一人二役~殺したいほどジュテーム~

寒い日が続いています。11月なのに大変な雪に見舞われきっと驚かれた事と存じます。藤堂でございます。本日はサスペンス・コメディー 一人二役です。ロベール・トマ原作で、大地真央、森公美子、益岡徹、山崎一の達者な俳優が演じています。
セリフの量が半端じゃありません。特に大地真央は出突っ張りでよく演じていると感心しました。この作家の「罠」も楽しいサスペンスでしたので大いに期待し楽しく観ました。

ストーリーは1960年代パリ郊外にある豪邸、天涯孤独だが莫大な遺産を相続したフランソワーズ(大地)は、リシャール(益岡)という魅力的な男と結婚した。しかしリシャールが財産目当てでとんでもない男であることが判明しフランソワーズはこの男との生活にすっかり疲れ果て離婚を考え始めていた。
そんなある日家政婦のルイーズ(森)の恋人がリシャールの代わりに投獄された弟のミシェル(益岡の二役)だとわかる。しかもミシェルは兄リシャールと瓜二つ!フランソワーズは夫の留守中に、弁護士サルトーニ(山崎)の目の前で弟ミッシェルに兄リシャールを演じさせ離婚の手続きを済ませてしまおうと企む。ところがミシェルはヘマばかりで上手くいかない。そこへリシャールが予定を早めて帰ってきてしまう…。果たしてフランソワーズが仕組んだ離婚劇は成功するのか?

どうなるのか見ているこちらもハラハラドキドキ逆転逆転の「一人二役」は兎に角面白いです。最後のどんでん返しは想像もしなかった結末です。機会がございましたら是非ご覧下さいませ。日頃の疲れが吹っ飛ぶ楽しさでございます。

12月(年の瀬)も間近でございます。体調を崩されませんように、お元気な姿でご帰宅くださいますのを心よりお待ちしております。
藤堂でございました。
Filed under: 藤堂 — 21:00