宝塚宙組公園ミュージカル「オーシャンズ11」

「オーシャンズ11」は2011年11月柚木礼音、夢咲ねね、涼紫央、紅ゆずる、星組で初演され、2013年には蘭寿とむ、蘭乃はな、北翔海莉、望海風斗の花組で再演されました。
今回再再演で、ダニーオーシャン真風涼帆、新人公演でもダニーを演じていた。テスは星風まどか、ラスティ―が芹香斗亜、デリー・ベネディクトが桜木みなと。
脚本、演出は小池修一郎。宝塚の対策は小池修一郎の演出が大変多いです。

初演でテリー演じた紅ゆずるは現在星組のトップ男役、再演でテリーを演じたのが、望海風斗。現在雪組のトップ男役を共に悪役を演じた二人がトップになっている。
それだけやりがいのある役でもあります。
映画のようなハイテクは舞台では望めませんが、ラスベガスにあるホテルのゴージャスさは充分出ていると思います。

服役中の詐欺師ダニー・オーシャンが晴れて仮釈放となる日から始まり、妻テスの弁護士が離婚届を手に面会に訪れた。
テスはラスベガスのホテル王テリー・ベネディクトが新たに建設するホテルのショースターに抜擢され、デビューまでに犯罪歴のあるダニと別れる気だという。テスはベネディクトの新しい恋人だとも言われていた。
今でもテスを愛しているダニーは傷つきつつも壮大な計画を思い描く。ベネディクトが経営するホテルの金庫を破ることだった。
いろんな仲間を集め、その道のプロたちがダニーの誘いに乗って集まった並外れた技術を持つ11人が揃った。
ベネディクトが経営するホテルの金庫を破り、1億5000万ドル。果たしてダニーは成功し、愛する妻テスの子ことを取り戻せるのか、遂に決行される……。

映画とはまた違う、面白いミュージカルです。ご覧になれなかった宝塚ファンのお嬢様、2011年の作品が宝塚ステージで7月24日に放映されます。是非ご覧になって「NEVER GIVE UP」や「JUMP」等の曲も楽しんで下さいませ。

本日はこの辺りで。
藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 22:00