恒例行事

いかがお過ごしでございますか、桐島でございます。

あっという間に4月でございますね。

今年もお花見の季節でございます。

私は毎年お花見をすると何故か風邪を引いてしまいます。

おそらく気持ちよくてボーッとしてしまうからかと存じますが、今年はそうはならないよう気をつけようかと存じます。

先ずは長居しないようジョギングで花々を周り、体を冷やさないようにサウナスーツを着用して、もし止まってしまった時用に腹筋、背筋、スクワットのメニューを用意して……


なんでしょう…純粋に花を楽しめない気がしてきました…。


今年も例年通り、のんびり花見を楽しむ事に致します。

やはりいつも通りが1番でございますね。
Filed under: 桐島 — 11:30

ファクトリー。

お嬢様、ご機嫌麗しゅうございます。

瑞沢でございます。


お嬢様は1日お休みがあると何をされますか?

天気が良いと遠出をされるのもよろしいかと存じます。

普段作らない様な、お料理やお菓子作りに挑戦したり、趣味を1日中楽しむのも明日への活力となりそうですね。



私だと何がしたいでしょうか。ちょっとだけ考えてみました。



読書。作曲。料理、中華や和食や洋食。釣り。山に行く。海に行く。模様替え。掃除。スポーツ観戦。トレーニング。草むらで日向ぼっこ。サバイバル体験。キャンプ。1万ピースパズル。帽子探し。洗濯。花火。温泉。映画館。観劇。眠る。工作。勉強。サイクリング。スポーツ。絵を描く。水泳。モンブラン巡り。天体観測。プラネタリウム作り。発掘。ぼーっとする。


意外とたくさんございました。

たくさんでしょうか?少ないでしょうか?

どれも楽しそうですね。夢が詰まっております。

帽子が好きでして、帽子探しなんて考えだけでワクワクします。

サバイバル体験はいつか必ず。

部屋にプラネタリウムを作るのも楽しそうです。お嬢様とお散歩なんて叶いますでしょうか。


私の頭は夢のファクトリーでございます。
Filed under: 瑞沢 — 09:00

いつまでも同期三人です

お坊ちゃま、お嬢様。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

先日は、私と桐島のエクストラティーでした。
お召し上がり頂きありがとうございます。
不思議な二人、いや、不思議なペンギンとシロクマでございました。
お楽しみ頂けたなら、幸いです。

さて。
毎度申し上げることですが、
言葉が多いことがよいことではない、
私はそう考えております。

逆説的に言えば、
どれだけ言葉を綴ろうと、
人間の気持ちというものは、
表しきれないものだ、とも言えるかもしれませんね。

私たちが、お屋敷の門を叩いて、
二年が経ちました。
記念の、区切りの日は、
くしくも門出の日ともなりました。

やはり、我々に似合うのは、
笑顔、でございます。
皆様もどうか、笑顔で。
皆様の笑顔は、私達の、何よりの宝物でございます。

皆様の笑顔を
手向けの花束として、
浪川に送りたく存じます。
ただ、冗談ぶって、
お預かりした花束を、
えいと、投げつけてしまいそうな気は致しますが。
改まったことは、苦手なものですから。

私達の盃は、
割れることはありません。
ですから、私が、言えることは。

さらば、友よ。
またうまい酒でも飲もう。

だだ、それだけのことにございます。

才木
Filed under: 才木 — 15:00

時間は作るものか、削るものか

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
隈川でございます。

月の頭には執事歌劇団の公演もあり、その間ティーサロンを空けておりましたが無事に屋敷に戻りましたことご報告とともにお礼申し上げます。



ところで、お話は変わりますが最近1日が24時間しかないことにもどかしさを覚えております。

1年間の中で何度か執務に追われ手が回らなくなるタイミングがございます。出来うる限り手元に仕事を残したくないタイプなので、これがなかなかに堪えます。

そんなときによく「あー1日があと5時間延びれば、給仕も稽古も曲作りも溜まった執務も全部出来るのになあ」などと妄想するのです。



…はい、その通りでございます。
そんなことを考えている間に手を動かせば良いのですよね。

「時間を作る」と言いますが厳密には「余計な時間を削る」ことの方が効率的なのかもしれません。


ですが、やっぱり余計に思えるような時間の中にこそ大切なことがあるように感じてしまい、1日の時間が5時間延びる妄想を辞められないのです。


隈川
Filed under: 隈川 — 17:00

不安と期待


お嬢様、ご機嫌麗しゅうございます。
3月は新しい世界への一歩を踏み出す準備の季節でございます。

私は去年の5月より有村と共にセカンドスチュワードを拝命し、もうすぐ1年になろうとしております。
セカンドスチュワードとはハウススチュワードを補佐する執事でございます。
ハウススチュワードが不在の際はお屋敷を任される事もあり、忙しい日々を過ごしております。

新しい事を始めたり環境が変わる事はやはり大変でございます。
慣れるまでは何事も大変でございますからね。
不安で押し潰されてしまう事もあるかと存じますが、不安だからこそ努力しようと思えるのだと思います。
一生懸命に励む事が大切なんだと私は思います。
私のような若輩者が偉そうな事を申してしまいましたね。
ではお嬢様、この辺で失礼致します。
だんだんと陽も長くなり暖かくなって参りましたので、お嬢様も挑戦したかった事にチャレンジしてみてはいかがでございますか?
Filed under: 水瀬 — 08:06

サクラ・サクラ

季節は確実に春に向かっているようです。先日の夜、嘉島は我が家の   
側を歩いていたら、どこからとなく良い香りが漂ってまいりました。
香りを辿っていくと、沈丁花が春を告げるように咲いていました。

