番外編/秋の夜長にカクテルを

わが敬愛せしお嬢様へ。

あの陽光の横行する夏が嘘のように通り過ぎ、季節は駆け足で秋へと移り変わりました。
ともすると冬へと駆け抜けてしまいそうなほど、一挙に肌寒くなっておりますゆえ、お嬢様におかれましては、お出かけの際きちんと上着をお持ち頂き、くれぐれもお風邪など召されぬようご自愛下さいませ。



さて、ここ数月ほど、大旦那様のお許しを頂き、僭越ながらカクテルなどご用意させて頂いております。
何事も懲りすぎる私の常として、お嬢様にお届けするカクテルはいつも、4~5種類の材料を混ぜる複雑怪奇なレシピのものが多うございますが…サロンでご用意するほどではないお手軽なカクテルというものも、世には数々ございます、
お嬢様方のフランクなご友人とのハイ・ティーの場や、お休み前にお寛ぎのひと時にでも、お手軽に楽しんで頂けるお勧めレシピを、紹介させて頂きます。


今回のお手軽カクテル ーー ズブロッカ・ハイボール --

「ズブロッカ」とはウォッカと呼ばれる、ロシア産が主に知られるのお酒の一種でございます。
その産地は東欧のポーランド。



toki_zu


ボトルの中に、細長い葉のようなものが入っているのがご覧いただけましょうか?
「ズブロッカ」はお酒の中に、バッファローグラスと申します現地のハーブが漬け込まれておりまして、独特のほの甘いグリニッシュな風味が特徴でございます。
と申し上げてもピンと来ないかもしれませんが…このバッファローグラス、日本にも非常によく似たハーブがあるのです。
それは「よもぎ」でございます。…柏餅に使われるアレでございますね。
和菓子のような仄かな甘味を持つこのズブロッカは、ジンジャーエールやトニックウォーターで割って頂いても美味しゅうございます。
が、時任がお勧めいたします『ズブロッカ・ハイボール』は『レモネード』を使用いたします。

では、カクテル制作の手順を申し上げましょう。
準備して頂くのは以下のものです。

・ズブロッカ(1000円未満で某ペンギン印の大型雑貨店でも販売しております)、
・レモンジュース(レモンを絞っていただくと上質ですが、ポッカレモンなどでも結構です)
・ガムシロップ(ボトルタイプをお勧めします。「カリブ」という名のシロップが時任の愛用です)
・氷とソーダ水(庶民の便利なお店で販売しております。)

まず、グラスに氷をいっぱいに入れて頂き、ソーダ水を4割ほどお入れください。
そこに適量の(加減がわからなければちょっとずつお入れください)レモンジュースとガムシロップを入れ、味見をなさってください。
酸っぱければガムシロップを、甘すぎればレモンを、濃すぎればソーダ水を少しずつお足しください。
ご自身が「美味しい!!」と納得いくまで、それを繰り返して頂きます。
………出来れば、液体が全体の6割に達する前に納得してくださいませ。でないと最終的にグラスから溢れます。

「美味しい!」と納得がいったら、そこにズブロッカを注ぎ入れてください。
全体の2~3割になるようお注ぎくださいませ。
アルコール強めの方がよろしければ、4割まではいけます。
4割を超えてもアルコールが物足りない方は、素直にズブロッカを良く冷やして(冷凍庫で大丈夫です)ストレートでお飲みください。

軽く混ぜていただけば『ズブロッカ・ハイボール』の完成でございます。
ハーブの甘味と、レモネードの甘味が品よく溶け合う逸品となるはずでございます。

寛ぎのお時間のお供に、ぜひお試しくださいませ。




私も、余暇を見つけてはグラス片手に……

………日誌本編の文章を泣きながら弄繰り回しております。
Filed under: 時任 — 21:30