カイダン

影山でございます。



本日は暑さをふきとばすカイダン話を致しましょう。








あれは蝉の鳴き声が耳に残る真夏の日のことでございます。


何故アレはあのように設計したのか今でも不思議でございます。


それはぐるぐると螺旋状に続いていて

先が見えないものでございました。




わたくしは


おそらくその先にわたくしが求める出口があると信じて、

ひたすら登り続けました。



汗が流れ落ち、呼吸が乱れます。




不安にかられながらもわたくしは登り続けました。










そしてようやく登りきり、顔を上げますと















行き止まりでございました。









そう





それは恐ろしい







登った分だけがっかりする















恐怖のカイダンでございました。











カゲヤマ
Filed under: 影山 — 16:00