宝塚歌劇月組公演「夢現無双」「クルンテープ天使の都」

お嬢様、暑くなって参りましたが、お元気にお過ごしの事と存じます。藤堂でございます。5月から6月にかけての宝塚「夢現無双」と「クルンテープ」です。
「夢現無双」はご存知かと存じますが、吉川英治原作の時代劇で宮本武蔵がヒーローの物語です。昭和の初めに新聞に連載され、武蔵ブームを巻き起こしました。映画でも当時のトップスターたちが演じました。その後、テレビでも役所広司、北大路欣也、上川隆也、市川海老蔵、、木村拓哉などが演じました。どちらかといえば男性向けの物語ですが、その中に愛情、友情、優しさなど、人として大切なものが込められていますが、宝塚としては少し地味な感じもしますが、今回は一番若いトップの珠城りょうが新女性役トップの美園さくらのお通で盛り上げています。ただ淋しいのは、佐々木小次郎演じる、美弥るりかがこの公演をもって、卒業してゆきます。トップになると期待していた美弥るりかの退団はショックですが、また他の世界で活躍してくれるのを期待しています。
「クルンテープ」はタイの首都バンコクの正式名称だそうです。華やかにタイの伝統的な舞踊「ラバム」からタイの世界に導いてくれます。やがてタイ王国最初の王、チャクリ王の登場(珠城りょう)が主題歌「クルンテープ天使の都」を高らかに歌い上げます。最後なので、美弥るりかの見せ場も多くあり、楽しめます。ショーの方は大変豪華で見応えがあり、あぁ宝塚のショーだと気分最高で見終わることが出来ます。最終日には映画館で同時上映があります。是非ご覧下さいませ。
藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 07:30