Barrette

秋の夜長の贅沢な過ごし方を模索し続けること、早十年。

とどのつまりのいきつく先は、毎年変わらずな能見でございます。

お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。



ようやくお屋敷でもお酒のご提供が叶いまして嬉しい限りです。

お嬢様がワインをカクテルを嗜んでいるお姿を拝見できますのも、

感無量と申しましょうか、ソムリエ冥利に尽きるというものです。

厨房ではディナーの再開を、シェフ青木も大層喜んでおりました。



少しずつ、今までの日常に帰ってきているような実感がございます。

目標はボジョレー・ヌーヴォー・カウントダウンパーティーの開催。

来年こそは樽のボジョレーをまた開栓したいと目論んでおります。

その他、カクテルコンペティションも皆で参加しとうございますね。



お屋敷を取り巻く環境が時世により大きく変容していった2021年。

昨年の今頃、一年後はすっかり事態は落ち着いているものだと、

そう思っておりましたが、中々順調には事は運ばないものです。



一年間様々な経験をしましたが、お嬢様とお屋敷が今も存在している。

その事実が、私が使用人であり続けられる理由でございますし、

お嬢様と紡いで参った日々に感謝と尊さを感じざるを得ません。



まずはお嬢様へのひとつ目の恩返しといたしまして、

今月のハロウィン、骨身を惜しまず尽くしましょう。



能見
Filed under: 能見 — 22:00