magia

ご機嫌麗しゅうございます。
お嬢様、お坊ちゃま。
絢辻でございます。

先日はオリジナルカクテル「スワロウテイル魔法の小瓶」をお召し上がりいただき、誠にありがとうございました。


そして直接ご用意する事が叶わなず、不徳の致すところでございます。
ご心配とご不便をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。
今後は一層丈夫な心身を作り上げ、更にお嬢様、お坊ちゃまのお役に立てるよう精進して参ります。
また、私から大旦那様にお願いして、代理として務めてくれた山岡さんにも感謝の意を伝えたいと存じます。


さて、今回の「魔法の小瓶」。ノンアルコールでございましたが、元は「シャルトリューズ」と申します薬草酒をイメージしてございます。
シャルトリューズ修道院で作られたことに由来しまして、この名がつきました。
(余談ではございますが、「シャルトリュー」と申します愛らしゅう猫が居りますがこの猫の名前の由来も同じく地名の「シャルトリューズ」からきております)

以前頂いた際に、このシャルトリューズの独特な香りの虜になりまして、今回時任執事にお願いしてノンアルコールで再現する運びとなりました。

是非とも次の機会にはインアルコールでリベンジをさせて下さいませ。
その際には絶対に、直接ご用意することが叶いますように・・・。
今から、肉体鍛錬とお酒の勉強に励みます。

では、早速走って体力をつけて参ります。

絢辻
Filed under: 絢辻 — 22:00

Peter Pan Syndrome

すごく長い時間を暗闇で過ごした気がする。




気がつくと僕の周りは、お花がたくさんで、
いい匂いのものも、苦い香りのものもある。

虫や鳥が僕の周りを飛び、動物たちは道案内をしてくれる。


足を止めると秘密基地のような洞穴が。
どうやらここがみんなのお家みたいだ。

みんな僕にこの国のことを教えてくれた。
僕の知らない新しい世界。

美しく明るく毎日が冒険の世界。
時には危ない事もあるけれど、
それが日々の刺激になる。

ある日、妖精に出会った。
その子が言うには、空を飛ぶ魔法を僕にもかけてくれるらしい。

不思議な粉をひとふり。足元ふわり。
ぎこちない動きもだんだんと慣れてきた。
調子に乗って高くまで行くとちょっと怖い。



深い色の空に浮かぶ月を見て、ふと思う。

『私は今、どこでなにをしているのか?』

僕は気づいてしまった。

これは夢なのだと。




途端、真っ逆さまに海へ堕ちる。
空には月とあの子の軌跡が残っていた。




出来ることなら、
この夢の時間が醒めることの無いように。そう願ってしまった。

私はなんと不出来な使用人なのか。




人とは成長を重ねる度に肩書きや役職を得る。
反面、将来の像が『なりたいもの』から『なれるもの』へと
幅が狭まっていく。



私には今、素敵な場と素敵な仲間と素敵なお嬢様方がそばにございます。

でも、まだ僕は、空を飛ぶ夢を見たいと、
そう願う時があるのです。



お嬢様にも、同様の経験はございませんか?



(エクストラティー『Tink』、お楽しみいただきありがとうございました!)

羽瀬

Filed under: 羽瀬 — 22:00

暑さにやられて

7月に入りまして
より出番が増えたアイスティーグラスさん。
普段は冷蔵庫の中で快適に過ごす
冷室育ちなだけあって、
少し外に出ただけで汗だくで御座います。
すぐにカランッと弱音を吐くものですから、
ヤカンさんはカンカンです。
どうにか鎮めようと試みますが、
下手に手を出すとヤケドを負ってしまいますので、
ここはポットさんにおまかせ致しましょう。

煮えくり返った腹の内をポットさんが受け止めると、
仕込んでおいた茶葉が香りを放ちます。
そうすると吐き出してスッキリしたのか、
お茶の香りでリラックスしたのか、
ヤカンさんは大人しくなりました。
…が、安心したのも束の間、
今度はポットさんがフタをカタカタ震わせて
笑い出しました。
色白の腹黒さんはティーコジーに籠って
一体何を考えているのでしょうか…。

ポットさんのティーコジーをはぎ取ると
口からブラックジョークが…。
手が焼けますので氷に通してしまうと
アイスティーが出来上がりました。
早速頂きましょう。

桃の甘い香りとスッキリとした渋みが
口の中に広がります。
おかげで頭もスッキリして参りました。
こちらの紅茶は7月からご用意しております、
百合野ブレンドの「眠り姫」で御座います。
アイスティーでも大変美味しゅうございますので、
よろしければお試し下さいませ。

さて、妄想の世界から戻って来れましたので
お給仕を再開致しまs…
おや、またカランと弱音が聞こえて参りました。
Filed under: 日向 — 22:00

D.I.

