古谷でございます

巡る季節は時に刹那のよう
2019年も残すところ僅かです。





出来ることなど、ちっぽけかもしれませんが、
せめて今宵、傾けるグラスであれば、貴女が命じてくださるならば、満たして差し上げることは叶います。



願わくば2020年もそんな貴石の如く
煌めく年をお届け出来ますように。



あらためまして、お嬢様。
今年もたくさんのお力添えありがとうございます。



良いお年を



古谷
Filed under: 古谷 — 22:30