viva positivo!!

微風に乗って仄かに梅薫る如月が到来致しました。
杉や檜の御機嫌を窺い始めた能見でございます。
お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。

すっかり春の気配が辺りを漂い始めておりますね。
温かな季節まであともう少しの辛抱でございます。
三寒四温という言葉通り、油断するのは些か尚早かと。
体調を崩しやすい季節故、お身体をご自愛下さいませ。

昨年は残念ながら春を好きにはなれませんでした。
今年こそは必ずや、と少し意気込んでおりましたが、
ただ無理に頑張り過ぎますと禄なことが起こりません。
果報は寝て待て。気長にゆっくり待つことに致します。

来月には節目と云うべき年度末がやって参りますね。
現在の環境が大きく変容することもあるかと存じます。
変化の中で変わらないものを探し続けるということが、
恐らくは何よりも大変で、何よりも大切なのでしょう。

少し柄にも無いことを申し上げたような気が致します。
ラファエル・ナダルが右利きになってしまったかのような。
無理強いをして肩肘を張るものではございませんね。
これからも私は等身大の精神で参りたいと存じます。

やはり、今年も春は好きになれそうもございません。
思い返せば、南半球では今の季節は丁度夏ですね。
カリナン鉱山のダイアモンドグラスにチリワインを注ぎ、
オージービーフをマウナケアの溶岩で焼き上げましょう。

これで春を過ごすモチベーションが向上致しましたね。
来月からも楽しい季節を満喫出来そうでございます。
少々理論が無理矢理では、と仰いましたでしょうか?
お嬢様、これがエンジョイ勢の生きる術でございますよ。

能見
Filed under: 能見 — 14:00