うきうき

もうすっかり夏ですね。
空蝉も見え始める頃でしょう。

元気にお過ごしでございますか?洲崎でございます。
可能な限り日差しに当たりたくない日々が続き、
嫌になるくらい夏を堪能させられておりますね。

私自身こちらで過ごす夏は初めてでございまして
初めての梅雨も迎えることになりそうです。
調べてみたところ今年は例年に比べ降雨量が少ないらしく
滲むような暑さがしばらく続くようです。
体調や髪の毛が湿気でクルクルしてしまうのでは…
今既にとても心配です。

季節の変わり目ですし、寝苦しい夜が続くことでしょうから体調管理にはお気をつけくださいね。

皆様の癒しの為に私のかわいいかわいい子をお見せしてこの日誌を締めましょう。


あぁ愛しい…………。
Filed under: 洲崎 — 22:00

甘美で甘味

裏山から飛んできたであろう朝を告げる鳥達の囀り、そこから私の朝は始まる。
陽を遮るカーテンを開き、窓を開けると春の陽気が部屋を包み込む。
反対側のベッドにいる同期は珍しくまだ寝息を立てている。
普段であれば私が起きればそこには愛読書を片手に私の分の朝食を用意して一足先にブレッドをかじる彼がいるが、どうやら春の心地よい暖かさに負けてまだベッドから離れられないようだった。
だが私が早起きしたからと言って私が朝食を準備する訳でもない。
私の朝食を用意することは彼のライフワークのひとつ、その行動から彼の一日が始まるであろうからそれを邪魔する訳にはいかないのです。
とりあえず私は寝巻きから着替え朝の散歩に出かけることに致しました。

普段ならば朝の目覚めに良い紅茶と焼きたてのブレッドの香りで満たされた部屋で、目をこすり大きなあくびをひとつしてから起きるのが日課ですがこのように早起き出来た日はひとつ冒険がしたくなるのです。
普段ならば使用人が行き交う廊下には春の陽が射し込むだけで人の影すら見えません。
どこか異世界に迷い込んだような異質な感覚を覚えるのはきっと日に照らされた空気に埃ひとつ舞っていないからでしょう。
それが普段使用人がいかに屋敷を綺麗に保っているかを再認識させますね。

外に出ればそこには一面に広がる緑、私がお屋敷に来てから季節ごとに様変わりするこの景色はこっそりと一人で楽しむ秘密の楽しみだったりします。
そこから少し歩けば様々な動物達がそれぞれの春の楽しみ方をしているのが伺えます。
ワンちゃん達は朝だというのに併設されているドッグランを駆け回り追いかけっこ。
ネコちゃん達は私の部屋でまた寝ているであろう使用人のようにスヤスヤと寝息を立てて可愛らしく丸くなり、馬達はその自慢の尾と鬣を揺らしながら優雅に常歩運動を心待ちにしておるようです。

裏山には井戸までの道がしっかりと整備されており私の気分転換時のお散歩ルートでもございます。
野風に包まれながら甘い物を食べるのが私は大好きです。
今ですとまさに「いちごミルクとヘーゼルナッツのアイスクリーム」などが宜しいのではないでしょうか?
丁度ティーサロンでも同じ物をご用意しておりますね!
私の好きなものをとことん詰め込んだ1品でございます。
もしよろしければ1度ご賞味くださいませ。

…おや?アイスを食べることに集中しすぎて裏山のかなり奥地まで来てしまったようです。
探検も兼ねてお菓子の家でも探すことにしましょうか。
きっと心優しいおばあ様が私を迎え入れてくれるはずです。
Filed under: 洲崎 — 08:00

陽気

お嬢様、お坊ちゃま。
ご機嫌麗しゅうございます、洲崎でございます。
ここ最近は暖かくなり、春の陽気で思わずウキウキして参りますね。
春といえばお花見、出会いと別れ、様々ございますね。
社会勉強の中で新生活を始めた方もいらっしゃるでしょう。
きっと期待や不安で大変でしょうけど疲れた時や何か嫌なことがあった時、悲しい事だけじゃなくて嬉しい事があった時でもいつでも帰ってきてくださいね。
私たち使用人はこのお屋敷の中で待っておりますからね。

話が変わりますが私にも後輩が沢山できて参りました。
先輩として恥ずかしくない姿を見せていられてるかとても心配ではございますが私も私なりに頑張ります。


短いですが今日はここまでにします。
夜食のスコーンが待っておりますので……。
Filed under: 洲崎 — 22:00

葡萄を嗜む

お嬢様、おぼっちゃまご機嫌麗しゅうございます。
洲崎でございます。

実は私、最近とてもワインに入り浸っております。
これもお屋敷にワインが好きな使用人が多い影響でございますね。
せっかくでございます、私が最近頂いたワインをご紹介したいと存じます。

