オールバックと1年

お嬢様、お坊ちゃま。
奥様、旦那様。
ご機嫌麗しゅうございます。
才木でございます。

近頃、前髪が現れている私でごさいますが、
その経緯を皆様にもお伝え出来ればと思い、
筆をとった次第です。

とある日のことです。
お給仕に向けて、支度を整えていた私。

私「(これは……)」

まとまらない髪に言葉を失う私です。
そもそも執事としての名を頂くのと同時に、
大旦那様に決めて頂くものですから、おいそれと変えるわけに参りません。

前髪を恨みながら、ティーサロンに向かいました。
1日くらいでしたら、大目に見て頂けるのではと。

浪川や佐々木などは、大丈夫と言ってくれますが、
そう思っても、やはり気は休まりませんでしたが。

ティーサロンに着きますと、水瀬に出会いました。
ファーストフットマンであり、寮長でもあり、日頃は燕尾服の管理も仰せつかっている水瀬ですから、
私達の身だしなみには、厳しい。それがお務めですから当然ですが。
叱責の一言程度は覚悟しながら、声をかけました。

私「おはようございます」
水瀬「おはよう、才木くん……あれ?」
私「な、何でしょう」
水瀬「普段と少し違うね」
私「滅相もございません、そんなそんな、さて今日もお務め頑張るぞー」
水瀬「ああ、前髪か」

万事休すです。
四面楚歌、ああ哀れなり。

私「違うんです、これは勝手にその、」
水瀬「いいと思うよ」

水瀬は去っていきました。
あまり状況が飲み込めません。
もしかしたら、自身が思うよりも、微細な変化で、気づかれていないということなのかも知れません。
支離滅裂ですが、そんな考えに至りました。

佐々木に確認してみると、バッチリだよ、などと返ってきました。
ありがとうございます。
しかし、いま求めているのは、優しい一言ではないのです。

佐々木から聞いたのか、何やら慌てている私を見て、
浪川がやって参りました。

浪川「そんなに気になるなら、大旦那様に聞いてみたら?」
私「いや、でも、こんな些事で大旦那様を煩わせる訳には……」
浪川「きっと聞いてくれるよ、多分」

良い奴です。
切り替えの早い私は、御所望の本を届ける際に、大旦那様に伺う事に致しました。

私「少々よろしいでしょうか」
大旦那様「どうした」
私「かくかくしかじか、という訳で、この前髪なのです」
大旦那様「ほお」
私「お許し頂けるでしょうか……?」
大旦那様「……いいんじゃないか」
私「ありがとうございます」

流石大旦那様でございます。
寛大なお心でお許しを下さいました。
そもそも「そこまで気にせずとも」のような顔をされていたのが、気にはかかりますが。
何はともあれそのようなことで、ニュー才木が生まれた訳です。変化としては微細すぎて、8分の1ニュー才木くらいなあれですけども。

与太話はこのくらいで、脇に置き。
ティーサロンのアニバーサリー期間などもありますが、
私達同期3人も4月8日で、丁度1年が経つようです。
時の流れというのは、不思議なもので、
常にそこにあるのは確かですが
私達に何も感じせずに、過ぎ去って参ります。
だからといって、無味乾燥に過ごすのは、悲しいものです。
より誠実に、より楽しく。彩り豊かに参りたいものですね。

一先ず春ですから。
桜色で、華やかに。
花より団子。私は、花より酒と言ったところです。

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

才木
Filed under: 才木 — 14:25

少し不器用な私のベストフレンド

もう4月でございます。
お屋敷のフットマンとして仕えるようになってから一年が経ちました。
頼りない私にも自然と後輩が増え、より一層お給仕に精を出さなければと奮起する毎日を過ごしております。
私の持っていない魅力を持つ、たくさんの使用人。彼らの存在は大きく、そして私自身の小ささに打ちひしがれる毎日でした。これからの一年もたくさんの試練、そして素晴らしい思い出を共に過ごしたいと浅葱は新たに決意致しました。
今日は昨日よりも素晴らしい使用人に。明日は今日よりも素晴らしい使用人になれるように。
浅葱はこれからもお嬢様にお仕えしとうございます。

本来であれば滑稽話のひとつやふたつ。
はたまた謎の事件を綴るところではございますが。
なかなか筆が進まず、今月は私自身のことを綴らせてくださいませ。
先日、すこし哀しい出来事がございました。

