冬来たりなば、春遠からじ

司馬でございます。



このところ、大雪が続きましたが、皆様方、ご無事でございましたでしょうか。
私も寒さに負けじと柄にもなく発奮して、お庭の雪かきなどいたしましたが、おかげさまで怪我なく過ごすことができました。
見栄えなど気にせずにきちんと長靴をはき、常に両手を空けておいたのが、功を奏したようでございます。



これから先、もう大雪にはならないことを祈りたいところでございますが、さてさて、いかがなものでございましょうか・・・。
万が一の際には、どうぞ足元をきちんと固めて、お出かけくださいませ。





暦のうえでは、もう春でございますが、まだまだ寒い日々が続くようでございます。
私は生来の出無精でございますので、冬の休日はたいていお屋敷にこもっております。


日差しの射す窓辺で、軽いものをつまみながら、読書などしておりますと、苦手な冬もなかなか良いものに思えてまいります。
皆様方におかれましても、なにか快適な冬の過ごし方などがおありでございますか?
もしよければ、司馬にもご教授いただければ幸いでございます。


そんな窓辺の日差しは、日ごとにぬくもりを増していくようでございます。
三月も近づいてまいりました。
そろそろ、雛壇の飾りつけの準備にも取りかからねばなりませんね。


本格的な春はまもなくでございます。
皆様、残りわずかな冬の日々を、せめて楽しくお送りいただけるよう、心よりお祈りいたしております。
また、これからは寒暖の差も激しくなってまいりますので、どうぞご自愛くださいませ。



では、今回はこの辺りで失礼いたします。
Filed under: 司馬 — 16:00