スワロウテイル・ビフォア・クリスマス

司馬でございます。
日ごとに肌寒さも増してまいりました。風なども流行り始めておりますが、皆さま、お健やかでいらっしゃいますか?
食欲の秋でございます。これから冬に近づくにつれ、様々な食材がおいしさを増してまいります。どうぞ、日々のお食事を大切になさいまして、体調などお崩しになりませぬよう、ご自愛くださいませ。



ところで、ハロウィンはいかがお過ごしでございましたでしょうか。
カボチャのお化けや魔女やモンスターたちが、大いにはしゃぐ時季でございました。
もっとも当家のお嬢さま方は、いつもおいしいお菓子を青い紙袋に入れてお持ちですので、彼らにいたずらをしかけられても、お上手にかわすことがおできでしょうね。

ハロウィンが終わりましても、今年の当家はまだまだいろいろなイベントが待ち構えております。
ボジョレ・ヌーボーの解禁、12月の紅茶サロン、そうこうしている内に、クリスマスもあっという間にやってまいります。
これらの催しを最大限にお楽しみいただけるよう、使用人一同、ますます元気にはりきっております。

この雰囲気は、そう、ハロウィンが終わったところから、クリスマスが始まるところまでを描いた、あの妖しくも楽しい「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」にも良く似ております。
手法こそ勘違いがあったもののクリスマスを楽しく演出しようとしたハロウィン・タウンの住人たちの心意気は、私達も大いに見習わなければならないところでございますね。

というわけで、もう何回目になるか数えきれませんが、ティム・バートンのあの傑作を鑑賞いたしまして、今夜は幸せな気分で夜を迎えたいと存じます。
どうぞ、皆様方もよい夢をご覧くださいませ。

では、今回はこの辺りで失礼いたします。
Filed under: 司馬 — 15:00