散策と収穫

敬愛せしお嬢様へ。
本格的な冬へ向けて足踏みしているような、寒いかと思えばそうでもない日々が続いておりますが、お体の調子崩しませんよう、くれぐれもご自愛くださいませ。

なにか最近、堅苦しい日誌ばかり書いているように思いますゆえ、たまにはゆるゆると私事を綴らせていただこうと思います。



お嬢様は休日をどのように過ごされますか?
時任は休日があっても、人との約束や私事のプランをけっこう早期に埋めてしまいます。
だからこそ逆に、時々発生する「降って湧いたような」お休みがあったときに、どうしたら良いか分からなくなることが多うございました。

いつもだったら、こんな日は寝ます。
しかし、眠ろうと思えばいくらでも眠れてしまう冬眠体質の私、うかうか睡魔に身を任せておりますと本気で休日が眠るだけで終わってしまいます。
、、、まぁ、たまにはそれも良いものですが。
それでは勿体無いと思うこともございます。

そんなとき。休日の朝に睡魔の手を振り払ってしっかり朝食を朝風呂を終えた日は、
ふらふらと散歩に出掛けるのが常でございます。
出掛ける先は気まぐれに。
画筆を手に公園を目指すこともあれば、雰囲気のよい街に写真を撮りに行ったり、
魚が食べたい衝動のままに港町に行ったり。

お出掛けと言うのもおこがましいような、その辺の街中を歩き回っていることも多うございます。
無作為に散歩しておりますと、いままで知らなかった謎の場所を見つけたり、良さそうなお店を見つけたり、けっこう楽しいものでございます。
、、、大体見つけるのはバーでございますけれど。

あぁ、でも古着屋を見るのも実は好きでございまして。
そんなに着道楽と言うわけではございませんが、古着屋さんのあの雑然とした感じや、時々掘り出し物のお宝が見つかったりする感じがとても好きでございます。

同様に、雑貨屋を巡るのも好きでございまして。
これもまた雑然とした、コンセプトも国籍も良く分からないような所が特に好みでございます。
がらくたなのか雑貨なのか骨董品なのか。良くわからない面白いものといっぱい出会えますよ。

そうそう、前回雑貨屋を巡りましたときは、的場が売られているのを発見しました。
ハンチング帽を被せれば、間違いなく当家の的場でございます。


鹿野も販売されておりました。
ちょっと浮かれ気味な、ファンシーでキュートな鹿野でございます。


こんな素敵な出会いがあるのが、お散歩の良いところでございますね。
寝床で寝倒していては巡り会えなかった逸品たちでございます。


買いませんけど。


お嬢様も、たまには無目的にふらりと、ご自身の感覚だけに頼ったお散歩など楽しんでみてはいかがでしょうか。
そして、良きものを見つけたら、使用人たちにも話してやってくださいませ。

どうか、よき休日を。







Filed under: 時任 — 22:00