A Million Times

暑さの和らぐ秋になってまいりました。

今年はどのような秋にしようか迷いに迷う能見でございます。

お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。





大旦那様の許しを得て、能見はミュージカルを観て参りました。

早速ではありますが、芸術の秋を楽しもうという算段でございます。

題目は『100万回生きたねこ』。

誰もが知る有名な絵本が原作でございました。





例に漏れず、私も幼少期に読んだことがございます。

その時には死にゆく猫を可哀想だと思ったものです。

以来、一度も手にしたことのない本だったのですが、

まさかこのような形で再会するとは思いませんでした。





幼き頃に感じていたものが大人になるとちょっと変化する。

そのような体験をさせてくれる素敵な作品でございました。

何がどう変わったのか説明するのは野暮でございますので、

この気持ちは墓まで持っていくことに致しましょう。





今も世界は刻一刻と様変わりをしております。

お嬢様もその変化をひとつひとつ発見してくださいませ。

きっと素敵な視野の広がりを楽しんで頂けると思いますよ……





……え!?

お嬢様、『100万回生きたねこ』をご存知ない!?



……え!?

ご存知でいらっしゃるが、読んだことがない!?




それならば至急、図書室へ参りましょう!!

今からでも遅くはございません!!

原稿用紙はお持ちでいらっしゃいますね!?

素晴らしい世界の端っこを掴みに参りましょう!!





能見
Filed under: 能見 — 18:00