、
【Brigadier Sir Nils Olav】。

世界一偉いペンギン。
それが、ニルス・オーラヴ卿です。

―――

やはり、私の作る物ですから。
私の一番好きな物を、冠して。
卿の名前を冠することは、
畏れ多いところではございますが、
それに値するよう、丹精込めてお作りしました。

ただ、皆様の口にされるものですから、
高貴さという点でも、相応しいものかと存じます。

味わいと致しまして、
ヌワラエリアをベースに、
ジンの香り付けに使われます、ジュニパーベリー、
エルダーフラワーで、シャープな印象を。

更に、ミルクシスルを加えることで、
ミルクを加えずとも
柔らかい後味を感じて頂けるように。

全体的としては、
香りの良い日本茶のような、
和紅茶のような印象もございます。

そのままでお飲み頂くのも、
美味しゅうございますが、
少し砂糖を加えて頂くと、
ガラッと表情が変わりますので、
お試し頂ければ、嬉しいです。

長々と申しましたが、
実は、まだまだございます。
ですが、語り過ぎも毒というもの。

続きは、またティーサロンにて、お伝え出来れば、
それに優ることはございません。

何よりも願いますのは、
この紅茶が、皆様の安らぎと優雅なひとときの、
一助になること。

もしご賞味頂けましたら、
申し上げたいことがございます。

「MGK」

P.S.
パリもいいところですね。

才木
Filed under: 才木 — 16:00

池田屋事変

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

秋は何処、
あっという間に立冬を迎え、
いよいよ今年も終わりでございますね。
暑さが長く続きましたから、
寒さもより厳しく感じそうです。
こういった時こそ、暖かい飲み物が、美味しくなるなぁなどと、
自室で物思いに耽っておりましたら、佐々木が近寄って参りました。

「才木くん、丁度いいものがありますよ」
「三郎、顔がにやけてますけど、どうしたんですか」
「確かに冬は寂しくなりますね……やかましいわ! まぁ、飲んでみてください」

そう言った佐々木は、
真っ白なベッキオホワイトに
注がれた、紅茶を差し出して参りました。

「この芳醇な香り……ブルーベリー……」
「更に、アップルビーツカットや、ブラックベリーリーフも入ってございます」
「私はお嬢様ではないですよ……どれ」

うまい。
小さく呟いた私に、
佐々木は満足そうな顔をしておりました。

「ミルクを入れるのも、オススメでございます」
「私はストレートの方が、好きですけどねぇ」

ともかくとして、
甘い落ち着きのあるブルーベリーの香りと暖かい紅茶は、
確かに私の求めていたものです。

「待て待て待てーい!」

突然、討ち入りかと思われるような、大きな声が部屋に響きました。

「お前は」

二人の声が揃います。

「「二郎!!!」」
「浪川です」

浪川でした。

「どうしたんですか、急に」
「浪川くんも飲みますか? 佐々木の紅茶」
「いえいえ、某、それにうってつけの茶菓子を、持って参ったのです」

浪川は少し引きづっております。前世の記憶でしょうか。

「これは……紫……ですね……」
「私のケーキと似たような色じゃないですか?」

佐々木のブルーベリーレアチーズケーキ、美味しく召しあがって頂きありがとうございます。

「全然違います! これは! 紫いも!」
「「タルト!!!」」

またもや声が揃ってしまいます。
タルトなことだけは、私達二人にも分かっておりました。

「その紅茶……PSGと、この紫いものタルト、絶対あいます!」
「紫いもとブルーベリーあうんですかね、いや、でもそもそもマリアージュというのは、合わなそうなものを合わせてみるという楽しみもあって云々」

