宝塚花組公演「愛のプレリュード」「Le Paradis !!」

お嬢様お元気でお過ごしの事と存じます。藤堂でございます。






入団して16年花組トップスター真飛聖さんのさよなら公演です。
一番好きな宝塚の花、真飛聖さんが卒業されてゆきます。
爽やかに暖かい風を運んでくれて幸せな気分にして頂いた
素晴らしい花が旅立っていかれる、そのサヨナラ公演を観て
まいりました。



作・演出は大劇場デビューとなる鈴木圭さんです。
「命」という人間の原点がテーマになっています。純粋な愛の
物語、それにこたえて真飛聖さんが、役をしっかり捉え、
一つ一つの表情が感動を呼びます。
物語は1933年のサンタモニカ、主人公のフレディー・クラーク
(真飛)は各地を転々として数年ぶりに故郷の港町サンタモニカ
の帰ってきました。リゾート地としての賑わいを失った
サンタモニカ、そこでボディーガードを依頼してきたクライアント
の家を訪ねます。依頼主は数々の発明品を生み出してきた研究者
ドイル・ローレン、その令嬢キャシー(蘭乃はな)のボディー
ガード、お嬢様育ちのキャシーとフレディーの危なっかしくも
賑やかな楽しい日々、そして次第に心を許し愛が芽生え始めますが
ある事件に巻き込まれてゆきます・・・・・・



「Le Paradis !!」はショーです。
男役のタカラジェンヌがタキシード姿で踊る場面は圧巻です。
大階段で真飛さん、壮一帆さんを中心に男役全員で颯爽と踊る姿は
さすが宝塚といった感じです。それに一場面サービスがあります。
壮さんが真飛さんの相手で女役として踊られます。チャーミング
で色っぽく息もぴったりの楽しいワンシーンです。



フィナーレで何人かのタカラジェンヌが先に抜けロビーで今回の
災害の義援金のお願いをされます。フィナーレの後、タキシード
に着替えられた真飛聖さんが「よろしくお願いします。ありがとう
ございます。」と立って頭を下げていられるのを目の当たりに拝見
し感動しました。
また東宝の舞台に立たれるのか、結婚されて可愛い奥さまに
なられるのかわかりませんが、とにかく乾杯です。



宝塚をお好きなお嬢様、まだご覧になったことのないお嬢様、
ぜひご覧になって楽しい豪華な舞台を堪能してくださいませ。



藤堂
Filed under: 藤堂 — 23:00