列車の旅

お帰りなさいませ、お嬢様。
豪徳寺でございます。




先日のカクテルサロンにおきましては、ご対応がままならず誠に申し訳ございませんでした。

考案いたしましたカクテルはタクトをイメージいたしまして、三者三様、しかしながらハーモニーのすばらしさを謳うために全く異なる三色でお作り致しました。イチゴショートパフェにブルーのアクセントのイメージでございます。またフランスの国旗とも連動いたしますので、トリコロールとさせていただきました。
お味はいかがでございましたでしょうか。

代わりに作っていただきました、有村くん、能見くんにも感謝申し上げます。



さて来月は久しぶりのお出かけとなります「Butlers Tour 2019」がございます。列車の旅、蛍の鑑賞とお食事、東京湾クルーズ、すべてのお出かけでエスコートさせていただきましたが、また今回もご同行させていただきますので何卒よろしくお願い申し上げます。


今回のお出かけはいろいろと「初」の試みがございます。非常に楽しみでございますね。


列車内のお写真を拝見いたしましたが、フランス国鉄のTGV1等車両とお席の配置は同じでございますね。ただし「なごみ」は日本情緒豊かな落ち着いた雰囲気ですのでヨーロッパの近代的な仕様とは異なるように見えます。十分お寛ぎいただけるかと存じます。

飛行機も宜しゅうございますが列車の旅もまた良いものでございます。




また新たな情報がございましたらお知らせいたします。





そろそろ執務室に戻ることに致します。




お休みなさいませ。






豪徳寺
Filed under: 豪徳寺 — 00:00

新年のご挨拶

お嬢様、おぼっちゃま、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。




(more...)
Filed under: 豪徳寺 — 06:00

ガルニエ宮にて

お嬢様、お坊ちゃま、お帰りなさいませ。
豪徳寺でございます。

今宵はバルコニー席が空いておりましたので、バレエを見て参りました。





お嬢様も素敵な夜をお過ごしくださいませ。




豪徳寺
Filed under: 豪徳寺 — 20:15

ワインバー御礼

お帰りなさいませ、お嬢様。

11月21日のワインバーに関しまして、お立ち寄りいただきましたお嬢様、誠にありがとうございました。

今回は「新酒を楽しむ」がテーマでございました。

次回はクリスマスに合わせまして何かご用意させていただきましょう。

青木シェフもなにやら試作をしているようでございます。


ぜひ次回もお立ち寄りいただければ幸いにに存じます。



今宵も冷えて参りました。

暖かくされてお休みくださいませ。







豪徳寺
Filed under: 豪徳寺 — 00:00

夜のお客様

お嬢様、お坊っちゃま、お帰りなさいませ。
豪徳寺でございます。



(more...)
Filed under: 豪徳寺 — 00:00

あけましておめでとうございます。

お嬢様、おぼっちゃま、あけましておめでとうございます。





カウントダウンパーティ2017-2018へご参加いただきましたお嬢様、おぼっちゃま、誠にありがとうございました。





昨年は「大きく羽ばたいた年」、本年は「正しいものを見極め、答えを導き出す年」と考えております。

お嬢様、おぼっちゃまがご満足される空間づくりに努めてまいります。





自身はまだまだ挑戦し続けていく所存でございますが、年始にあたり心の中で本年の目標を立てさせていただきました。

目標達成に向け邁進して参ります。







改めまして本年もどうぞよろしくお願いいたします。






豪徳寺
Filed under: 豪徳寺 — 22:00

お伝え事

豪徳寺でございます。
少々お話があり日誌を綴らせていただきます。



お嬢様にも様々なご事情がございますことは重々承知しており、新しい使用人たちがご迷惑をお掛けする場面がございますことも承知しております。また他使用人に於きましても至らぬ点ご指摘いただくことも多々あるかと存じます。しかしながらお嬢様からのお言葉や振る舞いにより使用人たちの良き芽も摘まれ、不安に陥り疲弊してしまっておりますのも現状でございます。使用人も個々の差はあれども誠心誠意お仕えいたします故、温かきご指導を賜りたく存じます。ティーサロンではテーブルごとの担当制となっております。これにつきましては長年変わらず培ってまいりました制度でございますのでお嬢様も担当を選ぶことは致しかねます。お出迎えの際に担当となりましたフットマンには何なりとお申し付けいただき、時には温かきお声がけを頂戴できればと存じます。



またお嬢様に於かれましては日々お忙しいスケジュールの中、ティーサロンへお寄りいただいております筈でございます。次のご予定に支障なきようお昼間は80分、ディナータイムは90分と決めさせていただいております。しかしながらお嬢様のマナー無き明らかなご滞在時間の延長行為や迷惑行為、使用人の過失を誘導する行為につきましては厳しくご指導申し上げる所存にございます。





誠に心苦しいお話をさせていただきましたが、真のお嬢様に於かれましては変わらずお嬢様でいらしてくださいませ。


夜分に誠に申し訳ございません。
何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。




豪徳寺
Filed under: 豪徳寺 — 00:30

Across the Milky Way

お嬢様、お坊っちゃま、お帰りなさいませ。
豪徳寺でございます。



(more...)
Filed under: 豪徳寺 — 10:00

日々感謝

お嬢様、お坊っちゃま、お帰りなさいませ。
豪徳寺でございます。


不安定な気候が続いておりますが、お変わりございませんでしょうか。





今宵も様々なワインのテイスティングを行っております。


カーヴの中にはシャトーマルゴーなどの一級品から普段のデジュネなどでお召し上がりいただくための軽めなワインまで、多種多様なワインが眠っております。




これらのワインに出会えたのもやはり生産者の方たちの苦労があっての一期一会と申すことも出来ましょう。





素敵な出会いと一瞬一瞬の刻の流れ。




触れるワイン一本一本に感謝しております。




この先も。







豪徳寺
Filed under: 豪徳寺 — 23:00

おはようございます。

お嬢様、お坊っちゃま、おはようございます。
豪徳寺でございます。

(more...)
Filed under: 豪徳寺 — 08:00