「Ricossa Antica Casa Piemonte Barbera Apassimento 2016」

(more...)
Filed under: 洲崎 — 14:00

海の動物との戯れ

お嬢様、おぼっちゃまご機嫌麗しゅうございます。
洲崎でございます。
私、頂いた休みを利用して水族館に行ってまいりました。

天気は曇り空、ぽつりぽつりと小雨が降ってはおりました。
私が出かけるといつも日差しは隠れんぼをしております。
夏場だと日焼け対策に洲崎が使えますね。

水族館ですので基本的には暗い室内での撮影でございました。
ですが私、暗い場所での撮影がとてもとても苦手でございまして…
恐らく周りのお客様からすると怪しい男でしたでしょう、独りでブツブツと小言を呟きながら水槽にべったり張り付いて写真を撮る男。
そのべったりと張り付いて撮ったペンギンさんがこちらでございます。








このクオリティならペンギン好きの某使用人も満足してくれるのではないでしょうか?

そして近くの水槽にはホッキョクグマさんがいらっしゃいました。
私が幼少の頃、お散歩をしていると野生のクマさんと遭遇したこともございます。
もちろんそれはホッキョクグマではなくヒグマですが…。
クマさんのように顔の輪郭がハッキリとしたものは正面より横顔のほうが好みでございます。




なんだか物憂げな表情を浮かべておりますね。
頬杖をついているようにも見えますがこの後横になってぐっすり寝ておりましたので大した悩み事ではないのでしょう、お腹がすいたとかその程度だと思いますよきっと。


そして順路を辿っていくと屋外と繋がっている水槽がございました。
様々な海洋生物がおりましたが一際目立っていたのはこのウミガメさんでしょう。




目が半目のように見えますがこういう目だったんです。
他にも数匹いましたが、皆さん同じような顔をしていらっしゃいましたのできっとそうなんです。
カメラを構えていると撮るなと言わんばかりに水槽をペちペちと叩いておりましたがそんな所も可愛いらしいですね。

そして屋外に出ますとキューーキューーと鳴き声が聞こえて参りました。
どこから鳴っているのだろう?と思い辺りを探しますとなにかが頭上を走り抜けていきました。
その走りすぎた方向へ歩みを進めますとそこには可愛らしいカワウソさんがいらっしゃるではないですか。




この水族館ではカワウソさんと握手ができるとのことでさせていただきましたがふにふにした手の感触がとても癒し効果をもたらしておりました。

その後改めて頭上のカワウソさん専用通路を見てみるとなんとカワウソさんが寝ているではありませんか…
注意書きは「指を中まで入れずにおさわり下さい」とのこと。
せっかくですから腕を伸ばしカワウソさんのお腹を撫でさせていただきます。


すりすり…ふにふに……


私はこの似た触感を知っております。
ハムスターのおなかに近い触感でございます。
10倍大きければ枕にしたいそんな触り心地でございます。
お屋敷で飼えませんか…?


その後夜間にしか行われていないイルカショーを観覧しました。
プロジェクションマッピングを使用したショーで、煌びやかな映像と可憐な音楽と共にイルカが舞う素晴らしいショーでございました。
これは写真がございません。
是非ご自身の目で見て頂きたい作品です。

観覧後はお屋敷に帰って参り、余韻に浸りながら写真を見返しておりました。
気が付いたらそのまま眠っておりました。
なんだか童心に返った気分で良い気分転換でございました。

次はどこへ行きましょうか?
Filed under: 洲崎 — 12:22

初詣に参りました

2019年が始まりましたね。
お嬢様、おぼっちゃま良いお年をお迎えになられましたか?
洲崎でございます。

1月1日は1年の始まりである素敵な日でございますから明治神宮まで初詣をしに行って参りました。
朝の8時頃に到着致しましたが予想より人も少なくのんびりと参拝が出来ました。

鳥居をくぐりしばらく歩いた辺りの境内では休憩所が設けられておりました。
早起きのあまり朝食を取り損ねておりましたのでそこで朝食を頂きました。
新年初の朝食にイカ焼きとは少々変わった食事ではございましたが、これも正月だからよイカ…とオヤジギャグも飛び出す幸先のいいスタートでございました。
もちろん甘酒も頂きました、とても寒い朝でしたので身体の芯に染み渡ります。



朝食を済ませたあとすぐに本殿へと向かいます。
時間が経つにつれ、参拝をされる方が増えて参りました。
のんびりしてたおかげで既に時計は9時を回っておりました。
こちらの鳥居は休憩所を出てすぐにあった鳥居でございます。
この時間でこの混みようでございますからきっとお昼過ぎにはとてつもない数の参拝客だったでしょうね…。