先月は…
才木とのカクテルD.I.
そしてアーモンドアイス

お召しあがりいただきありがとうございました

カクテルは、ご提供遅くなりご迷惑をおかけし申し訳ございません

スムーズにご提供できるよう
そして…味を更に美味しくなるよう

精進してまいります

雨が続いてございますので
お嬢様、おぼっちゃま
ご帰宅の際、お出かけの際…
足もとにはお気をつけくださいませ


佐々木
Filed under: 佐々木 — 22:00

季節のハーブ

ご機嫌麗しゅうございますお嬢様、お坊ちゃま。蓮見でございます。

季節はもう夏でございますね。日差しが強い日も増え、暑さ対策や日焼けの対策も大切な時期でございます。
雨が降って、日の光も強くなると、お庭の植物もまた元気になってまいります。本日は季節のお花、カモミールについてお話をさせて頂こうと思います。お屋敷で用意してございます紅茶、オルソにも使用されているハーブでございますね。私の菜園でも春に苗を植え育てておりました。先日無事に花も咲き、収穫を終えたところでございます。
さてそのカモミールでございますが、いくつか種類があるのはご存じでしょうか。白い花びらのローマンカモミールにジャーマンカモミール、黄色やオレンジのダイヤーズカモミールなどもございます。今回私が育てていたのはローマンカモミールとジャーマンカモミールでございました。ハーブティーにするのはすっきりとした味わいのジャーマンカモミールを、ローマンカモミールは香りが強めで、お茶にするとほんのり苦みを感じる気がしますので、ポプリなどに加工しようと思っております。それぞれ花を刈り取り、ドライフラワーにして保存いたしました。






カモミールティーはやさしく甘いリンゴのような香りで、ほっと気持ちが落ち着くようでございます。ほどよい薄緑の色も、きれいに出ておりなんだか嬉しくなってまいります。
たくさん収穫できたものではございますが、大事に少しずついただこうと思います。自身で育てたものをしっかりと糧にする、ガーデニングの醍醐味でございますね。
夏はまだ始まったばかりでございます。お知らせしていないものもございますので、次回の報告も楽しみにしてくださいましたら嬉しゅうございます。
それでは、失礼いたします。
蓮見
Filed under: 蓮見 — 22:00

Try

ご機嫌麗しゅうございます。室井でございます。

今月は桐島と2人でカクテルをご用意いたします。私と桐島の共通点として、2人ともラグビー部に所属していた事があるということで、2019年に日本でラグビーワールドカップが開催された際に大会を盛り上げようと京王プラザホテルにて創作されたオリジナルカクテルのひとつ、「スクリューパス」をアレンジした「Try」をお作りいたします。

ベースとなっているスクリュードライバーにパッションフルーツなどを加え、夏らしく爽やかなカクテルでございます。





実は「Try」をご用意する7/27の前日、7/26から7/31までの6日間、オリンピック競技のひとつである7人制ラグビーの試合が開催されます。

試合時間は前後半各7分(大会決勝では前後半10分で行われることもある)、通常の1チーム15人で行われるラグビーと同じ広さのコートを半分以下の人数が縦横無尽に駆け回る非常にハイスピードでスリリングな試合展開が魅力的です。

オリンピックでは12カ国参加し、4チームずつ3つのプールに分かれて総当たり戦を戦ったのち、各プールの上位2チームと3位のチームのうち成績の良かった2チーム、計8チームが決勝トーナメントへ進みます。

日本代表はプールBに入っており、開幕戦では前回大会王者のフィジーと、第二回戦では前回準優勝のイギリスと対戦します。

予選から強大な相手との戦いですが、日本代表も前回大会では4強入りを果たしております。開幕から白熱した試合が予想されますので、是非応援いたしましょう!
Filed under: 室井 — 22:00

トライ

いかがお過ごしでございますか。桐島でございます。

今月は室井くんと初めてカクテルをお嬢様に披露致します。

ラグビーをテーマにスクリュードライバーをベースとしてパッションフルーツを加えたより情熱を込めたカクテルでございます。


全然似ても似つかない2人でございますが唯一の共通点、「ラガーマン」と言うところをお嬢様にお見せできればなぁと存じます。


是非ともお楽しみにしていてくださいませ。

それではお屋敷で、ギフトショップでお会いいたしましょう。
Filed under: 桐島 — 22:00

工場萌え

お嬢様、お坊ちゃま、ご機嫌いかがで御座いましょう、金澤でございます。
暑い日が続きます、お体に十分お気をつけ下さいませ。

さてお嬢様、ふだん音楽はどの様にお聴きでございますか?
お部屋でスピーカーからやヘッドフォンを使ったり、また音だけでなくミュージックビデオやライブ動画を見ながら、ご移動中にイヤホンで聴き流したり等、様々なシチュエーションで音楽を楽しまれていることでしょう。
そこで私がよく行う音楽の楽しみ方の一つをご紹介させていただきます
それは「五感で楽しむ方法」
例えば、楽曲のイメージの場所に行き、その場の空気感を肌で感じながら曲を聴く、これがなかなか良いのです。