いつも傍におり、
大きくてごつごつとした、
アホウで、
不器用ながらも優しく、
誰よりも私を理解してくれた存在。
そしてお互いに切磋琢磨した、
私の……ベストフレンド。
彼は急に私の前からいなくなってしまいました。





お茶碗の話でございます。



体だけ大きくて、ゴツゴツとしていて、そしてすこし歪んだアホなところが私の手によく馴染んだお茶碗でございました。
彼が私の前に現れたのは去年の4月。まだ不慣れなお給仕に振り回されていたそんな時、彼は持ち前の明るさと人当たりの良さを発揮して存在感がありました。子どもっぽくもあり、大人っぽくもあり、賢くは……ありませんでしたが、そのアホさが人に好かれる素晴らしいお茶碗です。
最初の頃はお互いに遠慮していたところもございました。少しずつ、少しずつ、距離を詰めていって、軽口を言い合いながら、何も言わなくなくてもお互いの空気感を分かり合えるようになり、気づけばいつも一緒におりました。
彼は私の持ってない魅力を持っていました。
私の持っていないユーモアと優しさ、そしてアホさを。
例えばこんなところでございます。
私はあまり食べる人間ではありませんので、彼がお茶碗いっぱいにご飯を盛って「これぐらい余裕でしょう、浅葱さん」とよく無茶振りをしてきます。私のキャパシティでは到底無理そうな量にタジタジになるのですが、得意げな彼の期待に応えられない自分でいるのは嫌だと、私はその度に必死に頭を捻って対処致しました。時に素っ気なく、時に無茶振りを返して、時にムキになって。
彼はすべてを優しく応えてくれました。
周囲からみて私達の関係はどう見えていたでしょう?
何かと比べられることが多ございました。
私だけを褒められる時もございました。その時、私は少し口惜しい思いを致しました。もっと彼のことを見て欲しいと。
彼だけが褒められることもございました。その時、私は死ぬほど口惜しかったのです。彼には負けたくないと。
素直に馴れ合う関係とは少し違いました。お互いに認め合っていたとは思いますが、どこかで負けたくないと対抗するライバル関係でもあり、私は冷たくあしらっているように見えたかもしれません。ぶつかり合うこともございました。私が彼に怒ることもありましたし、彼が私に怒ることもありました。
犬猿の仲でございました。私が犬でございます。……そういうと「んふふ、また戯言を。私が犬でございます」と彼は言いました。
彼は私の前からサル、もうイヌ。なんちゃって。
「つまらないですねえ」とツッコまれる気がします。

急にいなくなってしまったのは寂しゅうございますが、思い出の中で、そして浅葱の中で彼がいたことは消えません。忘れません。
お嬢様、もしも寂しい思いを致しましたら、私の中に彼を思い出して頂ければと存じます。
浅葱は彼のことを忘れずに歩いて行きます。


そして、最後に。
ありがとう。
今まですごく楽しかった。
君がいてくれたから、浅葱は今ここにおります。
浅葱はここにおります。
またいつか。




それでは、
当月もお嬢様にとって素敵な月であらんことを。

浅葱
Filed under: 浅葱 — 15:30

黒い現と白い夢(仮)

黒崎にとって黒は白であり

白は黒なのです

もっとも、この世界においては

黒は黒なのでしょうが...




はじめに


さて、このお話をする前に、お嬢様に少しだけ断わっておかなければなりません。

(more...)
Filed under: 黒崎 — 17:08

この不確かな今日を変えてゆける

お屋敷の庭園で初蝶を見かけ、本格的な春の訪れを嬉しく感じております。

お嬢様、いかがお過ごしでしょうか。
汐見でございます。


3月といえば、卒業のお祝いがあったり、新生活が始まる方がいらっしゃったりと、環境が変わる一つの区切りの時期でございますね。

また、私が尊敬する偉人の一人、「アルベルト・アインシュタイン」が生まれた月でもございます。


相対性理論など様々な理論を提唱し、現代物理学の基礎を築いたアインシュタインでございますが、素敵な格言も数多く残しております。

その中でも、私が特にお気に入りのものが

*「人生には二つの道しかない。一つは奇跡などまったく存在しないかの様に生きること。もう一つはすべてが奇跡であるかの様に生きること。」*
*「一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である。」*