浪川と佐々木の声と気持ちが揃います。

「話が長い」
「うるせえ」

私達は、試してみましたが、
やはり皆様には、ティーサロンで
お試し頂くのが一番かと存じます。

とっても美味しゅうございました。
とだけお伝えしておきます。

ようやく浪川のケーキが、
お出しできることになり、
同期三人の味が揃います。
お給仕しだした頃には、
考えもしませんでしたが、
やはり嬉しいものです。

そう、今は、ペンギンクッキーも
ございますからね!
丁度いいお口直しになりますね。

私の紅茶もそろそろ。
それはまた次の日誌で、
お話致します。

皆様、どうかご体調にはくれぐれもお気をつけて。
私達それぞれの味をお楽しみ頂ければ、幸いでございます。

ティーサロンにて、
お早いご帰宅をお待ちしております。

才木
Filed under: 才木 — 19:30

だからわたしに、影はございません

お嬢様、おぼっちゃま。
奥様、旦那様。

ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

さて、10月。
10月といえば、皆様何を思い浮かべますか?
近頃は、ハロウィンもあり、
お屋敷でもパーティーがありましたり、
内外問わず色々ございますけども。

私としては、あまり馴染みがなく。
なのでそういったお祝いを、
皆様とともにさせて頂けるのも、
中々楽しゅうございます。

元来ですと、特徴のない月。
変わり目の時期で、移ろい変化していく、
自然に思いを馳せる時期ですね。
日本的には、神無月でございますから、
何か他の月にはない、
ひっそりとした雰囲気が漂うものです。

賑やかな時間を楽しんで頂く、
これも一つ大事なこと。
しかし逆に、
穏やかなお時間をしっかりと
過ごして頂く。
これも大事なことでございます。

そんな時間の為に、
我々使用人はお傍に仕えておりますから。
なんなりと、ご用命ください。

私としては、
書庫の少し古臭いような、
蔵書たちが放つ香り、
それこそ八百万の神がおられそうな、
静謐な空気。
その中に居る時が1番、好きでございます。

もし活字を追うような
ご気分でない時は。
アポロンでもいれながら、
ジャック・オーランタンのお伽噺でも、
お読み致しましょう。

私、ホラーも嗜みます故。
思えば、神がいないということは、
魑魅魍魎が跋扈する季節。
ということでもありますね。

皆様の見えない、後ろの世界。
ご想像して頂くのも、楽しいもの。
大丈夫、後ろにお控えしているのは、
我々使用人でございます。
我々は、皆様の影に、ございますから。

才木
Filed under: 才木 — 20:00

ペンギンいっぱい

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

突然ですが9月1日から、
ギフトショップにて、
私の愛するペンギンのクッキーを
ご用意させて頂きます。

7月にございました、
マンハッタンアイスにおのせした、
クッキーと同じ形のものを。
今回は、トマトチーズの味に変え、
お酒にも合うようにしております。

甘いものではないですが、
塩気のある、それでいて濃厚な味わい。
残暑残る時期でございますから、
ピッタリと存じます。

クッキーをお召しあがりになって
濃くなったお口のは、
当家の紅茶「チャールズ」や
同じ日からご用意致します、
杉村の紅茶「シルヴィアス」。

9月後半になりましたら、
佐々木のマスカットミントなどで、
さっぱりとして頂くのもよろしいのでは。

見た目も大変可愛らしゅうございますから、
沢山並べて愛でて頂ければ、
嬉しゅうございます。

まだ暑うございますから、
ペンギンは、
ケープペンギン(別名草原のペンギンなどと申します)かな、
などと思いを馳せております。
ペンギンのお話もいっぱい致しましょう。

ティーサロンにて、
お待ち申し上げております。

才木
Filed under: 才木 — 14:40

同期三人

お嬢様、お坊ちゃま。奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

七月後半は、
マンハッタンアイスをご用意させて頂き、
皆様にも楽しんで頂けたこと、
大変嬉しゅうございました。
自身は、梅雨明けからの、
書庫の大清掃ですとか、
紅茶や様々な修行に明け暮れるのも重なり、
あまりティーサロンには、居れませんでしたので、
ご機会ございましたら、
いつでもご感想くださいませね。
(more...)
Filed under: 才木 — 14:00

マンハッタン夢見るペンギン

お嬢様、お坊っちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。才木でございます。

この度、大旦那様からお許し頂き、
ティーサロンにて、
アイスをご用意することになりました。

約1年、諸先輩方の考案したアイスを
見て参りましたが、
そこに自分の名前が冠されるのは、
こそばゆい感覚もあり。
月並みですが、時間というのは、
あっという間に過ぎるものだと、感じております。

