芽吹く新芽のように

お帰りなさいませ、お嬢様。
お初にお目にかかります、櫛方と申します。
この度、大旦那様よりティーサロンでのお給仕を許されまして、先日よりお仕えしております。
まだまだ勉強の日々ではございますが一生懸命お仕え致します。
なのでどうか温かい目で見ていただければと存じます。

さて、初めての日誌なので簡単な自己紹介をさせていただきます。
いきなり私の最近の趣味から話すのはどうかと思いますが…
もとより食べることがとても好きでございまして、最近はお休みを頂いた際に街角にある精肉店のコロッケを食べ歩くのがとても楽しみでございます。
ああ、一口食べたときの衣のサクサク具合…
その後に広がるじゃがいもの本来の甘みとお肉の香ばしさたるや…
思い出すだけでお腹が空いてまいりますね。
また、動物が好きということもあり動物園にや水族館にも足を運ぶこともしばしば。
可愛らしいものを見ては癒やされるのも一つの楽しみにしています。
その他には音楽を聞いたり、コロッケを食べたり、料理を研究したり、コロッケを食べたりしております。
いずれ美味しい料理についてお話できればなと思っております。

まだまだ寒い日々は続くようで、つい先日では雪も降ってまいりましたね。
その中でも私は雪の下で芽吹くのを待つ新芽の如く、
いずれ大きな花を咲かせられるように誠心誠意お給仕に努めて参りたいと存じます。

それでは、お早いお帰りをお待ちしております。
寒暖差にやられ服選びに戸惑う櫛方でした。
Filed under: 櫛方 — 22:00

使用人の幸せ

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
隈川でございます。

私事ながら、先日伊織から本を借りました。

かつて英国に実在した使用人たちの体験談や歴史、当時の様子などを記した資料です。


自身の命を投げ出し主人の一家を守ろうとした執事の話。

女主人に憧れを抱き、舞踏会に忍び込んだフットマンの話。

おとぎ話の世界の住人に憧れた舞台役者が、屋敷の門を叩き使用人として生きる話。

どの話もとても興味深く、先達のエピソードは大変勉強になりました。

遠い昔の海の向こうの使用人たちの語る言葉に共感を覚え、憧れ、自身の未熟さを恥じつつも、使用人として今生きていることを誇らしく感じる。不思議な感覚を味合わせてくれるとても素晴らしい本でした。



本の一文に「使用人は腕を磨くあまり、自分の技術に誇りを持ちすぎることがある。使用人(サーヴァント)とは常に誰かの為にサービスを行う者であることを忘れてはならない」と書かれておりました言葉は特に印象的でした。

紅茶の腕も給仕も舞台上でのパフォーマンスも、技術を磨くことは手段でしかなく、お嬢様にご満足いただくことこそが目的であることを常に忘れてはいけませんよね。

これからもお嬢様のお役に立てるよう、精進いたします。


隈川
Filed under: 隈川 — 17:00

2月

八幡でございます。
まだまだ寒い日々が続いておりますね。





もういい加減寒いのは良いのではないかとコタツの中で丸まりながら思っております。






個人的にはこのような季節は特に外に出るのがとても寒うございますし、全くもって外に出るメリットを感じておりませんが今年は色々なところに出かけようと思い、初詣に行ってまいりました。
勿論おみくじも引いてまいりました。








結果は凶でございました。








「うわ〜〜最悪だ!!!!!!!!!」








なんて勿論一切思わず無の感情で作業的に凶だったおみくじを結んで自室に戻りました。








では、また来月。
Filed under: 八幡 — 22:10

メッセージカードのご依頼に関しまして

ご機嫌麗しゅう、お嬢様。
執事喫茶スワロウテイルの諏訪野でございます。


当家フットマン、綾瀬へのメッセージカードのご依頼は2月26日20時迄とさせていただきます。

尚、本人からの手渡しは叶わぬ場合がございます。
誠に恐縮ではございますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。



諏訪野
Filed under: 諏訪野 — 23:00

最後まで私らしく

お嬢様ご機嫌麗しゅうございます。
綾瀬にございます。

2月とは言え寒い日々が続いております。
暦の上では春と言う事ですが、この言葉はツチノコ発見と同じくらい信用なりません。
寒さへの備えはまだまだ万全になさって下さいませ。

(more...)
Filed under: 綾瀬 — 21:45

季節柄のご挨拶

ハッピーバレンタイン!
才木でございます。

ホワイトチョコと普通のチョコレートを合わせると
ペンギンだなぁ、などと思っております。

日本のバレンタイン文化みたいなものには、
色々な思惑を感じたりも致しますので、
不気味なところもございますが。
彩られるチョコたちには、罪はありませんね。
(more...)
Filed under: 才木 — 14:14