の二つでございます。

どちらのお言葉も、何かうまくいかない時、落ち込んだ時に「トンッ」と背中を押してくれるような、前向きな気持ちにさせてくれるからでございます。


3月は変化の時期……。

私も失敗を恐れず新しいことに挑戦し、それを糧にして、お嬢様にお給仕するにふさわしい使用人に一日も早くなれるよう精進して参りますので、どうか見守っていてくださいませ。
Filed under: 汐見 — 18:45

Dendrobium

お嬢様、花粉の季節でございます。使用人の中には物凄い花粉症の者もおりますが、花粉症と未だに認めたくない程度の者もおります。どちらにせよ花粉症の使用人が多くおりますがこの度はまた花の話題です。藤原でございます。
(more...)
Filed under: 藤原 — 22:22

胡桃沢でございます。

お嬢様
ご機嫌麗しゅうございます。


胡桃沢でございます。





もう春が近づいてまいりましたね。




桜の季節でございます。





私は最近
幼い頃
祖父と一緒に歩いた
桜並木をよく思い出します。






風が吹くと
桜の花びらが舞い
なんて素敵な季節なんだろうと
幼いながら
感じていた気が致します。







大人になった

どう感じるのか
また行ってみとうございますね。





お屋敷には
桜をモチーフにした
ティーカップが沢山ございます。







チェーホフと共に
是非使ってみて下さいませ。






桜吹雪と共に
花粉も元気に舞っているようでございます。
花粉はお肌にも
よくないものでございますので
お出かけの際は
マスクをしっかりされて下さいませね。



さて。
私はこれから
桐島とお花見に行ってまいります。
触れたい枝がございましたら
桐島に肩車をしてもらいましょう。ふふ









Filed under: 胡桃沢 — 13:30

ランチタイムジャック

お嬢様、ご友人とお食事に出かけられる時どのように行き先を決めておられますか?



最近嬉しい事にお屋敷のメンバーと食事をする機会が増えました。

しかしながら、面白い程皆食べ物の好みが分かれます。



ですのでお店を決めるが大変。



そんな中、使用人皆共通して比較的好きな食べ物がある事に気がつきました。



それは…
「カレー」でございます。


カレーは古来から代謝を良くし、万病を予防すると言われている食べ物。
我々にとっては心強く、さらには美味であるといういわば隙のない存在。
皆が好むはずでございます。



たった一つの弱点を除いては…



それは休憩中の出来事でございました。

外に食事を食べに行く者、使用人宿舎からお弁当を持参する者、皆食事の方法はそれぞれでございますが
絶対にやってはいけない事をしている使用人がおりました。



その方は誰よりも早く休憩室で食事を取っているにも関わらず持参しているお弁当が毎回…



カレー…。




…はい。
お嬢様、お気づきでございましょうか。
これは何よりの重罪でございます。


なぜなら休憩しに来た使用人が皆その香りに誘われ
その後の食事がカレーに強制決定してしまう事態が起きるのでございます。



♪ゴーンゴーン…♪(お昼の時計の鐘の音)

さーて、本日は何を食べましょうかね

頭の中の使用人A
『和食が良うございますね。』

頭の中の使用人B
『いやいや、昨日も和食でしたから本日はイタリアンで。』

頭の中の使用人C
『ちょっとちょっと、今日こそはしっかりと中華でございますよ〜!』

そこに…
〜♫休憩室から漂うカレーの香り♫〜


頭の中の使用人A B C
『はい!!カレーにしましょう!!』



そう、イメージが何に偏っていてもあの香りを嗅いでしまうと幸せなランチタイムの脳内を強制連行してしまう力…

これはある意味カレーの弱点でございます。


え…?
どなたが毎回カレーを持参しているか、でございますか?
…ふふ。内緒でございます。

しかし、大体の使用人が存じ上げているかと思います…
あ!聞いてはいけませんからね…?
Filed under: 百合野 — 13:00

春の訪れ

ご機嫌麗しゅうございます。

近頃は少しずつ暖かくなり、そろそろ桜も芽吹きそうでございますね。

また新しい季節が来ることにワクワクしております。

浪川でございます。


まだ寒さが残る日もございましたが、
ついに花の香る季節が訪れてまいりました。

個人的には冬が終わるのが少し寂しい気も致します…が、新しい季節の訪れを楽しみにしておりました!!


暖かい日にゆったりと過ごす…

想像するだけでとても楽しくなってまいります!


