ConunDrum

いよいよ曇天が大空一杯に広がる梅雨の時期に入って参りました。

愛車に滴る雫を、ただ眺めるだけの毎日が続く能見でございます。

お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。



この季節、晴れ間を拝見することが叶わぬ日々が多くございます。

お外で優雅なピクニックを、というわけにはなかなか参りません。

低気圧のためか、少し憂鬱になってしまいがちなこの梅雨の季節。

無理に外出なさらず、ティーサロンにてご読書は如何でしょうか。



しかし、何か新しいことを始めるのには、いつも障害はつきもの。

久し振りに書籍を手に取ったが、すっかり鞄の重しになっている。

社会勉強の疲れからか、文字を読むと途端に瞼が重くなってしまう。

そんなお嬢様にもお楽しみ頂ける、素敵な催しをご用意致しました。



今月中旬に東池袋にございます、あうるすぽっと様にて公演予定の

執事歌劇団第13回公演「Suspected Butlers―一夜限りの推理劇―」。

こちらは執事歌劇団初の試みとなるミステリー作品でございます。

ご予定が合いましたら是非お越しいただければ嬉しゅうございます。



使用人たちの思惑が交差する、そんな本公演の推理劇に合わせて、

ティーサロンでもスペシャルな限定ワインをご用意しております。

――コナンドラム――。その名の通り、全て謎に包まれたワイン。

何と葡萄品種やブレンド比率が全くの非公開なワインでございます。



ミステリアスなワイン。その奥底には、鬼が出るか、蛇が出るか。

お嬢様もその中に潜んだ謎を、解き明かして頂ければと存じます。

願わくば、ご読書やご歓談の傍らにグラスをそっと置いていただき、

雨の滴る午後のティータイムに、是非謎解きをお楽しみ下さいませ。



能見
Filed under: 能見 — 10:50