お豆腐

敬愛せしお嬢様へ

時任でございます。
少し日の暖かさを感じ取れたかと思えば、また底冷えする夜が訪れたりと、
一足とびに春の陽気とはいかぬ日々が続いてございますね。

先日、お外へ食事に出ました際に見かけた一品にヒントを受け、
冷えます夜に一寸、杯の隣に添えたい一品をお作りしてみました。


時任はアヒージョが好きです。
海老にキノコ、お魚、最近はアボカドなども面白うございますね。
ニンニクやアンチョビーをしっかり効かせたものが特に好みでございますが、
しかしながらあまり濃厚に致しますと、一口二口は良うございますが段々重くなってまいります。
そこで、とある馴染みのバーで供していたものにヒントを受け、
素材としては淡白な物をアヒージョにしてみました。



豆腐です。



まずはオリーブオイルをゆっくりと弱火で熱しまして、鷹の爪とスライスしたニンニクを温め、香りをじっくりと引き出します。
よく香りが広がった頃に、アンチョビーをほぐして投入し、お味をよく馴染ませましょう。
さて。
そこへ軽く刻んだ木綿豆腐を投入し、さっと温めます。
パセリを散らして、はい出来上がり。

あっという間に完成です。簡単でございましょう?
ワインの栓を抜き、グラスを用意している間にさっと作れてしまいますよ。


さて、味見をしてみましょうか。
淡白な豆腐に、熱々のオリーブオイルが絡んで、濃厚なのに淡白な味わいでございます。
アヒージョと言うより、地中海ver.湯豆腐といった感覚でございます。


…このままでも悪くはありませんが、少々物足りませんね。

そこで。
お隣のコンロで、おもむろに葉物を(この時は白菜に致しました)刻んで、お醤油・料理酒・お塩・白だしで味付けをして軽く煮込みます。
煮立ったら、水で溶いた片栗粉をそこに加えて、トロっとするまでよく混ぜながら煮込みましょう。

お分かりですね?
このトロッとした液体を、先程の豆腐アヒージョに流し込めば、
「あんかけ湯豆腐アヒージョ」の出来上がりでございます。

熱々のお豆腐を、オリーブオイルに絡めても、餡に絡めてもそれぞれ個性の違うお味が楽しめまして、
さらにこれをミックスすると、和のような洋のような、複雑な美味しさを楽しんで頂けます。

冬の夜に一献お召しになる時は、ぜひ暖かな一品をお側にお添え下さいませ。

良き夜をお過ごし頂けますように。
Filed under: 時任 — 01:30