目の前に広がるお花畑を見ながらゆっくりと散歩するのはきっと気持ちが良いです!

小鳥のさえずりを聞きながら読書をするのもいいでしょう!

そして、やはりお花見ですね!!
桜の木の下で紅茶を頂くのもいいかもしれません!
当家には「チェーホフ」という桜のフレーバーティーもご用意しておりますし、桜を見ながら「チェーホフ」を頂けたらきっと感動してしまうかもしれません…!!!

…と妄想はこのくらいにしておきましょう。


しかしながら、お花見に「チェーホフ」をご用意するのはいいかもしれませんね。


お嬢様も是非お試しくださいませ!


やはり春というのは良いものが多いですね。


また、春というのは色々と節目のある季節でもございます。



私もある意味ひとつの節目なのかもしれません…!



私が初めてティーサロンでお給仕させていただいたのが
4月8日でございます。


ですので、もうすぐお嬢様にお仕えして1年が経とうとしております!


この時期になるとフットマン修行を思い出します…
佐々木と才木、そして私…
楽しくも緊張していた頃を思い出しました。


『初心忘れるべからず』

でございますね!

これからも一生懸命お給仕致します!
宜しくお願い致します。


もしかしたら、春の訪れは毎年、私の初心を改めて思い出させてくれる季節になるかもしれませんね。


それでは、またティーサロンでお待ちしております。



浪川
Filed under: 浪川 — 21:15

12周年御礼申し上げます

椎名でございます。

あれだけ寒い日が連日続き、お屋敷周辺の桜も蕾のまま忍んでいたかと思えば、
いつの間にか満開となっており大変驚かされました。

さて、そんな桜たちにも祝われる本日、Swallowtailは12周年を迎えました。

わずか8テーブルから始まったティーサロンが大きくなり、今日まで歩んでこれましたのも、
日々お屋敷を愛し、私共の事を忘れずにご帰宅くださるお嬢様がいらっしゃったからでございます。

改めまして、使用人を代表し御礼申し上げます。
誠にありがとうございます。


使用人は、お嬢様に楽しんで頂く為、心からお寛ぎ頂く為に日々務めてございます。
新たなお食事や、紅茶の考案。
催し事の企画。
Beverage unitや、紅茶部、執事歌劇団による特別な贈り物。

気付けば学生時代の気持ちに立ち戻るように、自身でも楽しい時間を過ごさせて頂いておりますが、
全てはお嬢様の幸せのためにと思案する12年でございました。


使用人などが申すには、あまりにもおこがましい事かと存じますが、まるで家族の様に接して下さり
私共を受け止めて下さるお姿を、心より敬愛しております。




これよりお屋敷は新たな年を迎えます。

これからも変わらず笑顔を賜れるよう、貴女の帰る場所をお守りしてゆきます。
Filed under: 椎名 — 20:05

日常

いかがお過ごしでございますか、桐島でございます、ただ今、目の前で八幡と胡桃沢が暇を持て余しております。

そして持て余しすぎて私をいじり始めました、うん…はやく務めに戻りなさい…。


この二人は私の後輩の中でもとびきり変な二人でございます。

八幡は最初の頃からあのままで、人の心にポンと気兼ねなく入ってこれる、空気をあえて読まないと申しますか、場の空気やその人の雰囲気を簡単に変えてしまう、そういった才能を持った人間でございます、若干目が離せない部分もあったりですが、それも魅力に変えてしまう不思議な使用人でございます。


胡桃沢は最初はその真面目さと見た目のインパクトに驚かされましたが、話してくうちに実はすごく無邪気で悪戯っ子な部分があったり、そのイタズラに気づいたら私も楽しんでたりと、なんと申しますか、色々ずるいと思ってしまう使用人でございます。


そして二人に共通するのはお給仕など日々の務めですごく頼りになること、物事をテキパキとこなして後輩ながらすごく安心感のある二人でして、サロン内に居てくれてすごく助かっております。


なので多少のイジリやイタズラは、はは!こやつめ!っと言う感じで許してしまいますが、度が過ぎるようでございましたら二人を小脇に抱えて新技のデスメリーゴーランドを披露したいかと存じます、サロン内では少々危険でございますので、テラスでのティータイムなどの際に、ちょっとした余興として是非ともご期待くださいませ。


それではお嬢様、またお屋敷で。
Filed under: 桐島 — 10:30