宝塚「ロミオとジュリエット」星組公演

宝塚ロミオとジュリエットは世界で最も知れている純愛物語、ウィリアムシェークスピアのミュージカルです。

2010年が初演で柚希礼音さんのロミオ,夢咲ねねさんのジュリエットがとても新鮮でした。2013年の星組公演で新人でロミオ役を演じた礼真琴さんが演じ星組のトップとして再びこのロミオ役に挑みました。
その成長ぶりも今回の見所になっています。

ストーリーはお嬢様方もご存知だとは思います。
イタリアのヴェローナに古くから続く二つの名門モンタギュー家とキャピュレット家は何代にも亘って争いを繰り広げていました。
キャピュレット家では娘のジュリエットとヴェローナ随一の富豪パリス伯爵の縁談が持ち上がっていました。仮面舞踏会で2人を結びつけようとしていた計画がされていたところから、この悲恋の物語がスタートします。

5度目の上演となり初演で「愛」を演じた礼真琴のロミオが非常に新鮮で歌も素晴らしかったです。今回は愛月ひかる、瀬央ゆりあ、天華えま、輝咲遥斗、綺城ひか里、極美慎、碧海さりお、希沙薫が役替わりでみせてくれるのも期待でした。

尚、宝塚ステージで今月から第1回目の2010年からの作品を柚希、夢咲、音月、舞羽、龍真咲、愛希れいか、明日海りお(役替り)、新人公演の珠城りょう、咲妃みゆの懐かしい作品が放映されています。ぜひご覧下さい。

藤堂でした。

Filed under: 藤堂 — 22:00