濁音

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様、お坊ちゃま。隈川でございます。


未だに至らぬ点も多く、皆様に不便な思いをさせてしまうこともございますが、日々精進しております。





そんな未熟者の私に、執事や先輩方はとても優しく接してくださいます。


屋敷へ来たばかりの頃、映画に詳しい司馬執事の部屋でグルームオブチェインバー大河内と共に司馬執事オススメのDVDを鑑賞しながらお給仕についてお二人からアドバイスをいただいたくという素敵な時間を過ごしたことがございます。


先輩方から頂いたアドバイスや教えをしっかりと活かし、素晴らしいお給仕を目指しこれからも頑張ります。


ところで、


未だに先輩方からですら尋ねられる質問が…


私の名が『くまがわ』なのか『くまかわ』なのか。


私は『くまがわ』でございます。濁った川が正しい読み方でございます。



それでは、お嬢様、お坊ちゃま、そんな『くまがわ』をこれからもどうぞ宜しくお願い致します。
Filed under: 隈川 — 15:00