古谷でございます

華やかに一面を染めるその絶景。
春の温もりと供に美しい桜を堪能できる候。
そんな季節がいよいよ訪れました。



春空から射し込む暖かな陽の輝きに満たされて、咲き誇るこの花は美しく華やかで…




太陽の下で眺める昼間の桜は豪華で実に美しゅうございます。しかしながら私は、日が暮れた頃合いの夜に映る桜もそれはまた風変わりで見ごたえがあるように思えてなりません。



闇夜のなかで朧げに光る薄紅色。浮き世離れした妖艶なる美。



昼の顔とは異なる表情。夕闇に浮かんでは、散ってみせる艶やかな顔。それはあまりにも儚げな風情がございます。




アニバーサリー期間も終えて、今月からティーサロンではお品書きも一新されておりますね。



アフタヌーンティーからディナーまで。春めく彩りも様々な旬の季節のお品の数々をお嬢様のご気分に合わせてご提供させて頂きたく存じます。



ひとつの華が魅せるふたつの表情。華やかな昼と煌びやかな夜。お料理だけでなくそんな空間をも味わって頂けますような、そんな心地へと貴女をエスコートできますように。



夜を彩る桜の眩さに陶酔しながら物思いにふける今宵でございました。



古谷
Filed under: 古谷 — 01:30