椎名でございます。

暑さも去り、ようやく涼しさを感じることの出来る季節となって参りました。
今年の夏は本当に暑く、周りの話を聞いてみてもあまりの暑さに出ることも億劫に感じ、結局お出掛けする機会が少なかったなんて話もちらほらと。

私自身も同様でございました。
思い立って川を臨める公園に行こうと勇んで出かけはしたものの、あまりの強烈な日差しにひるみ、ワゴン車で来ておりました移動式カフェでアイスコーヒーとかき氷を購入し早々に退散してしまいました。
後は屋敷の庭で趣味のDIYにいそしんだぐらいでございましょうか。

涼しくなってきますと、旅にでも出たくなるのも仕方ございませんが、なかなか気軽に旅行というわけにも参りませんので、ほかの使用人たちと出かける想像だけでもすることといたします。
そんな中で個人的に響いたのが「キャンピングカーでの気ままな旅」でした。
よく人からは旅行計画をしっかり立てそうという印象を持たれるのですが実はその正反対でして、旅行だからこそ気ままに、無計画に過ごすことに意義を感じております。
キャンピングカーはそんな旅の形に非常にしっくりはまりますね。

そこで手に入るわけでもないのにキャンピングカーに関して調べました所、最近の設備に驚嘆するばかりでございました。
勿論ピンキリではございますが、上位クラスの物はまるで移動するホテル・・・むしろ家でございます。
内装備品の豪華さもさることながら、二階建てのものや、電気式稼働で、部屋の幅が拡張するものもございます。(一般的には車の幅、全長=部屋のサイズ)

クーラーは勿論、通常の大型テレビ。
果てはシャワールームまで完備しているのです。
これでは旅行ではなく、車から一歩も出ることなく1日を過ごすことが出来そうで・・・
それでは本末転倒でございますね。

しかしながら、キャンピングーカーには男子のロマンが存分に詰まっていました。
いつか、定年を迎えたらこじんまりとしたキャンピングカーに猫を乗せて、気ままに旅をするのも良いな、と妄想をして、本日は締めくくりたいと存じます。

それでは。
Filed under: 椎名 — 22:00