珈琲


お嬢様、ご機嫌麗しゅうございます。
百合野でございます。

この度珈琲サロンに参加させて頂くこととなりました。
速水と珈琲談義をしている時にお誘いをいただきまして今回の参加が決まりました。

些か緊張してございますが、珈琲もこだわって普段から淹れておりますので
ぜひご一緒に珈琲の味を楽しんでいただきとう存じます。

Filed under: 百合野 — 20:00

1789 バスティーユの恋人たち

2015年6月~7月に宝塚歌劇で初演された作品で龍真咲主演で上演され、ご覧になられたお嬢様方には記憶されていられることを存じます。その作品を今回は帝国劇場で潤色・演出は宝塚と同じく小池修一郎さんで上演されました。今回は主役級の人がダブルキャストでロナン、マズリエが(小池徹平、加藤和樹)オランフが(神田沙也加、夢咲ねね)マリーアントワネットが(花總まり、凰稀かなめ)の宝塚卒業生、凰稀かなめは宝塚を卒業し、初めての女性役で初出演です。
藤堂は加藤、神田、花總ので見て参りました。
(more...)
Filed under: 藤堂 — 10:00

古谷でございます

古谷でございます。




ご報告が遅くなってしまい申し訳ございません。ようやくスケジュールが決定致しました。




6月5日。
週末のカクテルデーにて、お帰りをお待ちしております。






「TUBASA BLOSSOM」



(more...)
Filed under: 古谷 — 10:00

無題

とある使用人とローストビーフ丼を頂いたらお腹を壊してしまった八幡でございます。




(more...)
Filed under: 八幡 — 10:00

ユニコーン

風にそよぐ木々の緑もまぶしい季節となりましたがお嬢様、お坊ちゃまいかがお過ごしでしょうか?
最近、「折り紙職人」の地位?を確立しつつある乾でございます。

今回は、あるお方のご依頼で「ユニコーン」を制作致しました。
いつものように15cm四方の折り紙一枚のみ使用でございます。

早速折って行く事にしましょう。

inui01 inui02

少しずつ細かく折って行きます。

inui04

inui03

何となく形になってきました。

inui05


ここまでくれば出来たも同然でございます。

inui06

頭と角の部分を丁寧に織り込みます。

inui07

細かい部分を織り込みいよいよ完成です。

inui08

足や体の部分に立体的な織り込みをして立体感を演出致しました。
ちなみに今回の所要時間は約45分程度でございました。

もしご興味ございましたらお声掛けくださいませ。

また、次回は「蝶」に挑戦させていただきとうございます。

では、サロンにてお帰りお待ちしております。     -乾-
Filed under: — 10:00

Natsumachi.

新緑が美しい季節へと変移して参りましたね。

麦わら帽子の支度を始める能見でございます。

お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。


遂にやって参りました、心躍る初夏でございます。

夏の足音も微かながら遠くに聞こえる今日この頃です。

能見の幼少期の夢は「海の家でお好み焼きを調理すること」。

物心つく以前から夏、専ら海が大好きだったようでございます。


私が生まれ育った街は工業が盛んな港町でございました。

(more...)
Filed under: 能見 — 10:00

発酵キャベツ

皆様、ご機嫌麗しゅう。
吉川でございます。

ここ最近、発酵食品がマイブームのため、乳酸菌のお世話になることが多くなっております。
目に見えぬ微生物の大いなる力に感心することしきりです。
豆乳ヨーグルトが安定して作れるようになった今、次なる課題として取り組んでいるのが「発酵キャベツ」なるもの。
これはドイツ料理で言うところの「ザワークラウト」です。
ザワークラウトの酸味は、お酢によるものではなく、発酵によるものだったのですね。
初めて知りました。

(more...)
Filed under: 吉川 — 10:00

お知らせ

八幡でございます。






(more...)
Filed under: 八幡 — 10:00

高尾山2

影山でございます。



今年も高尾山に行って参りました。



晴天。


(more...)
Filed under: 影山 — 10:00

誓い

新緑の眩しい季節となりましたが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
固まっていた身体も温かさとともに、ゆるゆるとほぐれてきたように感じている香川でございます。


さて今月もデザートプレートは2種ございますが、わたくしそのうちの片方の名前がとても気になりました。


「花園の誓い」


かねてより歴史モノの作品に目のない香川でございます。
こう申し上げるとピンとこられる方もいらっしゃるかも知れません。


中国の漢王朝末期における三国時代を描いた「三国志演義」。
その中に、欠かすことのできないある有名なエピソードがございます。


その名も、「桃園の誓い」


劉備、関羽、張飛という三人の豪傑が義兄弟の契りを交わすくだりでございます。


幼い頃に見た人形劇の記憶。
生き生きとした動きや声を担当されていた方々の迫真の演技に夢中になり、
その後は吉川英治、司馬遼太郎、陳舜臣、宮城谷昌光といった作家の作品に傾倒いたしました。


これを書いているだけでも胸が踊る歴史モノ。
はてさて、ご興味のあるお嬢様方もいらっしゃいますでしょうか…。


それにしても美味しそうなメロンでございますね。


え?なんだかんだ言ってそっちが狙い?


め、滅相もございません。


さあ!本日も玄関にてお屋敷の安全といにしえのプリンスに想いを馳せましょう。


お早いお帰りをお待ちしております。
Filed under: 香川 — 10:00