Millesime

世界各国で新酒が解禁となり、ワイン好きには堪らぬ季節です。

ビンテージ情報を拝見する度、心が躍る能見でございます。

お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。



師走の気配を感じ、一日が日に日に短く感じられるこの頃です。

お嬢様は時を忘れるくらい何かに没頭することはございますか。

朝に始めたことを気がつけば日が沈むまで、深夜まで続けていた、

時計を見ることすら忘れて、一つのことに集中するようなご体験。



大人になると社会勉強が始まり、色々な荒波が襲い掛かります。

朝早くにご起床なさって、夜遅くまでスケジュールが詰め詰め。

そのようなご多忙の中で何かひとつの事象に注力することは、

幼少の頃に比べますと随分敷居の高いことのように感じます。



私にとりましては、直筆云々はさておき文字を書くという行動が、

時を忘れることへのきっかけなのだと、最近気付かされました。

伊織のように流れるような美しい文章を書くことは叶いません。

しかし、下手でも記し続けることが性に合っているとも感じます。



数年に掛けて日々のたわいもないことを書き記す直筆の日記も、

月に一度お書きしておりますこちらの日誌も左様でございます。

昨年の今頃に発刊させていただきましたワインダイアリーも、

執筆中はその感覚を持つに近しいかもしれませんね。



自分の考えや言動を文字に起こして未来へ残すことは、

過去の心境を客観的に捉え、整えることにも繋がります。

当時の感情がつい溢れてきて、それゆえに時間を忘れてしまう。

そのような情緒的な側面もきっと大きいのでしょう。



お嬢様にとりましても夢中になれるご趣味がございましたら、

是非、ご教授いただけますと嬉しゅうございます。

おやすみなさいませ、お嬢様。



能見
Filed under: 能見 — 22:00