逆さま

ご機嫌麗しゅうございます、隈川でございます。

唐突ですが、お嬢様は逆立ちをなさったことはございますか?





最近、食べ物があまりに美味しくてなんでもかんでもモグモグと頂いてしまい、体型こそそれほど変わらないものの少しばかり不節制気味な生活を送っておりました。


そこで、自分自身を戒めなくてならないと一念発起致しまして、普段はあまり自分からは行わない運動を日課にしようと最近ではちびちびと体を動かしております。

そんなある日運動前のストレッチをしているときに、ふと幼少期に『逆立ち』が苦手だったことを思い出しました。

頑張っても頑張ってもよろよろと倒れてしまい、嫌になってしまった『逆立ち』。

大人になり力のついた今ならば出来るのでしょうか?それとも、体が大きく重たくなった分余計に難しくなっているのでしょうか?


よし、試してみましょう。


手をつき、床を蹴り、勢いよく足を上に伸ばす。

いける!

…そう確信したのも束の間。
勢い余って反対側へと傾いてしまいました。
スコーンっと転びます。
背中を打ちます。
悶えます。

一瞬成功しそうな感覚があったので余計に悔しさがこみ上げます…。

ですが、幼少期ほどの難しさは感じません。もう1、2回頑張ってみましょう。


~10分後~

あと少しだけ

~20分後~

何か掴めそうな気がするのですが

~30分後~

…なんだか頭が痛くなってまいりました


そして、
~40分後~


で、で…出来たーーー!!!
少し頭に血が上ってくらくらしますが6秒ほど立っていられました!
誰かに見ていて頂けば良かった!!
重力という楔に逆らい解き放たれたnew!隈川の誕生です!ははははは!






次の日の朝、普段使うことのない部分の筋肉痛に襲われ、夜中のテンションにおかしくなっていた昨晩の自分をうんざりと思い出しながらぷるぷると震える隈川がそこにはおりました。




お嬢様、どうか夜に逆立ちをなさる時には充分にお気をつけくださいませ。



隈川
Filed under: 隈川 — 15:00