不思議な茶葉

椎名執事がとある紅茶の茶葉を持っておりました。
「百合野君、この茶葉、今年の新作なんだけど淹れてみてもらえるかな…?」

はい。喜んで!
私は新しい茶葉には目がないので早速淹れてみました。


こ、これは…


お屋敷に来て以来様々な茶葉と出会いましたが
これまた不思議な茶葉に出会いました。


袋に記載されておりますのは
ある農園のダージリンファーストフラッシュでございました。


が…

ダージリン特有のマスカテルフレーバーがせず、少し枯れたような香り…

そして全く渋味がないのでございます。


さらには見た目…

通常ダージリンの茶葉は比較的、均一に整えられているものが多ございますが
形がまばらでとても軽い茶葉ばかり…


まるで、秋に良く見かける落ち…
いえ、確かに信頼のあるブランドの高級茶葉でございます。


これは何かの間違え…
もう一口…





まぁ…あっさり…。


やはり茶葉は生き物でございますね!
なじみのある農園でも採れる年とロットナンバーによって違うものなのでございます。


紅茶の不思議でございました。


決して私の心の奥底で
椎名執事がブランドの袋に詰めかえた裏庭の落ちb…


…私は。

椎名執事を疑った事は、一度もございません。


以上、椎名執事と発見した不思議な紅茶葉のお話でございました。
Filed under: 百合野 — 10:00