私は人混みが得意ではありませんのでこの時間を選んで正解だったなとこの時ばかりは考えておりました。
そしてしばらく歩くと本殿が見えてまいりました。
もちろん参拝前に手を清めてから本殿には向かいますが、悴んだ指先に冷水をかけるのは中々の苦行でございました。
ですがお嬢様やおぼっちゃまが素敵な1年になる事をお祈りする為、この程度大した壁ではございません。
凍りつきそうな指先の水滴をハンカチで拭き取り、持ってきたカイロで温めながら本殿前の鳥居をくぐると目の前には大きな本殿がございました。

こちらが9時10分頃の本殿前です。



油断しておりました。
なんという人の数でしょうか…。
実は私こちらの明治神宮に足を運んだのは初めてでございまして、しかも1番人が混み合うであろう元旦でございます。
……苦手な人混みに突撃せねばなりません。

私は必死の思いで人混みをかき分けて先頭に躍り出ました。
賽銭を投げ入れ、二拝二拍手一拝。
もちろん御願い事は「今年もお嬢様やおぼっちゃまが素敵な1年を過ごせますように」。
おまけで他の使用人達の健康もお祈りしておきました。
私の初詣はこうして無事終えたのでした。

改めまして今年もよろしくお願い致します。
誠心誠意、しっかりと給仕に務めて参りますのでお嬢様やおぼっちゃまもなるべくお早いお帰りをお待ちしていますよ。
Filed under: 洲崎 — 11:00

新たな趣味

もう今年も終わりでございますね。
ご機嫌麗しゅうございます、洲崎でございます。

すっかり冬になりましてとてもお寒うございますね、私の趣味であります自転車に乗るには少々厳しい寒さでございます。
ですので新しい趣味を始めてみようと色々と模索を続けておりました。
そして私が見つけ出しましたのは「カメラ」でございます。
少々私の財政事情に大きな打撃を与えてしまいましたが、これも何かの機会でしょう。

早速給仕が終わってから夜の街にこっそりと出向かせていただきました。
今の時期でございますと街中はイルミネーションによってどこもかしこも照らされておりますね。
人目を気にせずに私はカメラの設定と戦いながら撮影を続けておりました。



初めて撮った写真がこちらでございます。
奥側のイルミネーションは紫色のように見えておりましたが写真におさめるとどうしても白色に近い色合いになってしまいました。
かなり苦戦を強いられましたし、若干ボケております…次こそは夜景を綺麗に撮りたいですね。



そしてこちらは先日お屋敷の近くを散歩していた所、お見かけ致しました猫さんです。
お名前を伺いそびれてしまいましたが、カメラを向けるとこちらにお尻を見せつけてくるなんともシャイな猫さんでした。
やはり動物を撮るのは楽しいですね。
次は動物園か水族館にでも足を運ぼうかと考えております。
それでは良いお年を。
Filed under: 洲崎 — 20:00

誘惑

秋が来たのも束の間、既に冬でございますね。
ご機嫌麗しゅうございます、洲崎でございます。

私、先日まで北国に住んでおりました故、関東で過ごす冬は初めてでございます。
私の思い浮かべる冬は辺り一面雪景色の中、木枯らしを耐え抜き緑を残した木々や、キツネやリス、冬鳥のツグミがひょっこりと顔を覗かせてはガマズミを啄む光景が浮かんできます。

そんな雪景色をしばらく見ることが出来ないと思うと少々寂しい気持ちもございますが、あの様な寒さはしばらくは遠慮させていただきます…。
なぜなら私は身体も心もとても寒がりでございますので…。

それでは早速あたたかいものを頂きましょう。
温かい食べ物は体も心も満たしていただける至高の物でございます。

大人数で囲んで召し上がる鍋料理も良いですが、夜中にこっそりと相部屋である日比野を起こさぬように1人で食べるラーメンも罪悪感というスパイスが効いてて大変美味でございます。

更にあたたかいものといいますと、おでんや揚げ物も気軽にコンビニエンスストアで買えてしまう時代でございます。
一通りご飯を食べ終えた後、あえて冷たいアイスをこたつに入りながら召し上がるのが北国流でございます。

なんとも誘惑の多い季節でございますね…。


……何を手始めにいただくか悩みどころではございますが、悩む時間がもったいないので全て食べてしまえば解決致しますね!

早速頂きたいところではございますが、食欲を満たすと満たした分幸せで身体が(横に)大きくなってしまいます。
さてこれはどのようにして元に戻しましょうか?



………とりあえずお食事をいただいてから考えることに致します。
お嬢様、お坊ちゃまも寒さに負けぬようしっかりと体を温めてご自愛くださいませ。

洲崎
Filed under: 洲崎 — 12:00

ご挨拶

お嬢様、お坊ちゃま、お初にお目にかかります。

先日大旦那様より許しを得て、ティーサロンでお給仕をさせて頂くことになりました洲崎(すざき)と申します。
まだまだ未熟者ではございますが、お嬢様やお坊ちゃまの寛げる素敵な空間を作りあげる事に尽力致しますのでよろしくお願い致します。
Filed under: 洲崎 — 18:00