宝塚月組公演 All for One ~ダルタニアンと太陽王~

皆様ご存知のアレクサンドル・デュマ原作の「三銃士」を基に小池修一郎が新しい発想でダルタニアンを中心に太陽王と呼ばれた類14世の秘密を知ったダルタニアンが王を救うアクション、ロマネスクです。


ダルタニアンは珠城りょう、ルイ14世に愛希れいか、アラミス美弥るりか、ベルナルド月城かなと…現在宝塚一若い組長憧花ゆりの(トーカ)最近メキメキ頭角を現してきた早乙女わかば等々
そして一番若いトップ珠城りょう中心に月組76名がこの大作1部2部の長編を楽しく観ました。


舞台はルイ14世が治めるフランス、銃士隊の新入りダルタニアンは王の剣の稽古相手に任命される王はダンスレッスンに夢中し剣術には無関心、ある日ダルタニアンは王家を揺るがす王の秘密を知ってしまうところからこの物語は展開して行きます。


フィナーレのロケットガールズによるラインダンス、珠城を中心にしたダイナミックなナンバー、パレードと続き月組一丸となっての今回の公演を盛り上げています。


もうご覧になられましたでしょうか?DVDなどで是非ご覧下さいませ。本日はこの辺で失礼致します。
藤堂
Filed under: 藤堂 — 15:00