(more...)
Filed under: 才木 — 11:30

五月雨は梅雨

お嬢様、お坊っちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。才木でございます。

いよいよ梅雨入り、
低気圧が攻め込んできますので、
私としては、雨よりもそちらの方が厄介です。

こんな気候が続きますと、
否応なしに気は沈むものですが、
ふと顔を上げてみれば、
紫陽花が咲いていたりして。

季節に耳をすませてみますと、
憂鬱さというものも和らいで参りますね。
自然というのは、大きく雄大なものです。
都会に過ごしておりますと
忘れがちではございますが、
たまには目を向けてみるのも一興ですよ。

五月雨が激しく過ぎ去った後には、
晴れやかな夏がやって参ります。
カンカン照りの行楽日和。
いっぱいいっぱい楽しんでくださいませね。

今からスケジュール立てが忙しいですね。
今年は、何を致しましょうか。

才木
Filed under: 才木 — 14:29

チャムハムくんとあいすきゃんでー

お嬢様、お坊っちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。才木でございます。

近頃は急な暑さで、
早くも季節の移り変わりを感じさせられ、
私達の部屋では、チャムハムくんが、
(くんまでが名前らしいです)
舌を出し、息を荒くして寝そべっております。
その隣には、同じく佐々木が。
左隣には、浪川が。仲良く川の字です。
そう言えば、当月は、端午の節句もありましたね。

私?
私は、涼しい顔で、読書に勤しんでおります。
こういったものは、気の持ちようなのです。
強い精神力さえあれば、
多少の我慢など些事でございます……

「才木くん、私たちにも、アイスくださいよ」

嫌です。
アイスキャンディーは、文明の叡智ですね。

とはいえ、効能はそこまで長くありません。
30分もすれば、川の字の仲間入り、
何の字になるのかは良くもわかりませんが、
仕方の無いことです。

次の機会があれば、皆の分も含めて、
調達することに致しましょう。
チャムハムくんには、何がよろしいでしょうか?

お嬢様方のご意見も是非お聞かせくださいませ。

それでは、失礼致します。

才木
Filed under: 才木 — 17:10

花より団子、団子より酒

お嬢様、お坊っちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。才木でございます。

近頃はお日柄もよく、暖かく過ごしやすいですね。
花粉さえなければ、快適な日々ですよね。
恨み辛みは尽きないところです。

さて、先日も申しましたが、
お給仕をさせて頂いて1年が経ってまいりました。
同期3人、仲良くこの日を迎えられましたことは、
感謝の気持ち尽きないところですし、その幸運を喜ばざる負えません。

この1年、ティーサロンにも様々な変化があったことと思います。
ただ、乗り越えて、受け止めて、邁進する、何がありましてもこれに尽きるところではないかと。
忘れることと慣れることも、個人の考えとしては、良いことではないと、存じております。
楽に生きる、これは素晴らしいことです。
とはいえ、苦があってこそ、な部分もしばしば。
全てを内包するのが、やはり人の常ですから。

結局のところ、私としては、全ても楽しんで、参りたいなと思うところなのです。
温かく支えて頂いた御恩に報いる為にも、
同期3人尽力し、しかし気負わず、
いつもニコニコと励んで参りますよ。

大それたことですが。
皆様の素晴らしい人生の、一助が出来れば、
これが何よりの幸福です。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

……

「桜」「団子」「会う」


春は出会いと、別れの季節でございます。
どちらも突然に、いずれはやってくるものかも知れません。
桜いうのは、とみに綺麗なものですね。でもそれは終わりがあるものこそ、と思うことがあります。
散りゆくものは美しい。
でも、やはり、そんな美しいものを目の前にして、感じるのは、お腹が減ったということですね。
生を感じると、結局お腹が減るのです。そして、酒を飲みます。
少し酔って参りますと、より綺麗に見えて参りますね。
桜の樹の下には、死体が埋まっている。それは恐らく担保なんでしょうね。
両極があるから、いとをかし。
さらばさらばと散りぬるを。
来年はまた新しい桜に出会いますね、
それはきっともっと美しいのだろうと、期待を込めて。
春眠を貪りたい時節ですね。ゆるりと。

