ケースとケーキ その参

貴方は…







伊織さん!



そうか、伊織さんならデザートの事も詳しいし、眼鏡を愛する気持ちも共有出来る!



百合野「教えてください!」



伊織「それは…栗の甘露煮ですよ、見た目の色味も添えながら紅茶の味も邪魔しない。少し甘みを抑えた渋皮煮と合わせても良いでしょう。」



百「なるほど!」


パティシエ「そう!それですね!僕もそれ考えていたんですよ。」



…参りました。




パ「出来ました!」




百「…うん!これなら自信を持ってお勧め出来ます。」



百「伊織さん!ありがとうござ…」



あ…


もう、いない…。


どんな時もクールな方ですね。



とりあえず、これで一安心。
心配事も無くなったのでようやく眠れる…。




パ「よーし!!

百合野さん!この調子で次のオリジナルアイス
もいきましょ…」



百「遠慮しておきます!!」









※このお話は実際にあったお話を誇張して表現してあります。
当家には軽卒なパティシエもおりませんし、伊織もキザに登場したりはいたしません。
Filed under: 百合野 — 10:00