夏、懐しむ

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
隈川でございます。

お嬢様、夏の厳しい暑さに体力を奪われていらっしゃいませんか。
この時期はご自身が思う以上に消耗が激しゅうございます。


特に空調の効いた室内と暑い外を行き来するのは最も身体に障るとのこと。
いきなり涼しいところへ行くのではなく、木陰や風通しの良い所で少し体を慣らしてから室内へお戻りになるのも宜しいかと存じます。


しかしながら、お嬢様。
夏というのは辛いだけの季節でもございません。

斯く言う私は夏を非常に好んでおります。

夏の匂いというのはどこかノスタルジーを含み、ふと思い出を振り返る切っ掛けを与えてくれます。

『同じ夏は二度と来ない』なんて言葉もございますし、1日1日を楽しみたいものです。

ヨモギを使ったお茶を飲みながら少しだけ感傷に浸ってしまいました。



隈川
Filed under: 隈川 — 15:00