読書の秋

影山でございます。

『読書の秋』

というわけで、

わたくしから個人的に本のご紹介をいたします。


『十角館の殺人』綾辻行人


アガサ・クリスティ

『そして誰もいなくなった』

を意識した作品でございます。

言い換えますと、この作品を知っていれば知っている程楽しみやすいかもしれません。
推理作家の名前もニックネームで登場人物として出てきます。


わたくしの好きな島田荘司が生み出した人物、御手洗潔と作者の名前が合体した名前が出てくるのが個人的に驚きました。



読んだわたくしからの視点で言いますと、

普段推理小説を読む時に犯人を推理しながら読んだりはしないのですが、
この作品に関しましては犯人は誰なのか推理しながら読んだ方が面白いと思います。

わたくしは見事に裏切られましたが、

お嬢様には犯人を是非とも探し当てて欲しいものでございます。
Filed under: 影山 — 22:00