翡翠と山茶花

あけましておめでとうございます、お嬢様方。羽瀬でございます。

本年も沢山の笑顔を届けられるように
努めてまいります!!

さて、タイトルにもございます『翡翠』。
そう、カワセミでございますね。
私のブレンドしたハーブティー、
『Alcedo(アルセード)』は
お楽しみいただけておりますでしょうか?

ラムネとレモンの香りをメインに
氷砂糖やミントを加え、
清涼感ある仕上がりに致しました!
気は早いですが、夏場のアイスティーも大いに楽しみでございますね!!

デザートなどにレモンのような
酸性のものが着いてございましたら、
どうぞアルセードに入れてみてくださいませ。
ピンクのような紫のような色に
変化致します!

そして、山茶花。そう!エクストラティーでございます!

私にとっては初めてのエクストラティー。。
とても不安もございますが、
心強い能見とのエクストラティーで
ございますから、
きっと素敵なものとなるでしょう、、、

芯から温まる、
そんなエクストラティーを考えてございますので、
どうぞ楽しみにお待ちくださいませ!



新しい年、新しいことに挑戦をしたい2020年、
お嬢様方は今年の抱負は決めましたか?

その目標への力添え、
何か出来ることがあれば
なんでも仰ってくださいね!

羽瀬
Filed under: 羽瀬 — 22:00

メッセージカードのご依頼に関しまして

ご機嫌麗しゅう、お嬢様。
執事喫茶スワロウテイルの諏訪野でございます。


当家フットマン、緑川・鹿野へのメッセージカードのご依頼は1月16日20時迄とさせていただきます。

尚、本人からの手渡しは叶わぬ場合がございます。
誠に恐縮ではございますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。



諏訪野
Filed under: 諏訪野 — 16:20

スコーン誘拐事件後編・お別れの緑川

前回のあらすじ→前回をご参照ください


前回からの登場人物
緑川
時任によく似た刑事(以下時)
金澤に似たよく鑑識(以下金)
的場に似たよく刑事(以下的)


〜馬小屋〜


そこには大量のスコーンを楽しんでいるお嬢様方の愛馬ジョセフィーヌと平山(以下平)がおりました


緑/やっぱり君だったんだね!眼鏡をかけると目が小さくてにわか煎餅みたいになる平山君‼︎


平/!なぜバレたんです…⁈


緑/ふふっ…割と長い付き合いだからね…しかしなぜこんなことを?


平/だってジョセフィーヌがお嬢様の様にスコーンを楽しみたいと言っていたので…
食べる数が多過ぎていつの間にか無くなっていたんです…しくしく


的/前回の流れから完全に桐島とかいう使用人が犯人だと思っていたが…さすがだな、駐在君


金/そして平山君が動物と会話できるというここにきてそれほど必要の無い新たな事実ですね


緑/では私はこれで…


時/待ってくれ、頼みがある。我々が今追いかけている大量のキッシュが無くなるという事件を手伝ってもらいたいのだが…


緑/色々無くなり過ぎですね…どうしたお屋敷。それにしても私が手伝うのですか?もっと他に適役がいると思うのですが


的/生まれながらにして警官の姿がそれほど似合うということはそれが天職に違いない


金/お屋敷の為と思って我々と共に来てはくれないか?大丈夫、駐在所はお屋敷のすぐ隣だから


緑/そう言っていただけるのは嬉しいのですが、私はお嬢様方のお世話をする為にこのお屋敷に参りましたから…








と言いつつ私緑川はお屋敷を離れることになりました


時/いや、文脈おかしいから!


お屋敷でいただいた経験を駐在所で活かしていきたいと存じます


時/締め方が強引(笑)


ではまたどこかでお会いしましょう♩


緑川
Filed under: 緑川 — 16:15

出荷

気が付けばもう一月でございます。

年がたつのは早いものでございますね。

私がこちらにお仕えしてもう一年半ほどでございますね。

お仕えしたころのあの暑い一日が懐かしいものでございます。

こうしたしんみりとした文を書かせて頂きましたが、

私は2月をもって旅立つ運びとなりました。

長い様で短い様でとても濃厚な日々を送らせていただきました。

そんな忘れられぬ日々でございましたがそれらを糧にこれから先も

見知らぬ土地へ旅立とうと思います。

そんな鹿野でございました。

Filed under: 鹿野 — 22:00

寒い日には温かい物を

ご機嫌麗しゅうございます。お嬢様、おぼっちゃま。


明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
本年も宜しくお願い申し上げます。




2020年となりましたが、いかがお過ごしでございましょうか。
より一層寒さが増してきてございますのでお身体ご自愛下さいませ。



今月の後半にグランマニエのケーキをお出しいたします。
またお酒を使っているのかと言われてしまうかもしれませんが、お酒は美味しゅうございますからね。どうしても使わずにはいられませんのです。ご容赦下さいませ。



