Twinkle

時折強く吹く春風が、新しい時候の訪れを感じさせてくれます。

葉桜へと変わるこの季節を名残惜しく感じる能見でございます。

お嬢様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。




平成の時代に長年重ねて参りました伝統も、来月で一区切り。

新たな令和という時代へと、一歩を踏み出すことになります。

新しい環境をお迎えのお嬢様。どうか決してご無理はなさらず。

より一層のご活躍と幸福な毎日であらんことをお祈り致します。




変わらないと思っている、あるいはそう思っていた日常が、

一瞬視界からブラックアウトして、また普遍的な毎日が始まる。

新しい時代の始まりとは、私の中ではそうなのかも知れません。

ただ心の奥底に残留するのは、僅かな違和感とノスタルジー。




さて、最近は考え事が深くなってしまいまして困りますね。

誰もいないティーサロンを後に、自室へ戻ることに致します。

庭園に咲いた桜も随分と散りゆき、初夏の訪れを感じます。

使用人寮の明かりも灯っているのは二室だけでございました。




自室の扉を開けると、古びた書物とインクの香りが広がります。

机には赤い燕尾服での写真と、Coteaux-champenoisのコルク。

積み上げられた紅茶やサービスの資料。そして、その上に。

当家の紋章が描かれた小さな箱。一年前の冬に感じた違和感が。




リボンを手解き、中を覗き込みますと。

深く輝く翡翠色の宝石がございました。




お嬢様。私から平成最後のご報告でございます。

明日から「グルームオブチェインバー」に着任致します。

一日でも早く、エメラルドの似合う使用人になれますように。

これからもよろしくお願い致します。




能見
Filed under: 能見 — 22:00

秘密基地

いつまで経っても秘密基地に憧れます。
伊織です。

(more...)
Filed under: 伊織 — 18:30

古谷でございます

夜空傾ける杯

映るは空に咲き、そして舞い散る春の紅色







(more...)
Filed under: 古谷 — 00:30

尊さ

美しく、そして刹那に咲き乱れる桜。
儚いからこそ価値がある、とはよく耳に致します。


お嬢様はどうお考えでございますか?


桜は短い命だから尊いのか、それとも美しいから惜しいのか。


どちらでしょうね。



少々話は変わりますが、小さな頃によく遊んでいたオモチャ。

大きくなるにつれて段々と遊ばなくなってしまって、ついには従兄弟に母親がそのオモチャをあげようとしました。
私はそれを見て必死で止めた覚えがございます。
「もう見られなくなる」のが寂しいのか、また遊びたくなり「まだそこに残したい」から欲しいのか今となっても答えは曖昧だったりいたします。


「無くなって行くもの」に対して気持ちが生まれる事はこんなにも理解しやすいのに、その理由に関してはなかなか分からないままだったりいたします。


そして、それと同時に「今、存在してくれているもの」に対しての有難みも案外見えづらくなるものでございます。


散りゆくものよりも咲き続けてくれているものの方が良くよく考えると価値がある様な気はいたしませんか?


この当たり前の様な日々の有難さが重たく感じるのは
先ほどの様な価値に気づいたからでしょうか、それとも私が年を重ねたせいでしょうか。


どちらかは分かりませんがお嬢様と過ごせる、この日々への感謝を忘れずに努めてまいります。


お嬢様。
もしよろしければ、桜並木道にピクニックでも参りませんか。
Filed under: 百合野 — 08:30

メッセージカードのご依頼に関しまして

ご機嫌麗しゅう、お嬢様。
執事喫茶スワロウテイルの諏訪野でございます。


当家ハウススチュワード豪徳寺、セカンドスチュワード有村への
メッセージカードのご依頼は4月12日20時迄とさせていただきます。

尚、本人からの手渡しは叶わぬ場合がございます。
誠に恐縮ではございますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。



諏訪野
Filed under: 諏訪野 — 01:30

À la fin invisible

お嬢様、お坊ちゃま、お帰りなさいませ。
豪徳寺でございます。



お屋敷敷地内も、桜の花の舞う時候となりました。
お元気でいらっしゃいますでしょうか。




(more...)
Filed under: 豪徳寺 — 23:50

涙のかわりになれるモノを探す

ご機嫌麗しゅう御座います親愛なる皆様方。有村で御座います。
新年度如何お過ごしでしょうか?
新年度であり来月からは新元号でもございますが、
当家では素敵な催し事が盛り沢山でございます。

(more...)
Filed under: 有村 — 23:00

紅茶

影山でございます。


突然のご報告になりますが

ティーインストラクターの資格を取得致しました。

去年は黒崎と一緒に紅茶の勉強を行なっておりました。

黒崎とそして、色々補助をしてくれた水瀬に感謝でございます。


今はお嬢様にわたくしのブレンドした紅茶を飲んで頂こうと、日々模索中です。

この日誌があがる頃には完成していればいいのですが・・。
Filed under: 影山 — 22:00

春眠暁を覚えず

皆様、ご機嫌麗しゅう。
吉川でございます。

春を迎えたこの時期、
昔から「春眠暁を覚えず」と言われておりましたが、
今まではピンと来ておりませんでした。
虫の鳴く音も聞こえ、吹く風の涼やかさや穏やかさなど、
総合的に考えても秋の方が眠りやすいではないかと常々思っていました。
しかし、この年齢になってようやく「暁を覚えず」を体感するようになってまいりました。
先人たちが申すとおり、確かに、春は眠い!
何でしょう、この眠気は。
年齢を重ねたことにより、睡眠が浅くなってきているのでしょうか。
確かに、夜中に目覚めることも多く、
まだ眠いのに寝られないような状態が続き、
朝起きた時点でスッキリしていません。
それに加え、花粉症対策の薬を飲むことによる副作用の眠気も容赦なく襲ってきます。
「春眠暁を覚えず」
この言葉は、壮年期を迎えた先人の恨み辛みの末に出た嘆きなのかもしれません。
Filed under: 吉川 — 22:00

無題

月日の流れは早い…


苦悩した日々も…


楽しい日々も……


共に過ごした日々の想いを…


胸に刻み…

精進してまいります。


進む道は違えど…


彼の進む道を

わたくしは応援しています。

Filed under: 佐々木 — 10:00