1789.-バスティーユの恋人たち-

お嬢様、お元気でお過ごしのことと存じます。藤堂でございます。本日は月組公演の「1789.-バスティーユの恋人たち-」です。2012年にフランスのパリで初演され、その後もフランス各地で上演されてきましたヒットミュージカルです。日本では、宝塚で初めて上演される事になりました。もちろん宝塚バージョンです。



官憲に父親を殺された青年ロナン(龍真咲)を中心にパリに生きた若者たち(凪七瑠海、珠城りょう)、敵役(美弥るりか)が激しく、熱い愛と理想に燃えた青春を、美しく悲しく、やるせない物語を展開させて参ります。

トップ龍真咲の長編新作に対する意欲がすみずみまで行き渡り、歌・芝居・ダンスと自分の個性を生かし実力を発揮している。ヒロインはマリーアントワネット、娘役のトップ愛希れいか、歌に芝居に著しい進歩があり悲劇のヒロインを美しく憂いを秘めた演技で泪を誘う、楽しみな娘役です。そして何よりも龍真咲を中心とした凪七、珠城、美弥、星条、憧花ゆりの、存在のあるチームワークが月組の大きな資産だと思います。

ロナンの恋人となる王太子の養育係オランプの存在が大きく、今回は役替わりで早乙女わかば、海乃美月が配されています。藤堂は早乙女わかばのオランプを観ました。若手有望株でロナンの恋人であり、アントワネットの良き協力者の役を、柔軟な演技で泪を誘います。次回作が楽しみです。フェルゼンを演じている暁千星は新人公演でロナンを演じます。楽しみです。
龍真咲を中心とした月組が次回作でどんな作品を見せてくれるのか楽しみです。先ずはこの群像劇を是非ご覧くださいませ。
本日はこの辺りで失礼いたします。


藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 09:00