……

掌編でも綴ろうと思いましたら、
ただのミニコラム・ポエムになってしまいましたね。

何となく文章に浸るというのも楽しいものですよ。一活字中毒者としては、お勧め致すところです。

とりとめのなくなって参りましたので、
本日はこの辺りで失礼致します。
続きは書庫の片隅で、お話出来れば。
では。

才木
Filed under: 才木 — 21:00

オールバックと1年

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

近頃、前髪が現れている私でごさいますが、
その経緯を皆様にもお伝え出来ればと思い、
筆をとった次第です。

とある日のことです。
お給仕に向けて、支度を整えていた私。

私「(これは……)」

まとまらない髪に言葉を失う私です。
そもそも執事としての名を頂くのと同時に、
大旦那様に決めて頂くものですから、おいそれと変えるわけに参りません。

前髪を恨みながら、ティーサロンに向かいました。
1日くらいでしたら、大目に見て頂けるのではと。

浪川や佐々木などは、大丈夫と言ってくれますが、
そう思っても、やはり気は休まりませんでしたが。

ティーサロンに着きますと、水瀬に出会いました。
ファーストフットマンであり、寮長でもあり、日頃は燕尾服の管理も仰せつかっている水瀬ですから、
私達の身だしなみには、厳しい。それがお務めですから当然ですが。
叱責の一言程度は覚悟しながら、声をかけました。

私「おはようございます」
水瀬「おはよう、才木くん……あれ?」
私「な、何でしょう」
水瀬「普段と少し違うね」
私「滅相もございません、そんなそんな、さて今日もお務め頑張るぞー」
水瀬「ああ、前髪か」

万事休すです。
四面楚歌、ああ哀れなり。

私「違うんです、これは勝手にその、」
水瀬「いいと思うよ」

水瀬は去っていきました。
あまり状況が飲み込めません。
もしかしたら、自身が思うよりも、微細な変化で、気づかれていないということなのかも知れません。
支離滅裂ですが、そんな考えに至りました。

佐々木に確認してみると、バッチリだよ、などと返ってきました。
ありがとうございます。
しかし、いま求めているのは、優しい一言ではないのです。

佐々木から聞いたのか、何やら慌てている私を見て、
浪川がやって参りました。

浪川「そんなに気になるなら、大旦那様に聞いてみたら?」
私「いや、でも、こんな些事で大旦那様を煩わせる訳には……」
浪川「きっと聞いてくれるよ、多分」

良い奴です。
切り替えの早い私は、御所望の本を届ける際に、大旦那様に伺う事に致しました。

私「少々よろしいでしょうか」
大旦那様「どうした」
私「かくかくしかじか、という訳で、この前髪なのです」
大旦那様「ほお」
私「お許し頂けるでしょうか……?」
大旦那様「……いいんじゃないか」
私「ありがとうございます」

流石大旦那様でございます。
寛大なお心でお許しを下さいました。
そもそも「そこまで気にせずとも」のような顔をされていたのが、気にはかかりますが。
何はともあれそのようなことで、ニュー才木が生まれた訳です。変化としては微細すぎて、8分の1ニュー才木くらいなあれですけども。

与太話はこのくらいで、脇に置き。
ティーサロンのアニバーサリー期間などもありますが、
私達同期3人も4月8日で、丁度1年が経つようです。
時の流れというのは、不思議なもので、
常にそこにあるのは確かですが
私達に何も感じせずに、過ぎ去って参ります。
だからといって、無味乾燥に過ごすのは、悲しいものです。
より誠実に、より楽しく。彩り豊かに参りたいものですね。

一先ず春ですから。
桜色で、華やかに。
花より団子。私は、花より酒と言ったところです。

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

才木
Filed under: 才木 — 14:25