ワルプルギスの夜

お嬢様、お坊ちゃま。
ご機嫌麗しゅうございます。

絢辻でございます。
今月は私考案の「チョコウィスキーアイスクリーム」をご用命くださりありがとうございました。
また新たなお品をご用意出来ればと考えてございますのでお楽しみになさってお待ち下さいませ。


突然ですが、お嬢様、お坊ちゃま。
本日は「ワルプルギスの夜」(または「ヴァルプルギスの夜」「ヴァルプルギスナハト」など)でございますね。



【ワルプルギスの夜とは】
4/30から5/1にかけてヨーロッパの国や地域で行われる伝統的なお祭りにございます。

国や地域によってやや異なりますが
ざっくりと申し上げますと、春の訪れをお祝いする行事でございます。
魔女が集会を開くと言い伝えられている日であり、ドイツでは4/30日の夜にブロッケン山に魔女が集まると言われれおります。

現代ではお祭りをしたり、夜通しお酒を嗜んだり、西ドイツでは若者が悪ふざけをする文化もあるそうです。
ちなみにスウェーデンでは4/30は祝日に指定されており、それだけ大切な行事であるとうかがえます。




そうそう、ワルプルギスの夜に少々だけ触れている小説を以前読みました。(と申しましても名前が登場するくらいでございますが)
服部まゆみ先生の「この闇と光」(角川文庫)でございます。
ゴシック調の雰囲気がとでも美しい、謎めいた作品でございます。
宜しければぜひお読み下さいませ。


さて、この日誌を認めたら、本日の執務は終わりでございます。
私も今夜は使用人寮にてひっそりとお酒を頂こうかと存じます。

お嬢様も本邸や御別宅にてお酒など嗜まれまして、たまの夜更かしなどされてみては如何でしょう?

それでは、また。
魔女の集会にてお会いしましょう。

絢辻
Filed under: 絢辻 — 22:00

新年度

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
新年度がはじまりまして新しい生活にも慣れてきた頃でございましょうか?

色んな物事が移り変わる時期でもございます。
新たに飛び立つもの、羽を休めるもの。
無理は禁物です、休める時にはしっかりとお休み下さいませ。

早めのお帰りをお待ちしております。
使用人の顔を忘れてしまわないうちに

平山
Filed under: 平山 — 22:00

Theism

少し静かになったお屋敷の自室付近。

本日は何を聞こうか考えながら、お酒を嗜む。


自分がその時欲しい音楽は、その日その時を過ごした記憶から浮き上がってくるものだ。

これはもう癖なのだが、いつもの面々の事を思うと気付かされる。
当然の事ながら過去の記憶しかもう無いのだと。


自然と選ぶ音楽は、物憂げかつ、孤独。また、過去に囚われた閉鎖的な歌。

今、綴るこの文字も、彼らのことを考えながら。
これまでは直接伝えられた数多の事が、今は自分の頭の中でぐるぐると廻るだけ。

しかし、この時間とこの空間はなぜか心地よい。



何故?



あぁ。
私の中に彼らが居るのだ。

一緒に生きた標が自分の体を、五感を、創り上げ、その物差しで測る数多の物事の結果が、『心地よいものとは、このことである。』と認識しているのだろう。

彼らからのギフトである。

自分はしっかりと贈ることは出来ただろうか?

お酒も相まってか、自然と顔がほころぶ。
うん、やはり心地よい。







だからお願いです。

ただ、少し。もうひとときで構いませんから。

過去に囚われたゆりかごに
揺られる私を
お許しください。

羽瀬
Filed under: 羽瀬 — 22:00

会うは別れ

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。

春とは出会いの季節と共に
別れの季節でもございます。
これはお屋敷の紅茶にも言えることで、
これまでお出ししておりました
シークレットガーデンがなくなってしまいました。

ラベンダー等の花々の香り、
ハイビスカスの薄桃色の水色と酸味、
そしてローズマリーのほのかな苦味。
私の好きなハーブティーの一つでございました。
シークレットガーデンが置いてあった場所には
既に別の茶葉が置かれてしまい、
少し物悲しい気持ちになります。

3月から毎年ご用意しております
桜のフレーバーティー「チェーホフ」は
早々となくなってしまいましたが、
4月から新しい紅茶が仲間に入っております。
瑞沢ブレンドの「アイオーン」と
4月限定の「エオストレ」でございます。

私個人の飲んだ感想でございますが、
アイオーンはしっかりとしたコクがあり
ミルクとの相性がよろしいですが、
ストレートでも大変美味しく頂けます。
冷めてしまっても渋みが出にくく、
ご別宅でもお楽しみ頂きやすい紅茶かと存じます。

エオストレでございますが、
ピーチを始めとしたフルーツの甘い香りが特徴的で、
渋みが少なくスッキリとした味わいでございますので、
甘い紅茶を好むお嬢様方も、一度ノンシュガーで
お召し上がり頂きたい一杯でございます。

使用人も紅茶も十人十色、
新たな風景と香り、
今後の出会いを楽しみにしております。
Filed under: 日向 — 22:00

宝塚「フォルティッシッモ-歓喜に歌え」レビュー「シルクロード 盗賊と宝石」

お元気でいらっしゃいますか。
大変な日々でございますが連日お屋敷にご帰宅下さいまして心から感謝しております。
春はお花見の季節でございます。今年は大勢で騒いで宴会も出来なくて淋しゅうございますが歩きながら靜かなお花見をしましょう。

