お知らせ

お嬢様、お坊っちゃま、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。
豪徳寺でございます。

(more...)
Filed under: 豪徳寺 — 11:14

まもなくクリスマス。

司馬でございます。
皆さま、お健やかでいらっしゃいますか?
12月の声を間近に聞くようになりまして、街はそろそろイルミネーションで華やぎ始めております。私も、気持ちがうきうきとしてくるのを日々感じております。
お屋敷では使用人総出で飾りつけも致しまして、お嬢さま方のご帰宅をおまちしております。

(more...)
Filed under: 司馬 — 21:30

問:アライグマはクマの仲間か否か?

我が敬愛せしお嬢様へ。

季節の巡りは早いものでございます。
つい先日にカボチャを飾っていたと思ったのに、もう街並にはクリスマスに向けてのイルミネーションが輝いております。

この冬一番の雪も遠くないことでございましょう。

雪ならずとも、朝方は街路が凍りつき滑りやすい時期でございます。お出掛けの際はくれぐれもお足元にご注意下さいませ。
(more...)
Filed under: 時任 — 22:54

心奪われて

  晩秋の候、お嬢様はじめ皆様方にはお元気でご活躍のこととお慶び申し上げ
  ます。今月、2日の一の酉は暖かくてお酉様という感じがしませんでしたが、
  暦の通り、8日の立冬から寒くなってきました。嘉島でございます。

(more...)
Filed under: 嘉島 — 21:30

AIRLAND

めっきり寒くなりました。朝方は鼻がグズって仕方のない藤原でございます。
ディナークルーズも近づいて参りましたね。客船にてお給仕する達は、準備に余念がございません。
乗り物に弱い私の分も皆には頑張って頂きたいものでございます。
それでは前回の続きをお話致しましょう。

(more...)
Filed under: 藤原 — 23:06

季節はすっかり秋へと移り変わり、夜の冷えに備えて
上着を着て外を出歩くようになりました。
環でございます。

(more...)
Filed under: — 21:30

かも

梅とも桜ともつかぬ花が咲いていると思えば、これまで意識したことのない枇杷の花でございました。
毛皮の外套から顔を出している様を見ていると、立冬をすぎて寒くなる一方のこれからの季節を今一度意識させてくれます。
お変わりございませんか。
伊織でございます。



今月はお屋敷でご用意しているディナーのメインディッシュに鴨肉のローストがございます。
実は鴨肉はわたくしの大の好物でございまして、メインディッシュにお悩みのお嬢様には、すべからくお勧めさせていただいております。
寒い季節、わたくしの実家においては、よく鴨鍋をしたものです。
何を思ったか一羽まるまる用意する習慣が絶えず、鍋一度では終わらずに、3日4日続いて焼いたり煮たりゆでたりと、さまざまな頂き方で鴨を食べ続けたものです。
そして年が明ければお雑煮にも鴨。
まさに望むところでございます。


たまには家族の顔を見に帰るのもよろしいですね。
鍋を囲んでの団らんが恋しい時期でございます。
Filed under: 伊織 — 22:41

“エカテリーナ”

我が敬愛せしお嬢様へ。
緩やかに水銀計の目盛が短くなり、窓硝子の凍る朝も増えて参りました。
これから冬がやって参りますね。

薄雪と霜に染められる大地。空を閉ざす灰色の雲。真銀に染まる月。彩度を失う世界。
時任としては冬は好みの季節でございますが、唯一、お嬢様方が風邪などお召しにならないかだけは心配です。


どうかお嬢様の周りだけは暖かく、初春のごとき新緑色の世界が包みます様。


…いや、そんなん無理なのは存じておりますゆえ、どうか温かい上着を羽織り、お布団を早々に一枚増やしてくださいませ。
お嬢様の笑顔なしには。使用人一同とても冬を乗り越えかねますゆえに。


(more...)
Filed under: 時任 — 14:00

秋の夜長のとある日

お嬢様、お坊ちゃま、機嫌いかがでございましょうか? 金澤でございます。

秋も深まり、何をするにも心地良い季節でございます。
四季の中で秋が一番好きな方は多いのではないでしょうか?


そんな秋のある夜、早めの夕食だったせいか夜中にお腹が空いて仕方ありません

食べ物は何も無い・・・

ちょっと出かける事にしました。


突然話が飛びますが、
彼女との付き合いも一年半になろうとしています。




(more...)
Filed under: 金澤 — 21:30