古谷でございます

夜空傾ける杯

映るは空に咲き、そして舞い散る春の紅色









朧月夜に照らされた、昼間みえる華と異なる刹那の絶景








瞬きの如き美しきその妖艶なるその様垣間見て










薄桜の
咲き誇る華やかさと、散りゆく美しさ












ひとつの季節、そしてひとつの刻の儚さが、










夜宵桜に映されて











あまりにも陶酔させられる今宵でございました。

古谷


Filed under: 古谷 — 00:30