宝塚花組公演「CASANOVA」

度々映画、舞台で上演されているロココ文化、華やかだった18世紀、世界中の女性たちを虜にしてきた稀代のプレイボーイの物語、カサノヴァ……。
水の都ヴェネツィアを舞台に、花組トップ男役、明日海りお。当然ながらこの世界の恋人、カサノヴァにぴったりのミュージカル。この明日海りおも今季の秋には宝塚を卒業してゆきます。何回も宝塚の舞台ではお目に掛かれないと思うと、しっかり目に焼き付けておかないと、と思い藤堂もしっかり観てきました。
花組トップの娘役として活躍してきた仙名彩世のサヨナラ公演でもありました。明日海りおが横浜アリーナに出演する、恋スルARENAには出演しません。今回が最後です。昨年上演されたポーの一族では、男爵夫人を美しく、悲しく演じましたから、タカラヅカステージでも流れていますから、是非見て下さい。
明日海りおも相手役の女性トップが仙名で、3人目だったと思います。また、新しい娘役トップと新鮮な舞台を見せてくれると思います。
今回のカサノヴァの演出は生田大和。若い人で、大劇場での演出は初めてですが、今後に期待が出来る方です。藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 17:00