デザートワイン

ドアマンの藤原でございます。


先日、大旦那様より遣いを申し付かり、お屋敷本館に行った際のことでございます。
当屋敷にはソムリエも雇われており、その方と話をする機会がございましたので、
私はそのソムリエにあるワインを飲んで酷い目にあった話を致しました。
(more...)
Filed under: 藤原 — 21:00

タダシイコトバ

お久しぶりでございます。
やや肌寒い朝に目を覚ましますと、目前まで来た秋を実感いたします。
お嬢様も油断して風邪など引かれませんよう、十分お気をつけくださいませ。

(more...)
Filed under: 椎名 — 21:00

過程

おや、お嬢様…
こんな朝早くご出発のご準備でございますか?
執事から伝えられた予定ではまだお時間に余裕がございますよ?
お嬢様は本当に用意周到でございますね…

肌寒くなって参りましたので、
玄関先にはストールをご準備しておきます。


…もう、すっかり秋でございますね。
(more...)
Filed under: 百合野 — 07:00

鎌足ではございません。

ドアマンの藤原でございます。


大旦那様にお仕えして幾年月が経ちましたが、
いよいよと申しましょうか、遂にと申しましょうか
ティーサロンに遣わされることとなりましてございます。
(more...)
Filed under: 藤原 — 21:00

お月見

お嬢様。
夏も盛りと思うておりましたが、気が付けば暦も流れ、秋の香りが日に日に強くなっております。
それに伴い、夜が纏う香りも変化しつつ御座います。

おやおや。
夜に、香りなどが在るのかと仰せですか?

勿論、御座いますとも。

夏の夜が纏う香りは、例えるなら終わることがない祭。
存在する全てが、生命を燃やしているかのような熱気。
夜闇の中に踏み出すたびに感じるのは、旅に出る前の子供のように胸を躍らせる、根拠なき期待感。
夏と聞くだけで、胸の中に疼くこの歓喜は……おそらく、幼き日に刻まれた「夏休み」という日々への、永遠の憧憬なのでございましょう。

対し、秋の夜が纏うのは、静寂の香り。
頬を撫ぜる夜気は、優しく柔らかく、心地よい羽毛に包まれているような安心感が、秋の夜には御座います。
耳を優しく擽るのは、鈴虫の音色。
柔らかな闇と美しい音色に囲まれる夜は、月を眺めるに一番良い時期で御座います。

そう、秋といえば月。夏の月も良うございますが、静かに冴える秋の月は格別でございます。
こんな夜には、皆が寝静まった後。
そっと窓を開き、お屋敷の屋根の上へと歩み出て。
大きな大きな夜空の中に、静かに輝く月を独り占めにして、たっぷりと月光を浴びるので御座います。


おや。
独り占めはズルイと仰せですか?


それでは、もっとも月の綺麗な夜に、密やかに、お迎えに上がりましょう。

お嬢様の部屋の窓をノックし、月夜の到来をお知らせ致します。
足音を忍ばせて、窓辺へとお寄りくださいませ。
窓を開き黒手袋の手を差し伸べ、月下の世界へお迎え致しましょう。
――さぁ、お出掛けで御座います。

お足元にお気をつけて、こちらへお進みくださいませ。屋根に上るのは初めてで御座いますか?
誰も知らぬ夜の楽園。屋根も尖塔も眼下に広がる薔薇園も、眩しいほどの月明かりが蒼く照らして御座います。
ロイヤルアルバートの“ムーンライトローズ”そのものの眺めで御座いますね。
さぁ、庭園も美しゅうございますが、どうぞお顔を空へとお上げくださいませ。

何処までも漆黒に広がる夜空。振り撒かれた白砂のように輝く星。
そして、その中央で輝くのは、驚くほど大きく夜空を占める、銀色の月でございます。
さぁ、こちらのクッションにお掛けくださいませ。お茶のご用意は整っております。
風邪などお引きになりませんよう、こちらのブランケットをお掛けくださいませ。

カップは勿論、ムーンライトローズをご用意いたしました。
紅茶は……今宵のみ特別でございますよ?水上にお願いして取り置いていた、最後の“アルテミス”で御座います。
おやおや。余りはしゃいではいけませんよ?他の執事に見つかったら大目玉で御座いますからね。
デザートにはアポロをご用意いたしましょう。やはり月見には兎と稲穂、そしてお菓子が欠かせませんからね。


―――この月夜、お気に召して頂けましたか?


