古谷でございます。

朝の目覚めにいつも暖かい紅茶を淹れ、彼はいつもお給仕が始まる前に静かに気持ちを高めます。







砂糖いっぱいの紅茶。





キャラメルも大好物でしてキャラメルが好きすぎて自身でキャラメルのスコーンを考案しました。






どうやら彼は無類の甘党なようでございます。







味の好みが甘いだけでなく彼は思いやりもあってとても優しい先輩でございます。







困った時はいつも助けに来てくれますし、私も使用人の端くれとしてあのような先輩になりたいものでございます。







一緒に合作でカクテルをやろうと持ちかけて頂いてはや1年、やはりキャラメルをふんだんに使用し、さらには紅茶を交えて作り上げたカクテル。お披露目の日はあるのでしょうか?







常にゆったりと構えて己のペースを大切にする方でございますからね。お声がかかるその日まで、私は精進して準備をしておきます。













荒垣さん。








先日はソムリエ試験お疲れ様でした。






古谷
Filed under: 古谷 — 14:00