本日は久々に宝塚のお話しでございます。
流行病の影響で延びておりました。望海風斗さん、娘役トップの真彩希帆さんのサヨナラ公演でございます。

2017年より雪組トップの男役として屈指の歌唱力、豊かな表現力で雪組を引っ張ってこられた望海さんを、心から拍手で送り出してあげたいと思っているのは藤堂だけではないと思います。
サヨナラ公演の題名は少々覚えにくいですが、ベートーヴェンが主人公の物語です。
失恋、孤独、難聴と困難にあいながら「第九」を完成させたその背景のストーリーです。

レビューアラベスク「シルクロード」このレビューで盗賊に扮した望海風斗さんが生き生きと踊り歌って活躍しています。特にフィナーレの大階段の場面は何度観ても楽しく、盗賊のリーダーが仲間たちに思いを託して去っていく姿はペーソスがあり、心に残りました。

このようなご時世でございますが、ライブ配信などもございます。
お嬢様も是非是非観劇など嗜んで下さいませ。

藤堂でございました。
Filed under: 藤堂 — 22:00

ご機嫌麗しゅうございます。
雛森でございます。

先月頃から、高重量、高負荷での鍛錬が可能になり、天にも昇るような幸せな気持ちと、その悦びの種となっている筋肉痛に、日々酔いしれておりますが、ここで改めて、筋肉がつくられるメカニズムについて、簡単にご案内いたしましょう。

そもそも、筋力増強とは、破壊と再生によってなされております。

鍛錬によって筋繊維を断裂させ、ダメージを負った筋肉は、修復される際に以前より太く強くなる性質がございます。

この筋繊維の断裂こそが、いわゆる筋肉痛。
つまり、筋肉痛は、筋肉が強くなる予兆なのです。
だからこそ私は、筋肉痛を感じた際に、つい笑みをこぼしてしまうのでございます。

ですが、先に綴りましたように、大切なのは修復、
そして、どんなものでも、修復には適した材料と修復するための時間が充分にあることが絶対条件でございます。
材料とは、食糧、修復のための時間、これはすなわち休息でございます。

鍛錬によって筋肉を破壊し、食事によって充分な材料を補給して、睡眠や鍛錬をお休みすることによってしっかりと休息を設けて、修復させる。
このような破壊と再生の一連の流れによって、筋肉達は強く大きく育ってゆくのでございます。

スポーツや芸のように、訓練によって技術を磨く事とは違い、肉体増強は、今は無いものを作り出すということ。
根性や知識ももちろん大切ではございますが、食事と休息というのは実は鍛錬以上に重要なのでございます。

ではそんなことを長々語っている私はいったいどんな食事をしているのか。
それはまた改めて、お伝えいたしましょう。。。

それでは、お嬢様、お坊ちゃま、
お身体には充分にお気をつけくださいませ。

Filed under: 雛森 — 22:00

新しい予感

ご機嫌麗しゅうございますお嬢様、お坊ちゃま。蓮見でございます。


緑が芽吹き色鮮やかな景色が広がる季節でございますね。今年も桜がしっかりと花開き、あたたかな薫風が心地よい毎日でございます。

さて、ガーデニングのお話でございます。先月行って参りました植木市にて仕入れたハーブの苗や球根を植え替えをいたしました。お屋敷の花壇を少々お借りし、カモミールを2種、スペアミントにローズマリーが育っております。花壇というより菜園のようになってしまいましたのはご了承くださいませ。

そしてミニチューリップの球根は大きめの鉢に植えております。まだ芽は出ていなく少々不安ではありますが、きれいな花を咲かせてくれるよう毎日しっかり手入れをいたします。どんな色の花が咲くのか、今から楽しみでございます。まだまだ小さな菜園ではありますが、これからしっかりみな育って、賑やかになりますように。

成長の記録も、お写真にてお知らせいたしますね。どうぞ見守ってくださいませ。







蓮見
Filed under: 蓮見 — 22:00

たまには

ランチ …

でも…と。休日をのんびりしていた八幡、隈川と。
藤堂はお留守番!


デザートは

もちろん
Filed under: 佐々木 — 22:00

過ぎ去りし日はやがて美しき。

お嬢様、ご機嫌麗しゅうございます。

瑞沢でございます。


お使いで外に出て街角に目をうけてみますと、咲いている花の種類の多さに驚かされております。

残念ながら花の知識がない私に分かる花の名前はほんのごく一部でございます。


少しでも花に触れた生活を送ろうと、的場さんに頼んで15周年でギフトショップに飾った薔薇の花をいただきました。


私にはまだ綺麗に見えますが、もう下げてしまう様です。


せっかくなのでドライフラワーにしようかと思います。


綺麗に出来るといいのですが。
Filed under: 瑞沢 — 22:00

肝心の辛いの忘れた

ここ数年、毎年贈られてくる唐辛子でございます。

天日干しにしておくのですが、

緑から黄色を通り深い赤まで、

きれいなグラデーションでしたので思わず並べてしまいました。




父が田舎の庭で育てているのですが、正確には「育てる」必要などなく

虫も寄り付かいので、水をやるだけでものすごい量が収穫できるそうです。


かといって味に遜色があるわけではありません。
辛さでいうならむしろ市販のものよりもしっかりございます。

普段のレシピの半分の量で済んでしまうほどです。



柚子も毎年のように送られてくるので、来年はどちらも青いうちに収穫してもらって、

柚子胡椒を作ってみるのもいいかもしれませんね。

上手くできたらご披露いたしますね。

Filed under: 大河内 — 22:00