うるう

あの森に 行っては いけません
うるう という おばけが 出ますから
高い 高い 木の上で
うるう うるう と 泣いている
おばけが 出ますから

ご機嫌麗しゅうございます。
日比野でございます。


冒頭に記した言葉たちは
パフォーミングアーティストで
絵本作家でもある
小林賢太郎様の

「うるうの森」

という作品の一節です。
閏年にだけ舞台が上演されるのですが、今年も拝見しに行く事が叶いました。

森に住む
4年に一度しか歳をとらない
うるう人

街に住む
うるう日に生まれた
普通の男の子

二人が友だちになったなら…

いつも一つだけ足りない、
いつも一つだけ余る。

でもその一つは、
特別な一つなのかもしれません。

全編小林賢太郎様のほぼひとり舞台。
楽曲のほとんどは、
舞台端にいるたったひとりのチェリストが全て奏でます。

今宵は4年に一度の「うるう日」
1年間に、おおよそ6時間ほどズレてしまう暦と地球の誤差を修正する為に存在する日そうでございます。

そんな特別な年を
大切なお嬢様やお坊ちゃまと
過ごせる使用人は幸せ者ですね。

ズレてしまうから
特別な時間が生まれる。

普段の何気ないお時間も
お嬢様やお坊ちゃまと過ごせたなら
それは大切な思い出に変わります。

すれ違うお時間も
心が通いあえた時を幸せに感じるために、あるのかもしれませんね。

そういえば

先日いつもの様に
とある洞窟でカラフルな石を
拾っておりましたら…

見つけてしまったのです。
「秘密の庭」を

目の前に広がる美しい芝生
ローズマリーやラベンダーの香り
バラも少し咲いている様子
少し奥までお散歩しますと、
かわいいウサギたちにも出会えます。

まるでふわふわした夢の世界。
不思議と心まで軽くなってきたような。

お疲れの時や、落ち込んだ時は
秘密の庭へお連れ致しましょう。

お庭への行き方は
使用人たちへ伝えてありますからね。
Filed under: 日比野 — 22:00

ネコ

椎名でございます。
少しづつ暖かくなってまいりまして、春の訪れを実感しつつある今日この頃でございます。

先日お屋敷にてお出しいたしましたフロマージュReも沢山のお嬢様にお召し上げり頂き、
美味しかったとのお言葉も賜りました事、心より感謝いたします。
また機会がございましたら実は他にもまだお出ししたいケーキがございますので、
ぜひお楽しみお待ちいただければと存じます。

さて、2月と申しますと22日。
猫の日がございます。
私といたしましてはこの日は国民の祝日にしてよいのではと常々思っておるくらいの猫好きを自負してございますが、今年は休日と猫の日に相応しい日となりました。
街でも、そして様々なコンテンツでも猫が登場いたしまして、大変うれしゅうございます。
この日用にグッズを販売しているお店も多く見かけますね。
この歴史は意外に古く、日本では1987年に制定されたそうです。
実は世界各国でも様々な日に制定されているんですよ。

最近は特に某動画でもご紹介頂きました影響か「ハムの人」ならぬ「ネコの人」とお言葉を頂戴する事も多くございます。
そんなネコの人が考案した「椎名クッキー」を2月22日よりGiftShopでご用意いたしました。
GiftShopにお立ち寄り頂きました際には、宜しければぜひお手にお取りくださいませ。


所でお嬢様は猫をの部位でどこがお好きでございますか?
肉球なども魅力たっぷりでございますが、私は密かに好んでおりますのが、猫のあごの先でございます。
喉元はフワフワですが、あごの先は毛も短くサクサクとしております。
あの感触はどの部位でも味わえない魅力がございます。
ただ、あごはニキビができたりと意外とデリケートな場所ですので注意が必要です。
あまり触り過ぎないようにしないと猫がかわいそうですね。

それでは。

Filed under: 椎名 — 22:00

不屈の紅茶愛

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございます。

2月にはバレンタインが御座いましたね。

バレンタインと申しますと歩兵戦車、、

という事でイギリスの戦車について調べておりますと、
なにやら戦車の車内で紅茶が作れるそうでは御座いませんか!!

