隠者のいおり

ふぅー…
ひとまず終わりにしましょう…。



掃除は心の洗濯になります…



が、やはりこの広さを掃除しきるには
まだまだ時間が必要でございます。



ただ必要最低限はこれで整ったので、
一度大旦那様に報告できますね。
喜んでくださるかな…



ここ数ヶ月、私共は
昼食と夕食の給仕を終えた後、
この場所の掃除を毎日欠かさず行ってきました。



しっかり協力してくれる仲間もいれば、
なかなかそう見えない仲間もいたりして。
大変、大変…と言いながら、
なんだかんだ楽しくやって来た気がします。


気付けば、信頼と絆が生まれていました。
そりゃ、丸一日一緒だった日もございますから当たり前かもしれませんが…



何か一つの物事を協力して成し遂げる事が
こんなにも自分の心境に変化をもたらすものだとは…



さて…下準備はある程度整いました。
大旦那様に次のご指示をいただく事としましょう…
Filed under: 百合野 — 16:15

青いバラをたずさえて

燕帰すなどと申しましたら、季違いだろと笑われましょうか。
旅路の果てに、ようやくお屋敷へと帰り着くことができました。
これからは己の足を過信せず、すなおに車を呼ぶことといたします。

お嬢様方、大変お久しゅうございます。
伊織でございます。

(more...)
Filed under: 伊織 — 13:10

恒例の日誌

椎名でございます。
梅雨も明け、夏の到来でございます。
30度を優に越す日々が続いておりますが、体調など崩されてはいらっしゃいませんでしょうか?
汗をかきましたらこまめな水分補給は勿論のこと、多少の塩分の摂取もお忘れになりませんようにご注意ください。

(more...)
Filed under: 椎名 — 21:00

Old MacDonald

藤原でございます。


梅雨が明けましておめでとうございます。
これでようやくお嬢様も海へ山へ本格的な避暑にお出掛けになれるというものでございますね。
もし差し支えなければ是非、藤原もお供させて頂きたいと存じます。
さて話は変わりますが、この暑い暑い季節も『スイカの名産地』を召し上がられれば、涼しくサロンでお過ごし頂ける事間違い無しでございます。


(more...)
Filed under: 藤原 — 21:20

【Leçon12】お知らせ

お嬢様、お坊っちゃま、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。
豪徳寺でございます。

(more...)
Filed under: 豪徳寺 — 22:10

夏到来

司馬でございます。
皆さま、お健やかでいらっしゃいますか?
暑くなってまいりました。いよいよ夏の到来でございます。どうぞ体力を落とさぬよう、しっかり三度のお食事をお召し上がりくださいませ。
私は、生来食い意地が張っておりまして、いままで夏バテになったことなどはございません。
まして、この季節にはこの季節なりの楽しみというものもありまして・・・。
(more...)
Filed under: 司馬 — 21:55

ワインとフットマン

つい先日の豪徳寺執事の日誌ご覧になりましたでしょうか??
今月はリースリングというブドウを使った白ワインを4種類も用意しているのです!!

私はシャルドネちゃんが本命ですが。
リースリングも非常に美しいワインを生み出す高貴な品種でございます。
生産地によって大きく姿を変えるのでその違いを是非お楽しみください。

非常に美味しくて個性的なワインがそろっておりますよ♪

(more...)
Filed under: 大河内 — 22:00

お嬢様への手紙~横浜紀行・壱

我が敬愛せしお嬢様、ご機嫌うるわしゅうございますか?時任でございます。

春も梅雨も何処へやら、世は早くも真夏の装いでございます。
お昼のお使いも命懸けになってまいりました。日陰から日陰へと、陽光に焼かれ
た身体から白煙を上げつつ駆け抜ける日々でございます。
…大旦那様、なぜわざわざ私をお昼のお使いに出すのですか…。

とかく、この季節は体力勝負でございます。
暑さに食欲のわかぬ日もありましょうが、お嬢様がたは太陽ごときに屈服せず、
誇り高くしっかりご飯をお召し上がりくださいませ。

夏の陽射しの下、向日葵のような笑顔を湛えて御戻りになるお嬢様の姿を、お待
ち申し上げております。
その笑顔だけが、私が唯一愛することのできる太陽でございますゆえに。


それでは、この先は例によりて戯言を綴らせていただきます。
どうかお嬢様、この先はお休み前のベットか、退屈な馬車の旅の途中にでもご覧
くださいませ。

(more...)
Filed under: 時任 — 23:35

釣りおバカ日誌

お嬢さま、お坊ちゃま、ご機嫌いかがでしょうか

金澤でございます。



今私はこの日誌を、とある静かな海の船着場で釣竿の穂先を気にしつつ

魚の当たりを待ちながら書いています。



(more...)
Filed under: 金澤 — 22:00

『ささやかな楽園』

 気がつくともう7月、あっという間に今年も半年が過ぎてしまいました。
 お嬢様方はじめ皆様にはいかがお過ごしでしょうか。『早く梅雨が明けない
 かなあ』と嘉島は空を見上げては毎日ため息をついております。

(more...)
Filed under: 嘉島 — 22:00