何やら八幡もグランマニエを使ったカクテルを作っておりましたが、八幡らしいものをお作りしておりました。時任の飲んだ時の顔を忘れようにも忘れられません。



最近寒うございますから金澤と熱燗の話をしていたので、熱燗にすると美味しい日本酒の勉強をして参りましょう。
お酒を引き立てるアテも探して参りましょう。



それでは失礼致します。


星川
Filed under: 星川 — 22:00

御挨拶

厳冬の候、ご機嫌麗しくお過ごしのことと存じます。
こちらでの御挨拶をまだ致しておりませんでしたので、本日は改めて紹介させていただきとう御座います。

私、先日よりお屋敷にて奉公させていただくことと相成りました、聖(ひじり)と申します。
今回は私事で恐縮ではございますが、こちらに参ります以前のお話を少々。

私は予てより、バイクに跨り全国を走り回る一介の旅の者でございました。
風に吹かれるまま、気の向くままに方々へ流れ、辿り着いた先で日銭を工面する日々。

しかしある時、些細な縁から一流とも呼べる御宿で給仕をさせていただくようになりました。
そうして洗練されたサービスを一心に学んでおりました私の前に御出でになられたのが、当家の大旦那様でございました。

御宿のレストランにて偶然にも大旦那様への御給仕をさせて頂けたことは今思えば幸甚の至り。
会話の中で私の紅茶好きを早くも見抜かれた大旦那様は、このように未熟な私に慇懃に御声を掛けてくださいました。

ご覧の通りの事の成り行きで、大旦那様、御嬢様にお仕えすることとなったのでございます。
優しく御声を掛けて頂いた時のことを、私は決して忘れません。
大旦那様の御期待に副えるように、これより一層奮励努力致す所存でございます。
そして御嬢様の御世話を仰せ付かった今、御嬢様のために出来ることは何でも致しましょう。
お困りの時、お悩み事を抱えている時、御用のございます時、何かをお話しになりたい時、嬉しいことや悲しいことがありました時でも。
どんな時でも私は御嬢様の傍らにおります。
何事も、まずはわたくし聖に御相談下さいませ。



Filed under: — 22:00

初めまして、山岡でございます。

お嬢様、ご機嫌麗しゅうございます。


そして、


初めまして、山岡でございます。


私この度フットマンとして
御屋敷でお仕えさせて頂く事となりました。
これから精進して参ります。
よろしくお願い致します。


恐縮ではございますが折角の機会でございますので、
この場をお借りして少しだけ、
自己紹介をさせて頂ければと存じます。


私は昔からこの御屋敷の、
大旦那様の書庫の整理係を仰せつかっておりました。
合わせて御屋敷の電飾の交換等も、
お務めとして頂いておりました。


その当時からフットマンへの憧れを
強く持っておりまして、
ある時大旦那様にその旨を申し上げた所、
修行をさせて頂く運びとなり、
この度フットマンとしてお嬢様のお世話を
させて頂いております。


ええそれはそれは、
フットマンになる為の修行は
過酷なものでございました。


御屋敷にある全ての紅茶を覚え、
御屋敷にある全てのティーカップを覚え、
滝に打たれ、針の山を歩き、護摩行で顔を真っ赤にし、


ええ、後ろ三つは冗談でございます。
(不謹慎でしたら、大変申し訳ございません。)

修行の後フットマンに無事なれた後も、
日々勉強不足を痛感しており、
反省と修行を繰り返す日々でございます。


その他のワタクシゴトにつきましては、
またの機会にさせて頂きとう存じます。


これからよろしくお願い致します。


山岡
Filed under: 山岡 — 22:00

謹賀新年

司馬でございます。
皆様、お健やかにお過ごしでございますか?


明けましておめでとうございます。
昨年はいかがでございましたか?
楽しいことがいっぱいの一年でしたら、これほど嬉しいことはございません。
残念ながら、それほどではなかったお方には、今年こそ吉事に恵まれますよう、心からお祈り申し上げます。



さて、2020年、オリンピックイヤーとなりました。
開催が決まったのはついこの前のように思っておりましたが、早いものでございますね。


スポーツは実践も観戦も不得手な司馬でございますが、やはりほぼ半世紀ぶりの大イベントですので、無責任にわくわくしております。
諸外国から久しぶりにご帰宅になるお嬢様もいらっしゃいますので、お世話をするのも楽しみでございます。



お祭り騒ぎで、慌ただしい一年となってしまいそうですが、お嬢様方と共に、今年もにぎやかに過ごしていきたいとぞんじております。



本年もどうぞよろしくお願いいたします。
Filed under: 司馬 — 22:00

謹賀新年

あっという間に令和元年が過ぎ去ってしまいましたが、
けっして平穏な日常だったわけでもなく、
まさに激動の半年でした。
しぜんの脅威をまざまざと見せつけられ、
ていぼうの必要性を痛感させられました。
おそろしい天災に備えておかなければなりませんね。
めいきょうしすいの心持ちで、
できすぎなくらい快調な日々を送れたことは、
とんでもない幸運であったと心得ております。
うえを見ればきりがないとも申します。
ご馳走ばかりの毎日ではなく、
ざつな食生活でも無病息災でいられることに、
いのちの強さ、尊さを感じる次第です。
ますます健康でいられるよう、
すとれっちでも再開しようと思っております。

令和二年吉日 吉川 拝
Filed under: 吉川 — 22:00

明ける年

明けましておめでとうございます。
お嬢様、お坊っちゃま。

今年の汚れは今年の内にやはり落とせませんでした。
櫛方でございます。


昨年の2月にサロンに立たせて頂いたのを考えると、
もうすぐこちらに立って1年が経とうとしております。

年々時の経つスピードが速くなっているのはそれ程充実している日々を過ごさせて頂いているという事でしょう。

今年も充実した一年になりますように。

大吉を引けたらいいなぁ。



(more...)
Filed under: 櫛方 — 22:00