その昔、ノルマンディー作戦で上陸したイギリス機甲部隊が車外にてモーニングティーをしておりましたら、ドイツ軍に襲撃され壊滅状態になってしまったとの事です。

こちらを教訓として、センチュリオン戦車から給湯機を搭載し、車内で紅茶を淹れられる様になったそうで御座います。

ですが戦車の車内は大変狭く安全性と結露防止の為、お湯の温度は83度が限界の様で御座います、、、が、緑茶を淹れるには適した温度で御座いますね。

もし、戦車内でティータイムをなされる際、私は緑茶をオススメ致します。
Filed under: 日向 — 22:00

男のロマン

ご機嫌麗しゅうございます。
環でございます。

お嬢様はあまりお考えになったことがないかと存じますが、世の中には火起こしという自然にあるものを使い火を起こすという技術がございます。

何故そのような話をするかと申しますと、以前キャンプの話を瑞沢としていたらやっぱり男の憧れは火起こしだという結論に至りまして、自分の力だけで火種が作れる人はすごいなという話をしていました。


そして詳しく調べてみたところ、いくつかの方法を見つけました。

まずは木だけを使って火種を作り、それを藁など柔らかくて燃えやすい木材に移す方法でございます。

かなり原始的な方法でございますが、細くて長い木の棒をもう一方の石などで穴を開けた木の板に合わせ、ひたすら火種が出来るまで両手を使ってドリルのように擦り合わせるといった方法でございます。

おそらくお嬢様も何かしらの媒体で見聞きしたことがあるかと存じます。

材料は自然にあるものだけで簡単に用意出来る方法なのですが木の相性やコツもあるそうで、難易度はかなり高いかと思われます。


そして他にも珍しい火のつけ方がございます。

それは太陽の光とレンズで焦点を作り、そこに藁を置いて自然に発火させる方法です。

こちらは技術を必要とせず、しかも準備が完了したら後は待つだけという至ってシンプルな方法でございます。

ただ、レンズをどこから調達するかが問題となるのですが、こればかりは人工的なものを使用しなければなりません。


例えば透明な瓶の底。

丁寧に瓶底以外を砕いてピックアップ、それをレンズ代わりとして使用するのだそうです。

その他にも、水を入れたペットボトルでも代用出来るという変わったレンズの作り方もございました。


どの火起こしも実際にやってみなければその難しさは分からないのですが、いつかキャンプをで火を起こす機会があれば、そのとき瑞沢と二人でこっそり体験してみようかと思います。


男のロマン。

お嬢様は決して火には近づかず、我々にお任せくださいませ。

それでは。
Filed under: — 22:00

2月の朝

雲ひとつ無い青空
空気が澄んでいてとっても清々しい朝

この最高な気分をお嬢様に伝えたくてお屋敷の庭で写真を撮りました。


今日も1日この空の下で頑張っておられるお嬢様

お茶でも召し上がってちょっと一息を忘れずに

力の入れすぎは直ぐに疲れてしまいますので。

『 みんな空の下 』♪
Filed under: 金澤 — 22:00

冬のファンタジー

影山でございます。


2月最終日にわたくしと桐島によるエクストラティー


『冬のファンタジー』

をご用意させて頂きます。


今回はわたくしがクッピーを試作していた時に生まれた

もう一つのクッピーをベースにしてお作り致します。



エクストラティーは8カ月ぶりになるのでしょうか。

前回はあたふたしながら一日が終わってしまいましたので、

今回はしっかりと準備と心構えを行い当日を迎えたいと存じます。


お嬢様、お坊っちゃまのお帰りをお待ちしております!
Filed under: 影山 — 22:00

Highroad from Scratch

年明け早々に鞄を新調致しまして、幾分か馴染んで参りました。

今年も花粉症は気持ちで打ち克つ予定の能見でございます。

お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。



梅の薫りが包み込み、すっかり春の足音が聴こえる時候です。

冬の寒さも和らぎまして、日差しも少しずつ暖かくなりました。

本年のお花見はどちらへと参りましょうか。春休みのご予定は?

お嬢様も新年度に向けまして、しっかりとご計画下さいませ。



さて春と云えば、3月24日。お屋敷の誕生日でございます。

ティーサロンが設立されまして、今年で14年が経ちます。

創成期からお給仕をしております椎名や大河内の表情を横目に

拝見しますと、ティーサロンの歴史に感慨深さを感じます。



今年は3月14日から31日までがアニバーサリー期間でございます。

期間限定の特別なお食事を思案中でございまして、本年度は何と!