White Map

ふと歩みを止めた瞬間に梅の薫りが漂う、そんな立春の時候。

来年度に見られる景色に、少し思いを馳せる能見でございます。

お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。



気付かぬうちに2019年も1ヶ月が経ち、動揺が隠し切れません。

今年もあっという間に時間が経過してゆくのだなあと感じます。

あれもこれもと手を伸ばしたいと思うことも多くございますが、

昨年作った土台の上に身の丈に合った建築を行いたく存じます。



本日はとても久し振りに、ドリップコーヒーを淹れてみました。

最近はどうしてもインスタントに頼りがちでございましたので、

落ち着いたタイミングで、と先延ばしにしていた自分もおります。

「トラジャ」にしました。決して名前で選んだ訳ではありませんよ。



湯気と共に室内へと舞い上がる、懐かしいノスタルジックな香り。

考え事をしたいときには、こんな機会もよろしゅうございますね。

ワインのこと、サービスのこと、公演のこと、使用人仲間のこと。

そしてお嬢様のこと。考えなければならないことはいっぱいです。



考え事が多いというのは、ある意味幸せなことなのかも知れません。

あれやこれやと発想を重ねるのは性格柄楽しゅうございますからね。

私は自室のデスクに高く積まれたワインの書籍に手を伸ばしました。

そろそろ、例のワインたちの選定に入らなくてはなりません。



3月のアニバーサリー期間では特別なワインをご用意致します。

昨年と同様、ワンランク上のワインを只今調査中でございます。

ワインリストの確定次第、なるべく早くにご連絡を致しますね。

マダムバタフライとのマリアージュ、どうぞお楽しみ下さいませ。



まだお寒い気候が続いて参りますので、ご油断されませんように。

私はもう少しだけこの書籍との闘いを続けようかと思いますので、

お嬢様はどうぞお先にお休み下さいませ。



能見
Filed under: 能見 — 14:00

古谷でございます

夜深き頃合い。
暗がりのヴェールに包み込まれたならば、
すべてはいっそう研ぎ澄まされてゆくでしょう。








(more...)
Filed under: 古谷 — 00:15

体力

ご機嫌麗しゅうございます。

環でございます。


最近、特に体力の衰えを感じていたので筋力トレーニングを行なっているのですが、具体的にどこを鍛えれば良いか悩んでおります。


今は腕立て伏せ、腹筋、背筋、スクワット(軽く)を行なっておりますが、もう一つくらいあっても良いような気がします。


やはり筋肉と言えば桐島でございますので、彼に聞いてみたところ、



有酸素運動と無酸素運動をバランス良く行うのが良いのだそうです。



うむ、ジョギングもトレーニングに取り入れましょうか。



まずは30分くらいを目安に。


少しずつ習慣にしようかと存じます。



では、また。
Filed under: — 10:00

緑川のため息聞こえるアイス

お嬢様方ご機嫌麗しゅうございます、緑川ではございません平山でございます。


緑川がお嬢様方のためにアイスをご用意するとの事であれこれ考えておりました。
そんな日常の1ページでございます
…………

緑川「あ、平山くん2月にアイスを用意しようと思ってるんだけど、どんなのがいいかな?」
平山「ケーキの次はアイスですか?今度は腹黒アイスがいいんじゃないですか?前は腹黒ケーキですし」
緑川「腹黒じゃないよ、緑川のお腹の中だよ」
平山「同じじゃないですか…」
緑川「まあ、それは置いといて腹黒アイス良いかもね抹茶を使ってクッキー生地で挟んで…
名前どうしようかな?何か良い名前ないかな平山くん?」
平山「天使のため息聞こえるアイスってのはどうですか〜?」
緑川「お、いいねーってどこかで聞いたことあるような…」
平山「あ、バレましたか」
緑川「バレましたかって…あ、緑川のため息聞こえるアイスってのはどうかな?うん、いい、これにしよう!」
平山「え、その名前にするんですか?それだとパkry…」
緑川「リスペクト!オマージュだよ!」
平山「緑川さんのアイスだしそれでいいならいいですけどね、面白い名前だし」

…………
このような感じで緑川アイスのご用意がございます。
プロデューサーFも気に入ったアイスだそうですのでお嬢様方も是非お召し上がりくださいませ。


おや?どこかで緑川のため息が……



平山
Filed under: 平山 — 18:30