もうすぐ、桜の開花の知らせも聞かれる頃ですね。お嬢様方にはいか
がお過ごしですか。まだまだ寒い日がございます。寒暖の差が大きい
時です。くれぐれも気を付けて、ご自愛ください。

嘉島の子供の頃は、桜というと入学式の風景と重なったものですが、
近頃は少し早くなっているようですね。地球温暖化の影響でしょうか。
歳時記の微妙な訂正が必要なようです。もうすぐ桜の季節です。

嘉島は、標準木の一輪、二輪の開花宣言から浮き浮きとした気分が始
まり、三分咲きから五分咲きに掛けては若さの美しさを思い、五分か
ら七分咲きになると、あまりの美しさに亡き人に見せたかったと涙し、

満開を迎えると美のはかなさに思いを馳せ、それからは風よ吹くな!
雨よ降るな!と気を揉み続けて、花吹雪の中に終わり、青葉、若葉が
出てきて、ようやく穏やかな日々に戻る。そんな日々が始まります。

どうやら嘉島には桜好きな日本人のDNAが色濃く残っているようです。
そして、身近な人間を無くしてから、桜がそれまでとは違った見え方
をしてきたことも相まって、年々歳々、桜を心待ちにしております。

また少し前から、今年も桜を見れたという喜びがあることに気が付き
ました。若くて、お元気なお嬢様方には無縁なことを書き連ねてまい
りましたが、桜にはそういう一面もあることをご理解ください。

花が咲くと、東京にはこんなにたくさん桜の木があったのかと驚かさ
れます。年に一度です。お嬢様方も桜色に染まり、思う存分桜を愛で
てくださいませ。
Filed under: 嘉島 — 11:00

悪夢ふたたび

皆様、ご機嫌麗しゅう。
吉川でございます。

我々にとっては悪夢のような時期が今年もやってまいりました。
そうです、花粉症の季節です。
目には見えない微細な物質に身体が侵食され、感覚が麻痺し、正常な判断もままならなくなる、恐怖の現代病、花粉症。
まだ発症されていない方々からすると、「目が痒かったり、くしゃみや鼻水が出るだけじゃないの?」と思われるかもしれませんが、症状として深刻なのは「鼻づまり」です。
これにより、脳に十分な酸素が行き渡らなくなり、思考能力が大幅に奪われてしまうのです。
医学的な根拠はありませんが、明らかにそう感じます。
まるで高地トレーニングでもしているかのような、マスクをしながら有酸素運動をするダイエットを常に行っているかのような、圧倒的な酸素不足感。
特に睡眠中の鼻づまりの恐ろしさたるや!
脳の酸素が足らず、睡眠が浅くなっていることを実感します。
国策によって大量に杉や檜が植えられたことにより発生したとも言われている憎き花粉症、早く公害認定でもされないものでしょうか。
この時期、酸素不足でついついボーッとしてしまうこと、平にご容赦ください。
Filed under: 吉川 — 11:00

和歌

お嬢様
ご機嫌麗しゅうございます。


胡桃沢でございます。




本日は
桜の和歌のお話を致しましょう。


"あしひきの 山桜花 
一目だに 君とし見てば 
我れ恋ひめやも"


山に咲く桜の花を
ほんの一目でも
あなたと一緒に眺められたなら
こんなにも
花が恋しいとは思わないのに。

切ないうたでございますね。


遥か昔の平安時代の方も
想いに耽ると思うと
なんだか不思議な感じが致します。




和歌は
短い文に
想いが沢山込められております。



現代に生きる私たちにも
なるほどと納得いくものや
共感できるものも
沢山ございますので
興味がございましたら
調べてみて下さいませ。



まだ寒いが続きますので
暖かくしておやすみ下さいませ。

Filed under: 胡桃沢 — 09:00

ご挨拶

お嬢様、お坊ちゃまお初にお目にかかります。


この度、大旦那様の命によりティーサロンにて給仕させて頂くことになりました、高垣と申します。


私は世界中を旅している最中、礼拝中の大旦那様にお会いし立ち振る舞いに見惚れ、お屋敷の門を叩かせて頂きました。


過去に犬や猫、小鳥など様々な生き物を飼育しておりましたので給仕の他に庭園、裏山に住まう小動物などのお世話を任されております。


他の使用人と早く肩を並べられるよう日々精進して参りますので以後お見知りおき下さいませ。


それではティーサロンにて、お帰りをお待ちしております。失礼致します。
Filed under: 高垣 — 10:00

楽しい日々

お嬢様、お坊っちゃま

ご機嫌麗しゅうお過ごしでございますか。

日比野でございます。


ティーサロンでお給仕させていただき早いもので3ヶ月が経とうとしております。

近頃は嬉しいことに使用人たちと外出する機会も増えました。


能見、瑞沢、八幡、浅葱、園田、羽瀬、櫛方、鹿野とはそれぞれ食事を

相部屋の洲崎とは夜が明けるまで歌を

司馬の部屋では映画鑑賞会が開かれましたり

水瀬とは近未来の乗り物(セグウェイ)に乗車

緑川、羽瀬とは海賊が支配する島へ冒険に出かけたこともございました。


その他の先輩使用人たちにも日頃たくさんご指導いただいたり、私のくだらないトークに付き合っていただいたりと、そんなエピソードもございまして全くもう書ききれません
!!


詳細はティーサロンでお話しすることにいたしましょう(笑)


日比野
Filed under: 日比野 — 13:00