15周年

3月24日にティーサロンが15周年を迎えましたね。
まだ私が使用人としてお仕えし始めてから1年弱(ギフトショップを含めると1年と少しですが)でございますが、この様なおめでたい日にお仕えできて大変嬉しゅうございます。

そこで、ティーサロンが15周年なので同じ15周年のものを調べてみたところ、「ダレン・シャン」という児童向けのファンタジー小説が同じく15周年を迎えるとの事でした。

実はこのダレン・シャン、私がまだ学生だった頃に読み、同じ作者の別の作品を読み込む程のめり込んだ作品でございまして、せっかくですのでご紹介させていただきます。

この物語は主人公のダレン・シャンが住む街に「シルク・ド・フリーク」と言う名前の奇怪なサーカスがやってくるところから始まります。

そのサーカスを友人と見に行ったクモ好きのダレンは見せ物に使われていた毒グモに魅入られ、盗み出してしまいます。その毒グモを見せた際に一緒にサーカスに行った友人が噛まれてしまい、助けるために毒グモを操っていた人物ラーテン・クレプスリーの元を訪れます。

そこでダレンはクレプスリーから、この世界にはバンパイアが存在すること、そしてクレプスリー自身がバンパイアであることを知らされ、とある取引を持ちかけられます。

友人を助ける為にその取引に応じたダレンの運命がここから狂い始める……

という物語でございます。

実写映画や漫画にもなっているとのことでございます。とても面白い小説ですので、もし機会があれば(全12巻と少々長いかもしれませんが)お読みくださいね。

納豆

ご機嫌麗しゅうございます。
環でございます。

以前お蕎麦にはまっていると話しましたが、最近また一つよく食べるものが増えました。

それは納豆でございます。

ずっと前に健康のため毎日食べていた時期があったのですが、その時は効果ばかり気にして長くは続かなかったのですが、ここ最近食べてみてその美味しさに改めて気付くことが出来ました。

今はほぼ毎日食べるくらいはまっておりまして、食卓に欠かすことのできない存在となっております。

もちろん健康に良い食べ物であることが続ける理由の一つではございますが、何より今は無理せず美味しく続けられていることの方が大切でございます。

ちなみに体重はあまり減らなくなりました。
ここからどう減らしていくかも考えていきたいところでございますね。

長い目で見て継続していこうと思います。
それでは。

飲みすぎ注意。

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

自身の話を皆様に殊更申し上げるのは、
些か気恥しいところではあるのですが、
名簿に記載されました通り
ホテルレストランサービス技能検定の三級を
昨年の十二月に取得致しました。

このように話題に取り上げずともと
思っていたのですが、
記載があったことで、
思いがけずお祝いや労いの言葉を頂きましたので、
この場をお借りして深く御礼申し上げます。

私自身と致しましても皆様にお仕えした、
この四年程の年月が
一つ認められたという嬉しさがございます。
このような気持ちを抱けたこと。
このような形を成せたことは、
ひとえに皆様のおかげかと存じます。
本当にありがとうございます。

これからも奢ることなく邁進し、
名は体をあらわすということを
実を以て申し上げられますよう
努めてまいります。

ここまで自分の話ばかりでしたが、
ティーサロンは
3月24日で十五周年を迎えます。
節目になるこの年を
皆様と迎えられること、大変嬉しく存じます。

どうかお元気にお過ごしくださいませ。
何時でも変わらずティーサロンにて、
皆様のお帰りをお待ち申し上げております。

――今夜はいいボトルでも開けましょうかねえ。

才木

ご機嫌麗しゅうございます。
八幡でございます。

本日は執務の途中に少々お腹が空いてまいりましたので、当家の入り口に咲く薔薇の庭園のお世話をしておりました藤堂執事と大旦那様の昼食をつまみ食いしている最中の隈川、そして当家の裏庭でお屋敷警備犬見習いのチャムハムくんに引きずられながら散歩をしておりました佐々木を誘い、私の自室で藤堂執事とともに、ひっそりとパーティーを致しました。

の予定でございましたが藤堂執事は別の執務に呼ばれてしまいましたので我々3人で。

仲間との時間はまた特別でございますね。

また、4月は隈川とカクテルをお嬢様にご用意させて頂く予定でございます。
この日の為に以前から隈川もシェイクの練習を努めておりましたので是非ご帰宅してくださいませ。

15

当ティーサロンも15周年を迎えることができました。

使い古された表現なのですが、まるで昨日のように思い出せます。
初めてティーサロンの門をたたいた日を。

今でこそやっと人並みに仕事ができるようになったと思いますが、技術だけではなく、精神的にも本当に未熟だった私に、これほど長く働く機会を与えてくださった大旦那様、お嬢様には心から感謝しております。

しかし折々で申し上げますように「15」は単なる数字でしかございません。

気付けば、驚くほど長い時間が経っていたとは思いますが、
大切なのは最高の「今」であり、15はその積み重ねというだけ、大きな意味は持ちません。

私にとって一番大切なのは、今目の前にいらっしゃるお嬢様です。
ティーサロンの20年後、30年後のことは大旦那様がお考えになります。
私などよりもはるかに深慮も遠謀もお持ちでらっしゃいます。
だからこそ、私は今この瞬間がより良い時間になるように心を注ぎます。

そしてまた、こうした折々で同じことを申し上げるのですが。

決してお忘れなきよう。

物語の主人公はお嬢様であり、お屋敷やSwallowtailというティーサロンを作るのはお嬢様です。

使用人は物語を彩る調度品や装飾物でしかありません。

もしこの先、20周年、30周年と時を重ね、そこによりよいティーサロンがあるとすれば、

それは、私共ではなくお嬢様が作ったものです。

そしてそのときに、お嬢様が

「ここが私のスワロウテイルだ」

と胸を張って自慢できるような空間をご用意できているならそれに勝る喜びはないでしょう。

共に手をたずさえ、心を寄り添わせて歩みを進みましょう。

お嬢様がいらっしゃるからこそ、お屋敷には灯が燈り。

使用人は使用人でいられます。

大河内は大河内でいられます。

こんなにも長い時間、私の魂の居場所を作ってくださったことに心から感謝しております。

また明日。楽しい1日をお届けできるように、ティーサロンでお待ちしております。

エクストラコーヒー

お嬢様、ご機嫌麗しゅうございます。百合野でございます。
この度3月25日にエクストラコーヒーをお届けする事となりました。

お屋敷でコーヒーを中心にお届けする日が来るとは予想しておりませんでした。

私は元々、コーヒーは日常的に嗜んでおり紅茶とはあまり縁がございませんでした。

しかしながら、お屋敷に来て紅茶の素晴らしさを知り、今では紅茶の魅力を伝える側に…

ですので、私がたくさん出会ってきたコーヒーの中から、比較的飲みやすいローストをご用意いたします。

私が紅茶を知った時の様に…
コーヒーにあまりふれた事の無いお嬢様でもお楽しみいただけましたら幸いでございます。

では、ティーサロンでお待ちしております。