もしお喜び頂けたなら、どうかお嬢様のその輝く笑顔をお見せ下さいませ。
お嬢様の笑顔を映せるなら、月もまた本望で御座いましょう。
勿論、このような良き月夜に、お嬢様の笑顔を賜れた時任も、誰よりも幸せ者で御座います。
ええ。その笑顔の力だけで、一週間ほどは辛い陽の光の中でも生きていけそうで御座います。

さて。月の模様を見て、兎が餅つきをしていると表現した方は、素敵な感覚をお持ちですね。
異国の方々は、獅子や狼、ワニや蛙、編み物をするお婆様や酔いどれた神様などを、あの月影に見るそうですよ。
――え?時任にはあの月が何に見えるのか…ですか?
……何にと言われますと………あぁ、やはり月見団子もご用意いたしましょうか?食べたくなってきました。


―――…おや。もう、斯様な時間でございますか。

夜も深くなって参りました。そろそろ、ベットにお戻りになる頃合で御座いますね。
もっと夜を眺めたいと仰せで?…しかしながらお嬢様、私は幾度かお教えしたはずでは御座いませんか?
『楽しくそして美しい。そんな夜の過ごし方は数あれど、最高の夜の過ごし方はただ1つ』…と。
それは、暖かなベッドの中で安らぎ、良き夢の中で遊ぶ。健やかなる眠りという時間だと。

さぁ、お足元にお気を付けて。誰にも気付かれぬよう、そっとベットへお戻りくださいませ。
柔らかな枕と羽毛に包まれたなら…ほうら、まどろみの時が参りましたよ。
……また、月夜のお茶を楽しみましょう。いつでもお迎えに参りますよ。
瞳をお閉じになり、どうかお安らぎ下さいませ。今宵もきっと楽しい夢が、お嬢様を待っておりますよ。


…ご安心してお休み下さいませ。
お嬢様の安らかな眠りと、良き夢をお護りする事が、時任の務めで御座いますれば。
何人たりとも、たとえ夢魔や幽鬼の類にすら、お嬢様の憩いの時に近づけはさせませぬ。
空に月がある間は、お嬢様は時任がお護り致します……………太陽がある間は、自力でお気張り下さいませ。

それでは。
今宵のお嬢様の元に、よい眠りと、良い夢が訪れますように。

月下より、お祈り申し上げます。
                                        時任
Filed under: 時任 — 21:00

〇〇の秋

皆さま、お健やかでいらっしゃいますか?
まだまだ残暑の日差しも厳しゅうございますが、朝夕しだいに涼しくなってまいりました。
お屋敷はもうじき、秋を迎えようとしております。
少々、風邪なども流行り始めているようで、皆様どうぞお体を崩されませぬよう、ご自愛くださいませ。
秋、と申しますとまず思い出されるのが「芸術の秋」・・・・。
(more...)
Filed under: 司馬 — 21:00

ワイン

先日の改装からお屋敷でもワインをご用意しておりますがいかがでございますか?
もう味わって頂けましたか?

食事と互いに味を引き立て合うので特にディナーにはぴったりだと思います。
私は、メルロ・クロ・ドゥ・バル、とコッポラのシャルドネが特に気に入っておりました。


しかし……。
そんなワインのラインナップがはやくも一新されました!
予想以上に召し上がって頂けたので、飽きてしまわれないかと思いまして急いで用意致しました。


さて。今回のテーマはフランス。
(more...)
Filed under: 大河内 — 21:00

お嬢様方へのお願い!!

旅先のお嬢様、別宅でお過ごしのお嬢様、秋の訪れでございます。
如何お過ごしでしょうか、今年の夏はカラッとした日が少なく、体調を崩されたお嬢様がいらっしゃるのではないかと、久しくお目に掛っていない方を案じております藤堂でございます。
(more...)
Filed under: 藤堂 — 10:00

いまはもう秋

「いまはもう秋」という歌詞で始る『誰もいない海』という歌があります。
ダウンロードなど夢のまた夢、 CD も無い嘉島の若い頃にヒットした曲で、
夏から秋へ、ちょうど今の季節にピッタリな歌です。

夏が終り、失ったものを胸に人気(ヒトケ)の無い海辺にたたずむ。セン
チメンタルな歌詞に反し、あくまで明るく澄んだメロディー。それは明る
ければ明るいほど、どこか秋を感じさせる夏の終わりの青空に似ています。
(more...)
Filed under: 嘉島 — 21:00