紅茶のリキュール

ご機嫌麗しゅうございます。
西槙でございます。

秋が深まり、冬の足音が近づいてくるようなこの季節、お嬢様、お坊ちゃまはいかがお過ごしでいらっしゃるのでしょうか。
季節の変わり目は体調を崩しやすいものでございます故、どうぞしっかりとご自愛くださいませ。

さて、話は変わるのでございますが、実は私、毎年この時期は紅茶のリキュールを漬けておりまして、先日それが完成したのでございます。
この時期に手に入る秋積みの茶葉は力強いコクを持っており、リキュールとして抽出してもしっかりと紅茶の味を感じられるのが特徴でございまして、私の毎年の楽しみの一つでもございます。

このリキュール、ストレートやロックでおいしく頂けるのはもちろんのこと、少量のキュラソーを加えることでアールグレイ風のカクテルにアレンジしたり、お料理やお菓子にアクセントとして用いることもできる優れ物でございます。

作り方も簡単で、ウォッカ100mlに対してお好みの茶葉を7~10g、そして茶葉の2倍の量のお砂糖を入れて密封し、1日一回ほど軽く撹拌させながら10日ほど漬け込んでいただくだけで完成いたします。

もしお気に召していただけそうでしたら、ぜひお作りになってみてくださいませ。


西槙
Filed under: 西槙 — 22:00

震え

ご機嫌麗しゅう。
西槙でございます。

まだまだ至らぬ点ばかりの私ですが、ティーサロンでのお給仕にも少しずつ慣れ、ようやく緊張の震えが収まってきたと存じております。
しかしながら、秋の冷え込みが急に襲ってきたものですから、今度は寒さによる震えが収まらなくなってしまいそうでございます。

そのような中でも、なぜかお嬢様、お坊ちゃまの笑顔を拝見すると不思議と震えが止まり、穏やかな心でお給仕をすることができるのでございます。
きっと私にとってその素敵な笑顔はまさに太陽のように、心を温め和らげてくれるかけがえのないものなのでございましょう。

そんな私の太陽をより多く拝めるように、さらにお給仕の腕を磨き、お嬢様、お坊ちゃまにずっと笑顔で過ごしていただけるような使用人を目指したいと存じます。


西槙


Filed under: 西槙 — 22:00

ご挨拶

お嬢様、お坊ちゃま、お初にお目にかかります。
私、西槙と申します。 この度大旦那様より命を賜り、ティーサロンにてお給仕をさせていただくこととなりました。

まだまだ至らぬ点が多々あると存じますが、お目通りが叶う瞬間を想い日々精進いたします。

それでは、お嬢様、お坊ちゃま、お屋敷にお帰りになられるその日を心よりお待ちいたしております。


西槙
Filed under: 西槙 — 22:00