古谷でございます

年の瀬でございます

振り返ると様々ありましたが、
お嬢様にとって
今年はどんな一年でしたでしょうか?



何かの終わりとは、また何かのはじまりを意味するものではないかと常々感じております。

それはつまり言い方を変えると何かがはじまる為には必ず何かが終わらなければならないという理が存在しているということではないでしょうか。

厳しくて耐えがたい局面が続いたとしても、それは永遠ではなく必ず終息に向かうものだと信じていますし、それに向けて前をみて進む日々を過ごしたいものです。

来たる新しい一年

そのような心持ちで過ごして行きたいと思います。

お嬢様も

良いお年を

古谷
Filed under: 古谷 — 22:00