行ってまいりました!
東京湾のとある海、対岸に工場地帯、灯りが水面にキラキラと光っています



車にもたれ缶コーヒーを一口
ぬるい夜風を感じなから海の灯を眺めています

『 悲しい色やね 』♪

気持ちはすっかり大阪の南港まで飛んでます
目にごみでも入ったのかな…涙がこぼれました…

夜の工場地帯って綺麗ですよね、私はこの灯りが大好きです。
Filed under: 金澤 — 22:00

嗚呼、憧れのグリルミートプレス

皆様、ご機嫌麗しゅう。
吉川でございます。

本物を知ってしまったが故に代用品では物足りなくなる、そんな経験はございませんか?
私にとっての本物、それは『グリルミートプレス』です。
皮をパリパリにするチキンソテーのレシピを調べてみると、ほぼ共通して「鶏肉の皮を下にしてフライパンに置き、アルミホイルを乗せ、その上に水を入れた鍋などを置く」と出てきます。
この「アルミホイルと鍋」というのがそもそもグリルミートプレスの代用品だったということに、つい最近気付いてしまったのです。

グリルミートプレスとは、元々はアウトドア用品なのでしょうか、キャンプやバーベキューで使うもののようで、一言で表現すると「取っ手の付いた重い鉄板」。
昔のアイロンのような風貌ですが、角型の他に丸型もあるようです。
これを鶏肉の上に乗せて焼くことで、簡単に皮パリパリのチキンソテーが作れるとのこと。
ステーキなどにも使えるようで、凹凸のある網やプレートの上で焼いた場合は肉に焼き目が付いて美味しそうに見えるという効果もあるそうです。

値段もお手頃ですし、正直、今までの私でしたら即購入していたでしょう。
しかし今一歩踏み出せないのは、シンプルに「邪魔では?」という懸念。
何せ取っ手の付いた重い鉄板なので、グリルミート以外の用途が見当たりません。
ネットで使用動画を見てみると、「パリパリのベーコンが焼ける」「イカが反り返らずに焼ける」など別の焼き物も紹介されていますが、そもそもベーコンもイカも私の日常では頻繁に焼きません。
取っ手の付いた重い鉄板がキッチンにある生活……。
それで日々の暮らしが豊かになるのでしょうか、否、邪魔に感じてくるであろうことは明白です。
本物が全てではない、代用品だっていいじゃないか、そう思いながらも、人生で一度くらいはグリルミートプレスを使ってみたいと思っている私なのでありました。
Filed under: 吉川 — 22:00

そろそろ冷たいものでも。

司馬でございます。皆様、お健やかでいらっしゃいますか?

汗のにじむムシムシとした陽気が、たびたびやってくるようになってきました。夏本番も間近でございますね。

暑い日には、熱い飲み物をお口になされれば、発汗を促して体温が下がり、結果、涼しくなってまいります。体調維持の観点からも、ぜひとも、熱々のホットティーを・・・。

などと申しあげたいところでございますが、ここ数年ほどの暑さはとても耐えきれるものではございません。また、あまりにも暑すぎるときには、逆効果になることもあります。やせ我慢は禁物ですね。涼しく整えたお部屋で、冷たいデザートなどお召し上がりになるのが、やはり一番でございます。

ちなみに、司馬は小さい頃より、アイスが大好きでございました。

砂糖水を凍らせた駄菓子のようなものから、牛乳をたっぷりと使い、フレーバーや果実もふんだんに合わせた上質なものまで、どれも目がございません。

濃厚なチョコレートアイスにチョコチップを加えたものを以前は偏愛しておりましたが、ここのところ、シンプルなバニラアイスの魅力を再発見しております。暑さはなかなかに辛いものがございますが、今年もアイス三昧を楽しめると思いますと、また夏本番の到来も待ち遠しいものでございます。

お嬢様方は、冷たいスイーツといえば、なにを思い浮かべられますか?やはり、アイスクリームやシャーベット?それとも、昨今主流となっております、ふわふわのかき氷。趣向を変えて、和スイーツの水まんじゅうなども粋でございますね。

では、お望みの冷たいものをご用意しておきましょう。日差しを避けつつ、お早くご帰宅くださいませ。
Filed under: 司馬 — 22:00