ゴージャスでスペシャリティーなアンナマリアを予定しております。

シェフやパティシエたちの思いのこもったお料理を是非お楽しみに。



また、お土産は本革のアクセサリーケースをご用意致しました。

非常に使い勝手も良く、持ち運びにも便利なケースでございます。

使用用途は若干異なりますが、個人的なディスプレイ用のために、

ワインのコルク置きとして使いたいなあ、とも考えてございます。



能見
Filed under: 能見 — 22:00

チョコレート

ご機嫌麗しゅうございますお嬢様
山岡でございます


もう年が明けてひと月経ってしまいましたね
相変わらず時が過ぎるのはあっという間でございますね


今月はバレンタインがあるということもあり
チョコレートの季節でございますね


お嬢様は今年はお手製のチョコレートを
お作りになりますか??


私も遠い昔には簡単なガナッシュやトリュフを
お作りさせて頂いていた記憶がございますが
近年はもうめっきりでございます


おっと、チョコレートの事を考えながら
この日誌を綴っていたら今ちょうど頭の中で
BRADIO様のchocolate flavorが流れてまいりました


男性目線の曲ではございますが
心地よい曲でございます
チョコレートをお作りする際の
BGMにいかがでございましょう


それでは
Filed under: 山岡 — 22:00

ご挨拶

ご機嫌麗しゅうございます。お嬢様、お坊ちゃま。この度当家の使用人をお仕えさせていただく「羽川」(はねかわ)でございます。

2020年という東京オリンピックが開催される特別な1年にこうしてお仕えできることを光栄に思います。
まだまだ勉強の毎日ではございますがお嬢様、お坊ちゃまに幸せなお時間を過ごしてもらえるよう精進いたします。

さて、最近は新型肺炎やインフルエンザが流行っておりますがマスクが足りないという非常事態でございます。転売などで買い占めている輩がいる事に私は大変憤りを感じております。この際、マスクが買えないことはもう仕方がないと考えて、手洗いうがい、そしてこまめな水分補給を私はオススメ致します。菌は胃に入ると胃酸で死滅することが有効であるといわれているので、30分~1時間に水分補給をし胃で菌をやっつけてしまいましょう。当家では受付の際アルコールを置いていますのでそちらでしっかりと除菌をし、ご安心をしてご帰宅くださいませ。
私を含め使用人一同、ウイルスなどには負けず笑顔でお嬢様、お坊ちゃまにお仕えできるよう細心の注意をはらって健康管理をいたします。

羽川
Filed under: 羽川 — 22:00

お茶だけというのは

1月のうちに初詣をしなかったもので、
2月になってようやくお参りに行くことができました。
おみくじの結果は中吉。
まあまあの結果でございましたが、
忠告として胸に刻んでおきましょう。
五円玉を投げて、拝みます。
なむなむ。


2月は早く過ぎてしまうイメージがあります。


月の日数が顕著ですね。

28日で終わる月が2月しかないのは、ローマ時代の暦に由来するそうです。

それでも今年はうるう年ですから、
1日多い29日間。

その一日を以て長くなったと感ぜるか、それでも短いと感じるのかは、日々の過ごし方で変わるのでしょうか。

目標に向かい邁進する者と、現状を惰性に過ごす者では、時間の加速度が異なるのも必然。

邁進する者には激励をし、惰性の者には叱咤出来る人間でありたいものです。

自分のことは棚に上げて。
それはもう、神棚の如く。
なむなむ。


さて。
お嬢様はコンビニエンスなストアをご存知にございますでしょうか?
庶民には欠かせないブティックにございます。
私もコンビニエンスストアによく寄らせて頂く機会に恵まれ、並んでいる商品を眺めるのが好きなのですが……その中には、お茶を使った物も多く用意されておりました。

抹茶味のチョコレートや紅茶を使ったシフォンケーキ、ほうじ茶のチーズティー、なんてものもあるではないですか。

ふと思ったのです。

1ヶ月くらいならお茶を使ったものしか食べない、飲まない、ということも可能ではないのだろうか……と。

2020年、新たな挑戦として相応しいと意気込み、始めてみたものの……。

予想以上に、過酷な挑戦でございます。

まず市販のお茶を使った物には、甘いものがほとんどで、嫌いではないですが、些か糖分の過剰摂取になります。
基本自炊となり、色々なアレンジレシピを楽しめるのですが、仲の良い使用人仲間とご飯を食べに行くこともできないという、私にとって非常に苦しい日々です。

それでも、自分の決めたことを最後までやり切るという決意は揺ぎません。
走り抜けた後に見える景色というのもあるでしょうから。

という訳で、
最近お茶を使った料理やデザートにハマっている浅葱にございました。

また、来月にでも挑戦の軌跡を見せとうございます。
Filed under: 浅葱 — 22:00