黒崎の抱負

お嬢様にとって、忘れられない日というものはございますか。

きっと楽しい思い出や過去の思い出を、大切にとっておられることでございましょう。

ここでもう一つお伺いしますが、

忘れたくなかったのに、

忘れてしまった日はございますか。

これを問うのは些か愚問ではございますね。

忘れたくなかったけど忘れてしまったのなら、忘れたことすら忘れてしまっているでしょうから。

何だか早口言葉みたいになってしまいました。

記憶とは儚いもので、楽しかったことも悲しかったことも、時間が経てばどうしても色褪せてしまうものです。

そして、いつか忘れたことにすら気づかなくなっていく。

だからこそ、日誌を書くことは大切なのだと改めて思いました。

お嬢様と過ごした素敵な思い出を、

あの時の感動を、

いつかの悔しさを、

忘れたくない仲間達を、

大切に取っておくために、

これからも日誌を綴っていくと致しましょう。


黒崎
Filed under: 黒崎 — 18:00

5人寄れば破滅の輪舞曲

お嬢様、再びやってまいりました。

覚えておいででしょうか。

以前、5人の使用人達が一同に介し、素敵な休日を過ごした一部始終をお嬢様にご覧いただきました。




はい、またまたあの5人が集結いたしました。

笑いあり、涙あり、悲鳴あり、悲鳴あり、悲鳴あり、悲鳴ありの素敵な休日。

お嬢様に仕える使用人達によります、美味しい、可笑しい休日のひとときをご覧いただけるお品をご用意致しました。





さて、次は何をするのやら....


ちなみに私は違う意味で抱腹絶倒致しました。




黒崎
Filed under: 黒崎 — 22:30

好きなものだけ並べたワゴン!

いやはや、冷えますねぇお嬢様。

晩秋だとは申しましても、

この寒さは真冬のそれにも匹敵しますね。

この様に寒い日は、

何か温かいお飲み物でもって、

体の芯から温める必要がございますね。

寒い日に飲みたくなる飲み物といえば、

お嬢様は何を思うでしょうか。

あつ〜い番茶?

それも良うございますねぇ。

こう、お煎餅があればさらに。

コトコト煮込んだコーンスープというのもまた一興。

もちろん紅茶も良うございます。

紅茶は体を温める効能がございますから。


(more...)
Filed under: 黒崎 — 01:30

黒い現と白い夢(仮)

ご機嫌麗しゅうございます。

黒崎でございます。

近頃夢で猫になった夢を見ました。

前世の記憶でしょうか。

さて、お話の続きに参りましょう。


(more...)
Filed under: 黒崎 — 00:30

近づく怖〜い季節

お嬢様は、お化けの存在を信じていらっしゃるでしょうか。

黒崎は、信じております。

それ故、お化けが大の苦手でございます。

あまり関わり合いになりたくないものです。

お化け屋敷やホラー映画など以ての外。

世の人々は、そういったものを楽しんでいるようですが、それはきっとお化けの存在を信じていないからではないでしょうか。

お化けな完全なる空想上のものだとするならば、黒崎だって怖くはありませんよ。大人ですし。

ですが、時にお化けは私達人間の世界に干渉することがあるのです。

私の過去の経験がそう信じさせるのです。

思い出すと怖いので、あまり多くを語ることは致しませんが、お盆やハロウィンの時期になるといつも意識せざるをえなくなります。

特にハロウィンの時期になるといつも思うことがあります。

私達人間だけがお化けの仮装をし、ハロウィンを祝っているが、きっと人間界の知らないどこかで、お化け達もハロウィンを祝うパーティーでも開いているのではないか、と。

そんなことがあるとするならば、絶対に迷い込みたくはありませんね。

おぉ怖い。

夜はあまり出歩かないようにいたしましょう。


黒崎
Filed under: 黒崎 — 14:00

黒い現と白い夢(仮)

ご機嫌麗しゅうございます。

黒崎でございます。

夢というものは、何故あんなにもちぐはぐにしか思い出せないのでしょうか。

どれ程鮮明に見えても、目覚めた頃には夢の大筋程度しか覚えていない。

そんなもやもやする朝を何度過ごしたことでしょう。

私だけでございますかね。

さて、お話の続きに参りましょう。

(more...)
Filed under: 黒崎 — 23:35

Holiday servant

ご機嫌麗しゅうございますお嬢様、お坊ちゃま。


黒崎でございます。



今回はいつものように長々と書き綴られた妙ちきりんな日誌ではございません。


物書きの合間に過ごした、

素敵な思い出の話にございます。


(more...)
Filed under: 黒崎 — 11:00

黒い現と白い夢(仮)

ご機嫌麗しゅう存じますお嬢様。

これまで、くどくどと長ったらしい講釈を並べ立てては、理解の及ばぬ奇妙奇天烈な話を繰り広げてまいりました。

意味が理解できず、やきもきしていらっしゃることでしょう。

最初に申し上げたでしょう。

きっと理解が及ばぬと。

ですがご安心くださいませ。
(more...)
Filed under: 黒崎 — 23:00

黒い現と白い夢(仮)

お読みいただいているお嬢様に於かれましては、きっとこのようにお思いでしょう。

「黒崎がおかしくなった」と。

恐れながら、敢えて申し上げます。

「私は、最初から私です」と。
(more...)
Filed under: 黒崎 — 21:00

黒い現と白い夢(仮)

黒崎にとって黒は白であり

白は黒なのです

もっとも、この世界においては

黒は黒なのでしょうが...




はじめに


さて、このお話をする前に、お嬢様に少しだけ断わっておかなければなりません。

(more...)
Filed under: 黒崎 — 17:08