冬の訪れ

肌に触れる空気が澄み渡り、冷たい風が包んで参りましたね。


寒くなってまいりますと、温かい物が食べたくなりますね。


私は鍋が食べたくなります。


鍋と一口に言っても様々ございますね。此度は、豆乳鍋にいたしました。


程よく甘さを感じて身体の芯から温まりますね。


では、鍋に合わせて頂きます。


Filed under: 杉村 — 20:00

晴れ渡る空…何思う

日々の天候が変わりやすうございますね。金木犀の香りが秋を知らせてくれるようでございます。


季節柄台風も来て大変でございますね。嵐の後、その空は広く青く眩しいものでございます。

寒くなって参りましたので、温かくしてお休み下さいませ。


熱々なもの...


この様な日の夜には、キノコとカマンベールチーズでアヒージョを。

モレッティと共に。


Filed under: 杉村 — 22:53

Silvius

9月といえどまだまだ汗ばんでしまう気候が続いてございますね。


さて、この度私がお嬢様に召し上がって頂きたい一品をご用意いたしました。


私自身がブレンドした紅茶でございます。


「Silviusーシルヴィアスー」


お嬢様は、柚子の花言葉はご存知でいらっしゃいますでしょうか。
(more...)
Filed under: 杉村 — 10:00

蝉時雨に想いを馳せ

今年はいつにも増して暑い日々が続いておりますね。


お嬢様の体調が毎日心配で御座います。




これからまさに夏本番で御座います。

(more...)
Filed under: 杉村 — 09:30

その燕、未だ見ぬ先へ

額から流れる雫、降り注ぐ太陽の陽射しは日に日に強まっていく。


2年前はこの様な気候だったかも定かではございません。

そう、毎日必死に少しでも早く先輩たちと同じように素晴らしいお給仕を出来るようにしなくては
(more...)
Filed under: 杉村 — 20:00

風情

灰色の空、降りしきる雨


街行く人々の手には、


雫が滴る、色とりどりの傘


梅雨で御座いますね。


傘を片手に何処かに誘われるようにして


足を進め、人気の無い


公園に一人、佇む


雨が地を打つ音、水溜りに落ちる音


そっと耳を澄まし


何をするでもなく


その刻の流れに身を委ね




このような時があっても悪く御座いませんね。


縁側で雨の音を聴きながら、日本酒を頂くなんて言うのも贅沢で御座いますね。




杉村
Filed under: 杉村 — 18:30

五月雨月

新緑が色鮮やか


若々しい緑の香り


眩しい陽射し


爽やかに吹き抜ける風


ふと、瞼を閉じると…眠ってしまいそうなほど心地よい季節で御座います。


さて、「雨男雨女」


などという言葉が御座いますが


かく言う私も「雨男」で御座います。


これまで様々な催しが御座いましたが


屋外での催しの際は特に、雨模様を眺める事が多く御座いました。


5月3日…


お屋敷の外での催しに参加させて頂きますが


天候は如何なものでしょうか。


五月雨


これもまた、季節を感じさせるもので御座いますね。



杉村
Filed under: 杉村 — 10:00

春爛漫

暖かな風
花々の良い香り

厳しい寒さに耐え

待っておりました、春で御座いますね。


秋もさる事ながら

春も美味しい食がたくさん御座います。

新しいという字が付く

新玉ねぎ、新じゃがいも

春キャベツ

アスパラ、たけのこ

四季折々に美味しい食に囲まれる日本


この日本に生まれ育ち本当に幸福至極と存じます。


綺麗な花と


旬の食


そして

今宵は


御前酒『花見の酒 さくらほろり』


を頂きます。




杉村


Filed under: 杉村 — 22:51

ほろ苦い

ご機嫌麗しゅうございますお嬢様。杉村でございます。


ホワイトデー…日本特有のものでございますね。


特有なものではございますが、日頃の感謝を伝えるという

素晴らしいものでございますね。

(more...)
Filed under: 杉村 — 16:30

鬼外福内

襟足の風通しが途端に良くなりました、


杉村でございます。


凍えるような風が首筋を撫でる



その様な気候が続いておりますね。




おや、気が付けばもう2月



今日は、何処からか声が聞こえてまいりますね。



「鬼は外、福は内」


そう、節分でございますね。



節分とは…どう言ったものなのでしょう



そもそも、「季節を分ける」という意味があり


「立春、立夏、立秋、立冬」に当たる日の前日の事を節分と呼ばれております。



では、何故今現在、「節分」というと2月


「立春」の前日を指すのでしょうか。



厳しい寒さを乗り越え春を迎える「立春」は


特に尊ばれ


旧暦では、新しい年が始まる重要な日とされ



次第に「節分」は2月の事を指す様になりました。




厄を払う…


では、今宵は豆と清酒で



身を清めましょう。



杉村
Filed under: 杉村 — 22:44